カテゴリ:・ゼフィルス( 14 )

■ ふたたび ミズイロオナガシジミ   14.6.5

今日、関東地方が梅雨入りしたという。 何事も、「いつもの通り」 が安心できる。

きのう、合い間のゼフ探しでは綺麗な ミズイロオナガシジミ を撮影できたので、続けて紹介します。


ミズイロオナガシジミ   14.6.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/105,F8
e0070891_1713599.jpg
e0070891_17131429.jpg
e0070891_1713213.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-06-05 17:12 | ・ゼフィルス | Comments(2)

■ ゼフ第5弾は ミドリシジミ   14.6.4

暑い日は今日まで、あすから梅雨模様の予報。また、孫娘とジジ、ババの3人で舞岡公園で遊びました。
お昼は「瓜久保の家」で。合い間をみて、ゼフ探しに。

ゼフ第5弾の ミドリシジミ には、きのう4頭、きょう1頭、出会いました。開翅した3頭はみな ♂ でした。発生初期は、♂ が目立つのでしょうか。


ミドリシジミ 1   14.6.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/180,F4.5
e0070891_1743276.jpg
        いつもの観察ポイント、羽化したてかな?

   〃   〃   1/150,F5
e0070891_17453478.jpg



ミドリシジミ 2   〃   〃   1/750,F5.6
e0070891_17475427.jpg
        観察ポイント2のハンノキの葉の上で。強風に揺れる葉にしがみついていました。

   〃   〃   1/180,F8
e0070891_1749561.jpg


ミドリシジミ 3   〃   〃   1/850,F5.6
e0070891_17501812.jpg
        ふと下を見ると、下草の上で開翅する ♂ がいた。2回シャッターを切っただけで飛ばれた。


ミドリシジミ 4   〃   〃   1/600,F5.6
e0070891_17523937.jpg
        夕方、観察ポイント1に行ってみると、ソシンロウバイの葉の上で開翅する ♂ に出会った。


ミドリシジミ 5   6.4   〃(trimming)   1/80,F8
e0070891_17562716.jpg
        遊びの合い間に、観察ポイント1に行ってみると、カメラマンが集まっていた。
        ちょっと中に入れてもらった。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-04 17:58 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ 第3弾はウラナミアカシジミ   14.5.26   (ウラナミアカシジミ、ウラゴマダラシジミ)

夕方から天気が悪化するらしい。
ゼフ探しは、早朝か夕方が機会が多いらしいが、都合がつくのは昼頃。きのうのウラゴマダラシジミをきちんと撮りたいものと散策に出かけた。

所期のウラゴマダラシジミは、きのうと同じ付近に同じと思しき個体に出会えた。

それよりも、意図しなかったウラナミアカシジミに出会えたのが意外だった。
散策仲間のKoさんに「ウラナミアカシジミが、あそこにいましたよ」と教えられたのだ。ニシキギの高い枝先にいるのと、強い風で枝が揺れるので、気に入った写真はたった1枚だけでした。


ウラナミアカシジミ   14.5.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/150,F5.6
e0070891_18121376.jpg



ウラゴマダラシジミ   〃   〃   1/120,F8
e0070891_1813014.jpg
e0070891_18131057.jpg
e0070891_1815267.jpg
e0070891_181518100.jpg
        なぜか、きのうと同じレンギョウの樹から離れない。
        ときたま場所を変えては、接写に応じてくれた。
[PR]
by higirinikki | 2014-05-26 18:17 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ 第2弾はウラゴマダラシジミ   14.5.25

予想気温は28℃だったが、それほど蒸し暑くは感じなかった。

早朝歩きの途中、ウラゴマダラシジミに出会った。あいにくケータイしか持ち合わせず、白い部分が飛んだ画像しか撮れず。とりあえずの証拠写真です。


ウラゴマダラシジミ   14.5.25   AUケータイ
e0070891_19312332.jpg
        園路を歩いていると、目の前を白いチョウが下りてきた。
        手持ちのケータイでは接写しないと大写しできないが、近づくたびに飛ばれ
        やっと撮影できた、たった1枚がこれです。


アカシジミは栗の花が似合う   〃   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0070891_19372565.jpg
e0070891_19373393.jpg
        おとといのフィールドです。やはり、アカシジミには栗の花が似合いますね。


