■ コミカンソウ   09.9.13

ひさしぶりの雨が上がって気持ちよく晴れ上がった午後、3日ぶりの散策に。
探していたコミカンソウが見つかった。

探していた理由? また、はもようさんの Blog 「公園おさんぽ日記」 9月09日の記事 コミカンソウ属2種 で示唆を受けたからです。


コミカンソウ   09.9.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/30,F6.3
e0070891_18421294.jpg
        小谷戸の里、水屋横の花壇に毎年生えていたはずなのに今年は見あたらなかったのです。
        ふと見た木の階段の足元に見つけました。まず、上からの全体像です。


コミカンソウの実   〃   〃 (trimming) 1/25,F6.3
e0070891_18454945.jpg
        「小蜜柑草」という名前、このごく小さな実がミカンに似ているということでしょね。


        さて、「はもようさん」に示唆されたのは?

コミカンソウの芽生えたての葉   〃   〃  1/15,F6.3
e0070891_18485965.jpg
        いちばん下に放射状に広がった楕円形の葉が見えますか?
        これらの葉は、コミカンソウが芽生えたばかりの葉だそうで、いつまでも残っているようです。

        「はもようさん」は、この葉のことを
        ホームページ「岡山理科大学植物生態研究室(波田研)植物雑学事典」の コミカンソウ で知ったということです。

        この記事で、「花粉の媒介、種子の散布にアリが関わっているのかも」という説明があります。
        上の2枚目の写真にアリがいました。何をしに来たのでしょうね。


        詳しい内容は、このふたつの記事で確認してください。「ひと(他人)の褌で相撲を取る」ことばかりして恐縮です。
        あ、この表現は「はもようさん」に対するセクハラ? ごめんなさい。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-13 18:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)
Commented by はもよう at 2009-09-15 11:50 x
ひろしさん、こんにちは。
あら、わたくし おふんどしは持っておりませんことよ。…ってな返しではベタすぎでしょうか。 

いや、そうじゃなくて、コミカンソウの芽生え立ての頃の葉ですよ。
もともと熱帯地方に 広く分布している草なんだそうですよ、コミカンソウって。
そのせいか、妙に エキゾチックでポップなデザインですよねぇ。

図鑑で憧れていた草を 身近で見つけて早4年。
温室の雑草が路地で繁殖って言う事実に、地球温暖化の影響がチラ見え(イヤ、ソウイウイミデハナクテ)するんですが、
こんなに可愛い葉っぱに会えたと思うと、温暖化も悪く無いかななんて、
うっかり思ってしまいそうです。

いえいえ、それとは別に、ちゃんと ストップ温暖化! CO2を削減しましょう。p(^O^)/
Commented by ひろし at 2009-09-15 20:42 x
はもよう さん  軽妙洒脱な受け方をしていただき感謝です。
温暖化で北上している動植物の話題はけっこうBlogのタネになるものですが、
これもその一つとは知りませんでした。
「地球温暖化」を、30年以上前から警鐘を鳴らしていた
「1/1000ノーベル賞」受賞のTu君は、高校同級のわが畏友です。
Commented by ディック at 2009-09-15 21:57 x
せっかくここまで読んで勉強したので、現物を見つけたいですが…。
蟻の写っている写真、写真としてもとても魅力的に感じます。
Commented by ひろし at 2009-09-15 22:53 x
ディック さん  案外、そこらで見つかるかもしれませんよ。
アリはPCで見てはじめて気づきました。
この写真は、ブレもピンボケもあり、自分としては気にいらないのですが。
<< ■ エノキグサ   09.9.14 ■ ツルになる実   09.9... >>