カテゴリ:舞岡公園の虫( 706 )

■ ハルジオンに来た蝶   15.5.1   (ダイミョウキマダラハナバチ、ほか)

今日はすっかり初夏の陽気に。ウオーキンググループ「悠々会」の例会で、「鶴見川源流域」を20㎞近くも歩いてきました。明日からの筋肉痛が思いやられます。写真整理・記事化は明日にします。

きのうの続き、最近の画像から「ハルジオンに来た蝶」です。


モンシロチョウ   15.4.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/200,F9
e0070891_22481365.jpg


モンキチョウ   4.23   〃   1/680,F5.6
e0070891_2249515.jpg


コチャバネセセリ   〃   〃   1/220,F5.6
e0070891_22503520.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-05-02 22:51 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハルジオンに来た虫   15.5.1   (ダイミョウキマダラハナバチ、ほか)

今日は昔流に言えば「メーデー」、働く者の祭りの日だった。今は、「代々木公園に主催者側発表で1万人」なんていう集まりは聞かない。本当に集まっているのかも知らない。

野原いっぱいに咲いているハルジオンには、いろいろの虫が集まってくる。


ダイミョウキマダラハナバチ   15.4.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/950,F5.6
e0070891_21383227.jpg



マルボシハナバエ   4.25   〃  ISO400 1/200,F9
e0070891_21404693.jpg



セイヨウミツバチ   〃   〃  1/640,F9
e0070891_21412355.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-05-01 21:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 不明なハチの仲間 3種   15.4.28

毎日、暑い日が続いている。「虫の目」に徹しようとすると、同定不能のハチをたくさん撮ってしまう。


ハキリバチの一種   15.4.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F5.6
e0070891_2218362.jpg
        休憩所の木のベンチに開いた穴に、ハチが出入りしていた。
        誰が開けた穴かわからないが、雌が入り込んだところに、雄が飛びまわっていた。


ヒメバチの一種   〃   〃   1/125,F5.6
e0070891_22223243.jpg
        そのベンチに、長い産卵管を持ったハチがとまっていた。


ハナバチの一種   〃   〃   1/125,F5.6
e0070891_22243839.jpg
        ハルジオンの花にとまった。ハナバチかハナアブの仲間か、よくわからない。
[PR]
by higirinikki | 2015-04-28 23:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラ 前蛹・蛹   15.4.23

連休にむかって、いよいよ初夏のような陽気になってきた。色濃い新緑・爽やかな薫風、気持ち良い日だった。

今日の散策で出会った、いくつかの新発見の一つ。

おととい確認した時は、まるまる太った終齢幼虫ばかりだったアカボシゴマダラ幼虫4頭。
今日、びっくりしたことには、前蛹1頭、すでに蛹化した2頭、終齢幼虫2頭、と1頭ふえていた。葉に擬態した姿で、1頭を見落としていたようだ。


アカボシゴマダラ 前蛹   15.4.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/45,F5.6
e0070891_17522137.jpg
        触角が下にある。枝にあしがかりをつくって、頭を下にしてぶら下がっているのだ。
        触角が見えるので、前蛹状態になったばかりかな?


アカボシゴマダラ 蛹   〃   〃   1/50,F5.6
e0070891_17592090.jpg
e0070891_17592761.jpg
        触角が消えて、白っぽい葉にそっくりになっている。
        しかと見つめないと確認困難な姿です。


アカボシゴマダラ 終齢幼虫   〃   〃   1/75,F5.6
e0070891_1812277.jpg
e0070891_1812927.jpg
        明日にでも前蛹・蛹化しそうな幼虫です。
[PR]
by higirinikki | 2015-04-23 18:03 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 虫の目に   15.4.22   (ウスチャジョウカイ、アトモンサビカミキリ、ナナフシモドキ)

天気予報が外れて午後から雨が降り始めた。最近、予報精度が上がって信頼感を高めてきたのに、残念ですね。

冬鳥が去り、新緑が濃くなって、カメラの目は「鳥の目」から「虫の目」に切り替えないといけない。
ちょっと古くなったが、16日の画像から「虫の目」画像を探してみました。


ウスチャジョウカイ   15.4.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/120,F8
e0070891_229598.jpg


アトモンサビカミキリ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_22112197.jpg


ナナフシモドキ   〃   〃   1/1300,F8
e0070891_22131688.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-04-22 22:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカボシゴマダラ幼虫   15.4.19

好天続きの日々がおわり、いつか雨が落ちてきそうな曇り空。午前中の散策の途中、パラパラときたので慌てて帰宅した。

園内某所のエノキの若木に、なんと4頭のアカボシゴマダラの幼虫がとりついて、若葉を美味しそうに(?)ムシャムシャしていた。食い尽くしたらどうなる?


アカボシゴマダラ幼虫   15.4.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/105,F8
e0070891_2021159.jpg
e0070891_2022020.jpg
e0070891_2022697.jpg
e0070891_2023375.jpg
        鳥に見つかるか、マニアに見つかるか、無事に蛹になり成蝶になれるかな?

