■ 花と蝶   07.10.1

おとといから続く寒い雨の降る日。ようやく霧雨程度になった午後、5日ぶりの散策に出ました。

また虫ですが、今日は小さなチョウが花にとまったシーンをご覧ください。
これら3枚はいずれも、接写限界まで接近してのノートリミング画像です。


チャバネセセリ   07.10.1   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/90,F8
e0070891_19392940.jpg
        「上の上屋休憩所」付近の流れのふち、ヒヨドリバナにセセリチョウがとまっていました。
        念のために撮影した画像を確認したところ、昆虫観察2.5年間での初見のチャバネセセリでした。
        裏翅の模様は小さく細かいのが特徴です。


ヒメジャノメ   〃   〃   1/6,F16
e0070891_19465730.jpg
        「小谷戸の里」の畑の柵付近を飛んでいたジャノメチョウが柵にとまりました。
        レンズを構えるとヒメジャノメの視線の先にはヒガンバナの群落がありました。


ヤマトシジミ   〃   〃   1/20,F8
e0070891_19505694.jpg
        同じ畑にある小さなイヌタデの花穂にごく小さいチョウがとまっているのが見えました。
        近寄って見て、やっとヤマトシジミであると確認できました。

        
[PR]
by higirinikki | 2007-10-01 19:56 | 舞岡公園の虫 | Comments(12)
Commented by ディック at 2007-10-01 22:30 x
いつものことながら、翅の筋、鱗粉、質感が表現されているのには感心します。セセリはコメントをいただいているので、土日に庭にいる連中を調べようと思っていましたが、あいにく雨天でした。
Commented by ひろし at 2007-10-01 22:50 x
ディックさん  昆虫の撮影も、基本的には三脚を据えて行なうこととしています。
もちろん、その間じっととまっていてくれることが前提です。
そのために「とまっていてくれ」と念力をかけるのが常です。
Commented by nekocchi1122 at 2007-10-01 23:46
いつの間に~^^
先ほどお邪魔したときは、アップはまだでしたのに・・・
ヒメジャノメの目線の先・・・ですか~^^すばらしい文章力♪
Commented by ひろし at 2007-10-01 23:53 x
nekocchiさん  誤読されそうですね。
私の眼とヒメジャノメを結ぶ視線の先にヒガンバナがあったのであって、
ヒメジャノメが何を見ていたのかはわかりません。
念のため。
Commented by かえで☆ at 2007-10-02 01:48 x
ひろしさん 今晩は~!
100mmMacroの限界の接写ですね~!
その距離 およそ30cm程ではないでしょうか?
3枚とも素敵ですね~お見事です♪
Commented by ひろし at 2007-10-02 18:05 x
かえで☆さん  レンズには最短距離は43cmと表示されています。
100mmというのは35mmフィルム換算なので、デジカメ換算では150mmくらいでしょうか。
もっと接近したいこともありますが、常用レンズとしてはちょうどよいかなと思っています。
「花と蝶」とまとめましたが、まずまずの画像ですかね。
Commented by ディック at 2007-10-02 20:47 x
ひろし さん、チャバネセセリですが、イチモンジセセリとの違いがよくわかりました。
Commented by ひろし at 2007-10-02 22:27 x
ディックさん  このふたつの違いはわかりやすいですね。
Commented by nekocchi1122 at 2007-10-03 15:05
ククク・・・(:^^:)
Commented by ひろし at 2007-10-03 18:23 x
nekocchiさん  え? 
慣れないので、この顔文字の意味がわかりません。
Commented by あぶ at 2007-10-03 22:09 x
やっぱりこの蝶はチャバネセセリですか。
私もつい最近、この蝶を見たので図鑑で調べました。チャバネセセリのように思いました。
Commented by ひろし at 2007-10-03 22:33 x
あぶさん  見つけてみれば、違いはわかりやすいと思いました。
当地では少ないようですが。
<< ■ ヒメジソ と イヌコウジュ... ■ 道端の草たち   07.9.30 >>