■ 引っ越しました   15.5.4

5月上旬で、このサイトの容量がいっぱいになりましたので、新しいサイトを新設して継続することになりました。

新サイトはこちらです。  「舞岡公園の自然2
 
引き続き、ご愛読くださいませ。


[PR]
# by higirinikki | 2015-12-31 16:45 | Trackback | Comments(0)

■ 通算訪問者数が55万人を超えました   15.10.9

本日朝、通算訪問者数(Excite設定による)が55万人を越えました。
5月1日で53万人でしたので、161日間で累計2万人の方がご覧くださったのです。

「毎日更新」を掲げて続けてきた甲斐があって、こうして沢山の読者の方々にご覧いただけていることは、とても嬉しく思います。

これからも毎日アップを目標にがんばりますので、引き続きご愛顧をお願いいたします。
[PR]
# by higirinikki | 2015-10-09 15:50 | Trackback | Comments(0)

■ 鶴見川上流域を歩く   15.5.3

今日も初夏の陽気だったが、きのうの疲れをとるために「休養日」に。

きのうの「悠々会」例会は、鶴見川の源流から歩き始めて、合計20㎞にもおよぶ歩きだった。源流域の小山田緑地をはじめ、小野路や寺家など生物観察では名の知れた地帯がすぐ傍にある。ひとりならゆっくり散策するところだが、目的はウォーキングなので、写真を撮っていた遅れは取り戻さないとついていけないので、精一杯の急ぎ足にならざるをえず、とにかく疲れました。

ということで、じっくりと撮影した画像がすくないのですが、すこしは撮れた生物画像を混ぜての報告でお茶をにごします。


「源流・泉ひろば」   15.5.2   FinePix F200EXR 6..4-32mm ISO400 1/220,F9
e0070891_212088.jpg
        小田急「町田」駅からバスで25分、終点「小山田」から歩いて10分ほどの緑の谷の真ん中にある広場。
        どこから集まった伏流水なのか池の中からこんこんと清水が湧きあがっている。

ムラサキシジミ
e0070891_215218.jpg
        「ひろば」で出会ったチョウ。越冬個体だろうか、ボロボロに近い翅をしている。

カワトンボ 無色タイプの雄
e0070891_217403.jpg
        イトトンボにしては翅の色・模様がちがう。調べて、初見の「カワトンボ 無色タイプの雄」と同定した。
        合っているかな?

ヤマサナエ → ダビドサナエ
e0070891_2192425.jpg
        いちおう「ヤマサナエ」としたものの、色合いや紋様がすこし違って見える。間違いかな?

        やはり間違っていました。「タケクン」さんのご指摘で、ダビドサナエと訂正します。

ヤマフジ
e0070891_2114798.jpg
        ちょうどフジの花の時期とあって、山や民家のフジの花がきれいだった。

一級河川に
e0070891_21153884.jpg
        この辺りから水量・川幅とも大きくなって、国土交通省管理の「一級河川」として扱われるようだった。

                                                      (つづく)
[PR]
# by higirinikki | 2015-05-03 21:17 | 交友記 | Trackback | Comments(3)

■ ハルジオンに来た蝶   15.5.1   (ダイミョウキマダラハナバチ、ほか)

今日はすっかり初夏の陽気に。ウオーキンググループ「悠々会」の例会で、「鶴見川源流域」を20㎞近くも歩いてきました。明日からの筋肉痛が思いやられます。写真整理・記事化は明日にします。

きのうの続き、最近の画像から「ハルジオンに来た蝶」です。


モンシロチョウ   15.4.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F9
e0070891_22481365.jpg


モンキチョウ   4.23   〃   1/680,F5.6
e0070891_2249515.jpg


コチャバネセセリ   〃   〃   1/220,F5.6
e0070891_22503520.jpg

[PR]
# by higirinikki | 2015-05-02 22:51 | 舞岡公園の虫 | Trackback | Comments(0)

■ ハルジオンに来た虫   15.5.1   (ダイミョウキマダラハナバチ、ほか)

今日は昔流に言えば「メーデー」、働く者の祭りの日だった。今は、「代々木公園に主催者側発表で1万人」なんていう集まりは聞かない。本当に集まっているのかも知らない。

野原いっぱいに咲いているハルジオンには、いろいろの虫が集まってくる。


ダイミョウキマダラハナバチ   15.4.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/950,F5.6
e0070891_21383227.jpg



