<   2011年 03月 ( 32 )   > この月の画像一覧

■ 遠くの鳥   11.3.31   (ウグイス、コチドリ、ムクドリ)

春らしい日は続かないもので、今日の午後は一天にわかに黒雲が来たって強い雨を降らす変化の激しい日となった。
今日で3月もおわり、原発の処理はいつ終了の見込みは全く見えてこない。

里山はウグイスの天下。虫や小さい花を撮りに歩いているのに、目には遠くの鳥たちが見える。
証拠写真の山の中から、もとの写真と拡大写真を並べて見ていただきましょう。


ウグイス   11.3.30   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_201089.jpg
e0070891_20103021.jpg
        園路から見上げる位置のマユミの若葉の中から「ホーホケキョ」の声が聞こえる。
        そっと裏側の高みに登って、横から見えた。が、いかんせん、マクロレンズでは。


コチドリ   〃   〃    1/1000,F8
e0070891_20134528.jpg
e0070891_2014467.jpg
        昨冬荒起こしされた田んぼに見かけぬ鳥が見えた。先輩カメラマンが「コチドリが滞在中」と教えてくれた。
        普通は海岸の湿地や河口で見られる小型の千鳥だそうだ。


ムクドリ   〃   〃    1/640,F8
e0070891_209197.jpg
e0070891_2091797.jpg
        瓜久保の田んぼでムクドリが何かを掘り出した。 拡大しても何だかわからない。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-31 20:20 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 白い花   11.3.30   (オランダミミナグサ、ナズナ、ヒメオドリコソウ)

今日は本格的な春を思わせる穏やかな日でした。夕方遅くまで日が伸びたおかげで、近所の子供たちの遊ぶ声が大きく響いていました。

公園の野原には白い小さな花が咲き始めました。


オランダミミナグサ   11.3.29   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_18582381.jpg


ナズナ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1914452.jpg


ヒメオドリコソウ 白花   3.26   〃   1/40,F8
e0070891_1934068.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-03-30 19:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ スズメ 3 姉妹   11.3.29   (スズメノヤリ、スズメノテッポウ、スズメノカタビラ)

今日は気温が15℃くらいか、暖かな春の陽射しの気持ち良い日でした。
野には 「スズメ 3 姉妹?」 が、ようやく花を咲かせ始めています。


スズメノヤリ   11.3.29   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_18341528.jpg
        「みずき広場」 の草原斜面にかたまって花穂を伸ばしていました。
        

スズメノテッポウ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_18364176.jpg
        しばらくすると田んぼの畦道は、この 「鉄砲」 がたくさん天を向いて一斉射撃するかのように
        花粉を飛ばし始めることでしょう。


スズメノカタビラ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_1839656.jpg
        こちらは、畦といわず空いた土地にいちはやく根を伸ばして花を咲かせます。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-29 18:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ いろいろのスミレ   11.3.28   (ニオイタチツボスミレ、コスミレ、ツクシスミレ)

今日は急な用事が出来、名古屋に往復してきました。青空の一日でしたが、気温は低かった。

最近の散策で見つけた「いろいろのスミレ」です。


ニオイタチツボスミレ   11.3.27   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_2325579.jpg
        毎年生えている所で見つけました。
        落ち葉掻き、草取り、のおかげか立派に見えます。


コスミレ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_2351857.jpg
        見慣れぬ場所で見つけました。違うかな?


ツクシスミレ   3.26   〃   1/320,F8
e0070891_2364640.jpg
        「園内某所で見つけたよ」と散策仲間のKoさんに教えられました。
        名前の通り、西日本にしか自生しないスミレなので、園芸家の元から逃げ出したか、
        誰かが移植したものでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-28 23:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ まだいます 白いジョウビタキ   11.3.27

青空が続きますが、寒さはまだ真冬並み。
この寒さのせいでしょうか、渡り鳥であるジョウビタキはまだ当地に滞在中です。
すこしテリトリーを広げたのか、瓜久保休憩所や梨園入口近辺でご登場です。


園路にて   11.3.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_19202059.jpg
        瓜久保休憩所の前に人だかりがしていました。
        例の白いジョウビタキがあちこち飛び回っていて、園路上に降りました。


梨園にて   〃   〃   1/400,F8
e0070891_19224119.jpg
        この後、私の目の前を飛んで梨園に入りました。
        カメラを構えている私を確認してから、近くの杭にとまって前・横・後ろとポーズをとっています。


瓜久保休憩所にて   3.26   〃   1/200,F8
e0070891_1926891.jpg
        翌日、かっぱ池の方から下りてくると「ピーピー」というかすかな鳴き声が聴こえました。
        「ここにいるよ」と教えているかのようです。
        じきに誘うように姿を見せると、梅の木にとまってポーズをとり始めました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-27 19:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 春が来た(9) 蛙合戦   11.3.26

冷たい風が吹いて冬がまだ続いているように感じる昨今ですが、「春分の日」をすぎた生物界には着実に春が来ています。
古民家の裏庭の池では、おとといからアズマヒキガエルが多数集まって「蛙合戦」を繰り広げています。


