<   2013年 06月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ 珍しい蛾 3種   13.6.30   (アカエグリバ、モモブトスカシバ、ギンツバメ)

晴れたり曇ったりの1日、早朝歩きのあとは疲れてお休み。

きのうの散策で出会った蛾、私にとっては珍しくひさしぶりの蛾たちです。


アカエグリバ   13.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/280,F5
e0070891_20433437.jpg
        蔓草の陰にいるところを見つけた。よく気づいたと自賛したい。
        明るみに出そうとするが、中へ中へと潜り込まれて撮影条件はわるくなるばかり。
        あげくは飛び出されてしまった。昨年の秋以来、2度目の邂逅だった。


        おすすめ 過去記事


モモブトスカシバ   〃   〃   1/420,F8
e0070891_20463419.jpg
        こちらは4年ぶりの再会。不思議にも、今日は2頭と出会った。
        今が出現の時期なのだろうか。


        おすすめ 過去記事


ギンツバメ   〃   〃   1/10,F8
e0070891_20502520.jpg
        こちらはもっと会っていそうだが、意外にも5年ぶりの再会。当ブログ初登場です。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-30 20:58 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 甲虫の仲間 3種   13.6.29   (ヨモギハムシ、トウキョウヒメハンミョウ、キボシカミキリ)

暑い日にもどりましたね。陽盛りの昼間、散策に出た途端に出会った「甲虫の仲間 3種」です。


ヨモギハムシ   13.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/250,F8
e0070891_211045.jpg
      ヨモギの葉ではなかったが、すぐに目についた。
        黒い体が逞しい。


トウキョウヒメハンミョウ   〃   〃   1/950,F8
e0070891_2123760.jpg
        見慣れた大きさよりいちだんと小さな虫。
        本物のハンミョウは舞岡にはいないようで、このトウキョウヒメハンミョウに道を教えてもらっている。


キボシカミキリ   〃   〃   1/480,F8
e0070891_2161775.jpg
        こちらも、いつもより小柄に見えた。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-29 21:06 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 花盛り 3種   13.6.28   (オカトラノオ、ハンゲショウ、クサレダマ)

朝8時に家を出て、金沢区内の数ヵ所で用事と買い物で3時頃に帰宅。疲れた!
さきおとといの久しぶりの散策で、園内には新しい花が満開になっていた。
「〇〇3種」シリーズが続きます。


オカトラノオ   13.6.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/85,F8
e0070891_21302214.jpg
        いつもオカトラノオが群生する園路際、たくさんの株があるのだが、
        ほかの雑草が足元に生い茂って目立たない。


ハンゲショウ   〃   〃   1/58,F8
e0070891_21331879.jpg
        古民家裏庭、いつもの年よりも繁茂している。


クサレダマ   6.23   FinPix F200EXR 6.4-32mm 1/600,F4.5
e0070891_21353237.jpg
        希少種だが、ここでは谷戸田の際の湿地で生息範囲が広がっている。
        耳で聞いたら「腐れ玉」と聞こえるが「草連玉」という植物名だ。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-28 21:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ アカトンボ 3種   13.6.27   (アキアカネ、ショウジョウトンボ、ネキトンボ)

予想とちがって青空が広がり気温も上がったが涼しい風も気持ち良い日だった。が、今日も「休養日」に。

初夏の空にアカトンボの飛ぶ姿を見るようになった。


アキアカネ   13.6.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/105,F8
e0070891_19402636.jpg
        ウツギの実にとまって接近を許してくれた。
        暑さが来るとともに、涼しい山に登って行き、秋にまた戻ってくることだろう。

        大きさ 33-46mm
        時 期 6-12月
        分 布 北海道・本州・四国・九州

        アカトンボの代表種。成熟しても、頭部や胸部はあまり赤くならない。胸部の側面には、明瞭な黒条を持つ。
        平地や丘陵地の池、水田、溝川などで広く発生する。どこでも普通に見られ、数も多い。
        6月頃に羽化するが、夏の間は高い山に登って避暑し、秋が近づくと里に降りてくる。(「昆虫エクスプローラ」から)