産卵するキタキチョウ   〃   〃   1/300,F8
e0070891_1939443.jpg
e0070891_19391139.jpg
        ネムノキの上を黄色いチョウが飛んでいる。
        カメラをセットして産卵シーンを待つ。うまく撮れました。
[PR]
by higirinikki | 2014-05-25 19:40 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ登場 アカシジミがいっぱい   14.5.23

「ゼフィルス」 と呼ばれる小形のチョウたちがいます。ゼフィルスは、ギリシャ語のzephyrosから来ていて西風という意味だそうです。
6月から7月にかけて年に一度だけ出現し、卵で越冬するシジミチョウ科の一群のチョウです。

毎年、先陣をきって登場するのがアカシジミです。
きのうまでの雨と関係があるのか、園内4か所で見つかりました。


アカシジミ   14.5.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/300,F8
e0070891_1733423.jpg
        先着していたカメラマンに教えてもらった個体です。
        以下の写真4枚は、この周辺で見たもので、このほかにも数頭いました。
e0070891_17345876.jpg
e0070891_1735640.jpg
e0070891_17351580.jpg
e0070891_17361470.jpg


   〃   〃   1/30,F5.6
e0070891_17385945.jpg
        毎年、「ここならいる筈」という場所です。やはり、いました。

   〃   〃   1/150,F8
e0070891_1741798.jpg
        園路を追い越して行ったカメラマンが見つけた個体。場所を譲ってもらいました。

   〃   〃   1/320,F8
e0070891_17421183.jpg
        こちらも毎年、最初に見つかるガマズミにいる個体です。やはり、見つかりました。
[PR]
by higirinikki | 2014-05-23 17:44 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミ   13.6.15

13日から3日間の旅、明日16日も予定があって散策には出られない。もう、ゼフのシーズンはおわりだろうか。

ということで、在庫写真から9日に出会ったミドリシジミ3頭です。出会った順の紹介です。


ミドリシジミ ♀?   13.6.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/500,F6.4
e0070891_2044209.jpg
        先着のカメラマンが引き上げた後に行ってみると、葉陰にミドリシジミがチラッと見えた。

   〃   〃   1/500,F6.4
e0070891_2046266.jpg
        どうにも全体を撮れないので、横から枝を引き寄せてみた。
        それでも逃げないので思いっきり引き寄せて片手撮りです。
        翅の隙間から見える表翅は真っ黒、♀と推定しました。


ミドリシジミ ♂   〃   〃 (trimming)   1/320,F6.4
e0070891_20485962.jpg
        場所を変えた所で、目の前で開翅している♂が。1回だけシャッタを切った途端に飛び上がった。

e0070891_20502823.jpg
e0070891_2050427.jpg
        隣りのハンノキの高い枝にとまって、開翅を繰り返していた。


ミドリシジミ ♀?   〃   〃   1/240,F6.4
e0070891_2053785.jpg
        傍の目の前の葉の上にも1頭いた。先着カメラマンが「たぶん♀だろうが、いくら待っていても開翅してくれないのですよ」
        あまり近くまでレンズを近づけたので飛ばれてしまった。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-15 17:38 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■  開翅するミドリシジミ   13.6.6

風が弱く、ちょっと蒸し暑い。が、雨はまだ降らない。日光防除態勢で散策に。たぶん、時間帯が悪いのだろう、ミドリシジミに出会わない。

やっと違うポイントで、今季初の♂の開翅を目撃。


ミドリシジミ ♂ 開翅   13.6.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/340,F8
e0070891_17544750.jpg
e0070891_17535769.jpg
        ネムノキの葉の上でのこととあって、撮影角度が悪い。
        めざましいブルーが見えた。右上翅が完全には伸びきっていないようだ。

   〃   〃   1/900,F5.6
e0070891_17564167.jpg
        もう1頭が傍にとまって完全開翅した。真下から裏翅が見えるだけだ。


ミドリシジミ ♀ 開翅   〃   〃   1/900,F5.6
e0070891_17592134.jpg
e0070891_1811257.jpg
        別の所で、♀が飛んでは葉にとまってすぐに開翅する動作を繰り返していた。
        どこかにいる♂へのアピールなのか、それともカメラマンへのサービス?
        鮮やかなブルーと、うっすら見えるオレンジの班紋。AB型とみてよいのかな。

e0070891_1851153.jpg
        開翅するまえの一瞬の閉翅姿です。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-06 18:05 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ゼフ 第3弾は ミドリシジミ   13.5.31

夜半までの雨が上がって青空、28℃近くまで気温が上がったが湿度も低く木陰は爽やか。やっぱり「梅雨入り」はフライング?と思わせる。

12時半ころ「ミドリシジミ・ポイント」に行ってみると、5月6日にハンノキから下草に下りて蛹化した幼虫たちが、一斉に羽化をしていた。午前中は一頭もいなかったというので、まさにピッタリのタイミングで間に合ったようだ。ラッキー!