〃 食事風景   4.18   〃   1/56,F8
e0070891_2062421.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-04-19 20:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハエトリグモ 3種   15.4.16   (ネコハエトリ、カラスハエトリ、アリグモ)

急に天気がよくなって初夏の気温に。でも風は冷たいので日陰は爽やかで気持ち良い。
4日ぶりの散策に出た。

木柵に探す小さい虫、今日はハエトリグモの仲間が多くいた。


ネコハエトリ   15.4.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F8
e0070891_2137843.jpg
        暗い所、陽が強く当たる所、数頭のネコハエトリグモを見つけた。
        しかし、見られる画像をなかなか撮れない。わりとマシに撮れたのが、これ。♀雌かな?


カラスハエトリ   〃   〃   ISO400 1/20,F8
e0070891_21411846.jpg
        最初はカメラに、次は私の袖に、そっと石畳に降りてもらった。
        アオオビハエトリに似た色合いだが、微妙に違う、検索してカラスハエトリとわかった。
        初見のクモです。

アリグモ   〃   〃   ISO400 1/90,F8
e0070891_2144407.jpg
        「大きなアリだな」と思って、念のために撮ったもの。PCで拡大してアリグモ♂雄とわかった。 ♀雌の誤りでした。
        何かをくわえているようだ。
[PR]
by higirinikki | 2015-04-16 21:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ モモブトカミキリモドキ   15.4.5

「寒い春」が居座っています。霧雨がやむことなく落ちてくる1日。きのうの疲れもあって「休養日」としました。
最近、1週間ほど散策から遠ざかっているので、以前に撮影した花も開花が進んでいるだろう。

というわけで、時期に関係のない虫の写真です。


モモブトカミキリモドキ   15.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/1100,F8
e0070891_21195713.jpg
e0070891_21201072.jpg
        立派な太い腿をしていますね。 これは♂雄です。今年は、腿が太くない♀雌には出会っていません。
[PR]
by higirinikki | 2015-04-05 21:21 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春の蝶 (4)   15.3.30   (トラフシジミ、ツマキチョウ)

快晴、高温、やや風あり、桜の花見の絶好の1日だった。
昨夜、新潟からはるばる軽自動車でやってきた娘と孫3人娘と、お2階の孫2人娘とママで、お昼のお弁当を持って花見にでかけてきました。

帰り道、ネザサの葉にとまったチョウと、きのう撮った証拠写真のチョウです。


トラフシジミ 春型   15.3.30   FinePIx F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/105,F9
e0070891_17573584.jpg
        ネザサの葉にとまったチョウ。
        一瞬、見慣れぬチョウと興奮しながら、コンデジでの広角接写となりました。
        撮影途中で「トラフシジミ 春型」と思いつきました。雌雄がわかる開翅を待ちましたが、
        風に揺れる葉にしがみつくのが精いっぱいとみえて、やがて飛んで行ってしまいました。
        一瞬、青い色が見えたので、♂雄だったのかなと思います。


ツマキチョウ   3.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO200 1/100,F8
e0070891_18124649.jpg
        ツマキチョウ捜しの3日目、今日もダメかと思って通りかかった園路際。
        先着カメラマンが3~4人、チョウの動き出しを待っていました。
        「ツマキチョウが飛んできたのだが、草に紛れたまま動かない」という。
        ようやく見つけ出して撮った証拠写真です。「翅の端の黄色が見えたので♂雄のはず」という。

        だいぶ経って、飛び出したのはやっぱり♂のようだった。待っていた数人で追跡すること百メートルほど、
        ついに山の斜面で見失いました。その頃から、黒雲、怪しげな風が吹き出して「今日はこれまで」と、
        みんな帰り支度、私も帰宅しました。
        表翅を撮影できるのは、次の機会待ちとしました。


   
[PR]
by higirinikki | 2015-03-30 18:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 春の蝶 (3)   15.3.29   (ルリシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ)

予報通りに朝方は晴れて花見客が大勢繰り出していたが、ごごは曇りから小雨に。3~5分咲きの桜が雨に濡れていた。

ツマキチョウ捜しの3日目、遠くに静止している閉翅♂の証拠写真しか撮れず。そのかわり、交尾中のベニシジミのペアを見つけた。すでに撮影済みの春のシジミチョウとの3種です。


ルリシジミ ♂   15.3.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO100 1/220,F8
e0070891_16542155.jpg
e0070891_1654356.jpg
        アセビのまわりを2~3頭のルリシジミが忙しく飛びまわっていた。
        淡い水色のシジミチョウは、いかにも春の蝶だ。


ツバメシジミ ♂   3.28   〃   ISO400 1/1400,F5.6
e0070891_16585080.jpg
e0070891_1659230.jpg
        これもルリかなと思ったら尾状突起がある。小さな生まれたて?のチョウだ。
        ツバメシジミとしては早い出現かな?


ベニシジミ ペア   3.29   〃   ISO200 1/500,F8
e0070891_1721347.jpg

e0070891_1722283.jpg
e0070891_1722927.jpg
        ツマキチョウ狙いの先着カメラマンから譲ってもらったシーンです。
        「春型」の綺麗な姿。左が♀、右が♂です。
[PR]
by higirinikki | 2015-03-29 17:04 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)