マルボシハナバエ   4.25   〃  ISO400 1/200,F9
e0070891_21404693.jpg



セイヨウミツバチ   〃   〃  1/640,F9
e0070891_21412355.jpg

[PR]
# by higirinikki | 2015-05-01 21:43 | 舞岡公園の虫 | Trackback | Comments(0)

■ 小谷戸の里の草花 (2)   15.4.30   (ホタルカズラ、シロツメクサ、ムラサキサギゴケ)

また暑さがもどったようだ。きのうの疲れもあって、午前中は休養。午後は小谷戸の里で「お仕事」にあたった。

おとといの散策、小谷戸の里付近でみつけた花々です。


ホタルカズラ   15.4.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/450,F5.6
e0070891_2057861.jpg


シロツメクサ   〃   〃   1/200,F11
e0070891_2058445.jpg


ムラサキサギゴケ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_20592151.jpg

[PR]
# by higirinikki | 2015-04-30 20:59 | 舞岡公園の草木 | Trackback | Comments(0)

■ 20年時間壺掘り起し記念会   15.4.29

ちょっと雲がかかって、それほど暑くない天気の下、小谷戸の里では「20年時間壺掘り起し記念会」が行われました。1993年舞岡公園が開設された2年後、古民家が移築された記念に、近隣の小学校6年生を対象にして「時間壺(タイムカプセル)」が埋設された。
当時、公園開設に関わった人たちを招待して、時間壺の掘り起しを行ったものです。実施には、31人の実行委員・ボランティアが当たって、私も写真係として参加しました。詳しい状況は、「公園HP]や「公園ブログ」で紹介されるでしょうが、プライバシーを考慮すると写真掲載ができないので、雰囲気だけをお伝えしたいと思います。


会場   15.4.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/800,F3.2
e0070891_22103032.jpg
e0070891_22103794.jpg


時間壺
e0070891_22115416.jpg
e0070891_2212857.jpg


大人になって
e0070891_22173731.jpg


当時を振り返って
e0070891_22134788.jpg

[PR]
# by higirinikki | 2015-04-29 22:13 | 舞岡公園の行事 | Trackback | Comments(0)

■ 不明なハチの仲間 3種   15.4.28

毎日、暑い日が続いている。「虫の目」に徹しようとすると、同定不能のハチをたくさん撮ってしまう。


ハキリバチの一種   15.4.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F5.6
e0070891_2218362.jpg
        休憩所の木のベンチに開いた穴に、ハチが出入りしていた。
        誰が開けた穴かわからないが、雌が入り込んだところに、雄が飛びまわっていた。


ヒメバチの一種   〃   〃   1/125,F5.6
e0070891_22223243.jpg
        そのベンチに、長い産卵管を持ったハチがとまっていた。


ハナバチの一種   〃   〃   1/125,F5.6
e0070891_22243839.jpg
        ハルジオンの花にとまった。ハナバチかハナアブの仲間か、よくわからない。
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-28 23:50 | 舞岡公園の虫 | Trackback | Comments(0)

■ 小谷戸の里の草花   15.4.27   (タツナミソウ、ホウチャクソウ、アマドコロ)

前夜の「歓送迎会」で久しぶりの宿酔、休養日に。

ちょっと目を放していると、草花の開花がすすんでいてビックリする。きのうの小谷戸の里の花たちです。


タツナミソウ   15.4.26  FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/34,F9
e0070891_12433538.jpg


ホウチャクソウ   〃   〃   1/170,F9
e0070891_12444223.jpg


アマドコロ   〃   〃   1/150,F9
e0070891_12451367.jpg

[PR]
# by higirinikki | 2015-04-27 22:37 | 舞岡公園の草木 | Trackback | Comments(4)

■ セリバヒエンソウ(芹葉飛燕草)   15.4.26

5月のような陽気が続いている。日中、散策に出た後、小谷戸の里の行事の撮影係をはたし、夜は「スタッフ歓送迎会」に出席した。帰宅が遅くなって記事作成も遅れた。

野原にセリバヒエンソウを探した。今まで群生していた所で姿を消していたりする。明治時代に東京に入ってきた外来種だが、それほど「蔓延」しているようには思えないのは、繁殖域を拡げる力が弱いのかなと思ってしまう。


セリバヒエンソウ   15.4.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/340,F8
e0070891_167067.jpg
e0070891_167891.jpg
        大きな花びらに見えるのは萼片で、「飛燕」の「燕」の胴体は「距」。
        花弁には、本来の花弁2枚、花弁化した雄しべ2枚、花弁状になった萼片5枚、と3種類ある。
        ( 向島百花園花だより を参照しました)
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-26 23:58 | 舞岡公園の草木 | Trackback | Comments(0)