全部で七頭は撮影した。内、開翅状態を撮影したり、飛び立ったところを目撃したかぎりでは、全部♀だったようだ。♂と羽化の時期をずらしている、なんてことはないだろうが不思議ではある。


ミドリシジミ    13.5.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/600,F8
e0070891_17414691.jpg
e0070891_17425514.jpg
e0070891_1742188.jpg
        目の前で時々、全開してくれた。綺麗なオレンジ色の紋様が、A 型の♀でした。


ミドリシジミ    〃   〃    1/240,F8
e0070891_17454125.jpg
        下草が混み合った陰にいて撮影しにくかった。


ミドリシジミ    〃   〃    1/1800,F8
e0070891_17475427.jpg
        手の届きそうな位置にいる。羽化直後、翅が固まるまでじっとしているようだ。
        しばらくして飛んだ。表翅は真っ黒だったから O 型の ♀。


ミドリシジミ    〃   〃    1/1800,F8
e0070891_17501116.jpg
        こちらはマクロズームいっぱいの距離にいた。これも表翅は真っ黒だった。


ミドリシジミ    〃   〃    1/350,F8
e0070891_17523825.jpg
        遠くの下枝の葉にとまって、翅を半開していた。これも真っ黒。


ミドリシジミ    〃   〃    1/350,F8
e0070891_17542256.jpg
        柵の杭にとまっていて撮りにくい。隣りのカメラは別個体を狙っている。
        これも飛んだ時に見えた表翅は真っ黒だった。


ミドリシジミ    〃   〃    1/250,F8
e0070891_17563230.jpg
        これも下草の向こうで撮りにくい。チラッと見えた表翅は真っ黒。

        30分ほどいた間に次々に飛び立っていった。もう少し遅れてやってきたら、高い葉の上にいる個体しか見つからなかっただろう。
        こんな所で「運」を使うのもなんだが、まあ、まだ運は残っているでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2013-05-31 18:03 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ ミドリシジミ幼虫   13.5.6

南風が強く吹いて気温が上がった。日陰は涼しい。
そろそろミドリシジミの幼虫がハンノキから降りて、下草で蛹になる準備をする頃。心当たりの樹に行ってみると、「いた、いた!」ぞろぞろ、という感じで4頭が下向きに歩いて(?)いた。葉にも1頭見つけた。

1ヶ月後、無事に成蝶に羽化してくれることを祈ろう。


ミドリシジミ幼虫   13.5.6   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/220,F8
e0070891_20533225.jpg


e0070891_2054088.jpg


e0070891_20541170.jpg


ミドリシジミ 産卵   12.6.19   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/40,F9
e0070891_20554351.jpg
        昨年のシーンです。この卵は無事に成長しているだろうか?
[PR]
by higirinikki | 2013-05-06 20:57 | ・ゼフィルス | Comments(0)

■ 開翅するミドリシジミ   12.6.19

台風4号が関西に上陸して北東に移動中。まだ雨が降り始めていなかった午前中、ミドリシジミを求めて散策に出ました。天候不順とあって「チョウ撮り」カメラマンの出動は少なかった。
「ここぞ」と狙い撃ちした場所で♀3頭に出会うことができました。カメラマンはなし、私の独擅場です。


ミドリシジミ ♀ AB型   12.6.19   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/80,F9
e0070891_19175427.jpg
        鮮やかなブルーとオレンジの組合わせが綺麗です。
        両方揃ったタイプがAB型です。


ミドリシジミ ♀ O型   〃   〃   1/80,F9
e0070891_19205127.jpg
        オレンジ色に見える部分はスレだと思います。
        ブルーもオレンジもないのが「O型」です。


ミドリシジミ ♀ 産卵中?   〃   〃   1/100,F9
e0070891_1923831.jpg
        ハンノキの若木の幹を下に下がっていました。
        窪みを探して、腹端を押し付けていました。
[PR]
by higirinikki | 2012-06-19 19:24 | ・ゼフィルス | Comments(0)