ショウジョウトンボ   〃   〃   1/420,F8
e0070891_19453374.jpg
        「さくらなみ池」を周回飛行しては、岸辺の草で翅を休めていた。
        もしかするとパトロール飛行で縄張りを守っていたのかも。

        大きさ 44-55mm
        時 期 4-11月
        分 布 北海道・本州・四国・九州・沖縄

        アキアカネなどの普通のアカトンボよりもひとまわり大きい、全身が真っ赤なトンボ。
        平地の池や水田、溝川などに広く分布し、都市周辺でも見かける機会が多い。
        水面上をパトロールするように飛んでいるのをよく見る。


ネキトンボ   6.10   〃   1/1000,F5.6
e0070891_19482753.jpg
        営農畑の上を飛んで草の穂にとまった。
        ウスバキトンボかと思ったが翅の付け根の黄色が違う。名前のもとだ。

        大きさ 39-46mm
        時 期 5-11月
        分 布 本州・四国・九州

        翅の付け根が赤くなっている、やや大きめのアカトンボ。
        平地、丘陵地、低山地の木陰のある植生の豊かな池で発生する。
        関東以西で見られるが、分布は比較的限られる。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-27 19:53 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ チョウの幼虫 3種   13.6.26   (ナミアゲハ、アカボシゴマダラ、ジャコウアゲハ)

梅雨前線が北上して1日中の雨降り、否応なく「休養日」。きのうの散策では、ひさしぶりに「虫の目」が復活して小さい虫が目に入るようになった。

各種のチョウの幼虫が目に付いた。


ナミアゲハ 2齢幼虫   13.6.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/120,F8
e0070891_2037412.jpg
        カラタチの葉についたゴミのような物。これでも2齢幼虫だと思う。

〃 3齢幼虫   〃   〃   1/125,F8
e0070891_20393792.jpg
        すぐ隣りの葉にいた。すこし大きいですね。

〃 4齢幼虫   6.21   〃   1/60,F5
e0070891_20412030.jpg
        4日前にいたのですが、25日には見えなくなっていた。どうしたのかな?


アカボシゴマダラ 4齢幼虫?   6.23   FinePix F200EXR ISO400 1/140,F3.3
e0070891_2046162.jpg
e0070891_20455015.jpg
        エノキの若葉にいた。
        よく見ると、ツノの先や尻の先に白い皮のようなものがついている。脱皮直後だったのか?


ジャコウアゲハ 終齢幼虫?   6.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/45,F8
e0070891_20505021.jpg
        18日も前の画像です。
        25日に探したのですがいませんでした。どこかで蛹になっているか、成蝶になっているといいのだが。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-26 20:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ トラフシジミ   13.6.25

白神山地に行っている間に、ゼフのシーズンはおわっていた。
今日も不安定な天気、午前中、傘を持たずに散策に出たらすぐに大粒の雨が降ってきて慌てて逃げ帰った。
2時過ぎに青空になったので再度、散策に。

小谷戸の里のリョウブの花にトラフシジミを探したが見つからず。不思議なことに、すぐ傍のハギの枝先でトラフシジミが産卵を繰り返していた。


産卵するトラフシジミ   13.6.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/450,F8
e0070891_18353858.jpg
e0070891_18362660.jpg
e0070891_18363626.jpg
e0070891_18385269.jpg
e0070891_18365392.jpg


リョウブの花にいたトラフシジミ   6.23   FinPix F200EXR 6.4032mm ISO400 1/140,F3.3
e0070891_1842387.jpg
        2日前、草取りがおわって「炊き出し」が始まる前に小谷戸の里のリョウブを見ました。
        トラフシジミがいたのですが、コンデジの露出補正に失敗、こんな写真しか撮れなかった。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-25 18:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 草取り   13.6.24