蛙合戦   11.3.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_2041924.jpg
e0070891_18375499.jpg
e0070891_1838939.jpg



蛙合戦(Wikipedia)
繁殖形態は卵生。池沼、湿原などに長い紐状の卵塊に入った2,500-14,000個の卵を産む。多数個体が一定の水場に数日から1週間の短期間に集まり繁殖する(ガマ合戦、蛙合戦)。ガマ合戦ではメスの背中の上で多数のオスが一斉に争う事があるが、先着のオスが発する「グーグー」のリリーシングコール(放せよ信号)によって弱いオスは離れ、ふつうは1対1のペアで産卵が行われる。背中のオスの抱きつく力が刺激になって産卵を誘発するといわれ、紐状の卵塊を長時間にわたって産み出すために、産卵後のメスは体力を使い果たして、産み落とした卵の側で休む事が多い。また、オスの締め付ける力は強く、抱接により死亡するメスもいる。産卵後約10日で卵が孵り、孵化してから約1~3ヶ月後に、幼体へ変態する。


卵塊   3.26   〃
e0070891_18453877.jpg
        姿を見せてから3日目の今日、数本の細長い卵塊が見られました。


ヤマアカガエルのオタマジャクシ   〃   〃
e0070891_18463728.jpg
        先に産み落とされていたヤマアカガエルの卵は、すでに孵ってオタマジャクシとなって泳いでいました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-26 18:49 | 舞岡公園・その他の生き物 | Comments(0)

■ 春が来た (8)   11.3.25   (ナナホシテントウ、アシブトハナアブ、ナミホシヒラタアブ♂)

地震発生から2週間がたちました。ずっと前のような気がします。
考えてみると、この間に予定していた海外旅行と、飲み会を2回、中止して電車には乗っていません。

今日の午前中は青空がひろがっていた。午後になると崩れるという予報、昼前にきのうの撮り残しを捜しに散策に出た。
今日も虫さんです。


ナナホシテントウ   11.3.25   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/200,F8
e0070891_18514445.jpg
        きのう間違えたナナホシテントウを、カラスノエンドウの葉にいるところを見つけた。
        よく見るとアブラムシを「退治」しているところでした。


アシブトハナアブ ♂   〃   〃 1/800,F8
e0070891_203831.jpg
        枯れ葉にばかり止まって、見栄えのよい写真を撮らせてくれません。
        尻が尖ってみえるのが♂です。♀はふっくらした印象です。


ナミホシヒラタアブ ♂   〃   〃 1/200,F8
e0070891_18581287.jpg
        こちらは、花とのセットで撮れました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-25 19:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春が来た (7)   11.3.24   (ウラギンシジミ、ニホンミツバチ、イタドリハムシ)

午後になってすこし青空が見えた。まだ冬の気温だが、ひさしぶりの散策に出た。   (「観察記録」 もご覧ください。)
帰宅すると「東京都は水道水の検査結果、放射線量が基準値以下になったので“乳児接種抑制”を解除」というニュースが流れていた。案の定、変動する数値に慌てふためいて行動するバカ(行政も民衆も)を露呈したのだ。明日また数値が上がったら、どうするのだろうか?

20日の散策では、春の虫の姿もとらえていました。



ウラギンシジミ ♀   11.3.20  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1885520.jpg
        どこで越冬していたのだろうか。けっこう綺麗な姿をしています。


ニホンミツバチ   11.3.20  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_18113649.jpg
        ネコヤナギの花から花粉を集めているのは、腹が黒いニホンミツバチでした。


イタドリハムシ   11.3.20  PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_1814549.jpg
        ナナホシテントウと一瞬見違いましたが、飛び上がった姿で違うとわかりました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-24 18:22 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春が来た (6)   11.3.23   (ヒュウガミズキ、ハクモクレン、ウグイスカグラ)

雨が上がっても寒い曇り空の一日。2日間閉じ込められていたので、夕方にカメラなしの早足散歩に出た。
東京の水道水の「乳児摂取抑制」の指示が出るや、さっそく、乳児のいない人によるペット水の買い溜めの動きが出始めているようだ。どうして?と情けない思いが込み上げてくる。

20日の散策で見つけた花木の花です。


ヒュウガミズキ   11.3.18   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F22
e0070891_1814465.jpg


ハクモクレン   3.20   〃   1/1600,F6.3
e0070891_18155229.jpg


ウグイスカグラ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18171359.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-03-23 18:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春が来た (5)   11.3.22   (タチツボスミレ、カラスノエンドウ、フッキソウ)

今日も冷たい雨が降る一日。いたずらに「放射能雨」を恐れることなく行動したい。
今日22日は、地震がなければ高校同窓の仲間と韓国旅行に出かけていたはず。キャンセルもやむをえなかったが、いつかまた行きたいものです。

おとといの散策で見つけた花です。


タチツボスミレ   11.3.22   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/480,F3.3
e0070891_18351367.jpg


カラスノエンドウ   〃   PENTAX K20D100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_1837165.jpg


フッキソウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18382562.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-03-22 18:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)