晴れたり曇ったり天気の変化が大きかった一日、きのうの疲れもあって休養日に。
きのうは田んぼグループ「やとに会」と二つのグループが一緒になっての「田の草とり」。8年まえ最初の米作りを経験した1A田んぼ、田の泥の平面性がとれていないようで、手前の方が水が少なく雑草が生い茂っていた。「雑草」は「コナギ」、放っておくと田の栄養分を吸い取られて、稲の収量が減ってしまう。人手をかけても、今のうちに取りきってしまわないといけないのだ。


草取り前   13.6.23   FinePix F200XR 6.4-32mm ISO400 1/220,F3.3
e0070891_203742100.jpg
e0070891_20375755.jpg
        ご覧のようにコナギは、手前に多く、奥の方は少ない。
        ベテランがコナギの多い所を担当、奥の方は子供達が入った。
        真夏のような陽射しの下で悪戦苦闘した。その疲れ・筋肉痛が今日に出たのだから、まだ若いのです。


草取り終了
e0070891_20421367.jpg
e0070891_20415275.jpg
        畦の雑草も刈って仕上げです。
        次回の草取りは3週間後。取り損なったコナギが稲株の元で大きくなってしまっているだろう。


炊き出し
e0070891_2044442.jpg
        草取りした人、炊き出しを担当した人、老若男女が大きなシートに座って、
        去年収穫した糯米と黒米を炊いてむすんだお握りと、ここで採れた野菜たっぷりの味噌汁をいただきました。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-24 20:48 | コメ作り | Comments(4)

■ リョウブの花   13.6.23

今日は田んぼグループ「やとに会」の作業日。一体となった2グループと一緒に「草取り」作業。はびこったコナギの除去に精出して、「炊き出し」のおにぎりと「谷戸鍋」で腹一杯になった。

おとといの雨中の散策、「もみじ広場」のリョウブの白い花が満開で綺麗だった。お目当てのトラフシジミはいなかったが、アオスジアゲハと怖いスズメバチがいた。


リョウブの白い花   13.6.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/240,F5
e0070891_22393360.jpg
        ちょっと白がトビ気味だが、雰囲気は綺麗でしょ。


アオスジアゲハ
e0070891_22533267.jpg
        雨が降っていても花粉だか蜜だかを求めてやってきた、のだろうか。


スズメバチ
e0070891_22553957.jpg
e0070891_22561394.jpg
        この日は、ほかの小さな虫や蝶は来ていなかったが、
        ふだんなら、小さな虫を狩りに来る怖いハチがブンブン飛んでいる。
        この日ハ「コガタスズメバチ」が獲物を探して飛びまわっていた。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-23 22:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ネムノキの花   13.6.22

今日はひさしぶりの青空が顔をのぞかせた。やや曇り始めた午後、小谷戸の里での会議に出席。
リョウブの花にトラフシジミがやって来ていた。

きのうの雨の中の散策では、ネムノキの花が咲き始めていたのが印象的だった。
梅雨空に咲くピンクの花は、「奥の細道」 で 「象潟や雨に西施がねぶの花」 と松尾芭蕉が詠んだ俳句を思い出させる。


ネムノキの花   13.6.21   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F5
e0070891_20565545.jpg
e0070891_2057674.jpg
e0070891_2057187.jpg

        蛇足ながら芭蕉の句の大意は、
        象潟の雨に濡れて咲いている合歓<ねむ>の花は
        (かの美女の誉れ高い)西施が(目を閉じて)眠っているかのような趣である。

[PR]
by higirinikki | 2013-06-22 20:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 通算訪問者数が40万人を超えました   13.6.21-2

今夕、通算訪問者数(Excite設定による)が40万人を越えました。
3月21日で38万人でしたので、ちょうど3ヶ月で累計2万人の方がご覧くださったのです。

「毎日更新」を掲げて続けてきた甲斐があって、こうして沢山の読者の方々にご覧いただけていることは、とても嬉しく思います。

これからも毎日アップを目標にがんばりますので、引き続きご愛顧をお願いいたします。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-22 20:39 | Comments(4)