<   2014年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

■ ヨモギの虫こぶ   14.6.30

すかっとは晴れないが雨でもない一日。なんとなく元気が出ない休養日に。

さきおとといの散策で、瓜久保で繁茂しているヨモギを見ると虫こぶがあることに気づいた。
「虫こぶハンドブック」を見ると、ヨモギには9種類もの虫こぶが形成されるようだ。この内の3種類を撮影してきた。


ヨモギクキコブフシ   14.6.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F8
e0070891_18165162.jpg
        (形成者) ヨモギクキコブタマバエ
        (形状) 茎の側面に生じる球形~卵形の虫えいで直径10mm前後。
             内部は柔らかく、やや硬い壁にかこまれた虫室が数個あり、各1幼虫を含む。
             成熟した虫えいは烈開し、虫室が出現。

   〃  〃   1/140,F8
e0070891_215918.jpg
        こんなに沢山の虫こぶにとりつかれたヨモギ、たいへんですね。


ヨモギクキナガズイフシ   〃  〃   1/75,F8
e0070891_18185659.jpg
        (形成者) コクロヒメハナノミ
        (形状) 茎に形成される虫えいだが、ふくれはさほどめだたない。
             形は紡錘形で肥大部の直径は10mm前後。
             虫えいの壁は木質で厚く、硬い。幼虫は髄部を食す。
             ヒメハナノミ幼虫は、腹部末端節円錐形で、先端突起は円筒形。


ヨモギハエボシフシ   6.29  〃   1/1100,F6.4
e0070891_18205479.jpg
        (形成者) ヨモギエボシタマバエ
        (形状) おもに葉表につくられる円錐状~烏帽子状の虫えいで、直径3mm、高さ6mm内外。
             表面には白色の微毛がある。1虫室、1幼虫。


        「虫こぶハンドブック」著者の薄葉重(うすばしげし)さんは、私が卒業した高校の生物科の先生を永く務めた。
        昨年、母校生物部OB会の「自然観察会」に参加した時も講師をつとめて下さった。
        この時は先生が「虫こぶ」に詳しいことを知らずに、失礼してしまいました。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-30 18:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ セセリチョウ 3種   14.6.29   (キマダラセセリ、チャバネセセリ、コチャバネセセリ)

朝まで残った雨はじきにやんで、蒸し暑い梅雨の一日となった。

最近出会ったセセリチョウの仲間です。


キマダラセセリ   14.6.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/90,F8
e0070891_192309.jpg



チャバネセセリ   〃   〃   1/210,F8
e0070891_19244731.jpg



コチャバネセセリ   6.25   〃   1/210,F8
e0070891_19261745.jpg
        あれ?肢が4本?
[PR]
by higirinikki | 2014-06-29 19:27 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アカサシガメ 卵と幼虫   14.6.28

今日は、一日中小雨が降っている。

きのうの夕方出かけた小谷戸の里の事務所で観察されている、アカサシガメの卵から幼虫が孵化していました。


アカサシガメの卵   14.6.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/220,F8
e0070891_1832440.jpg
        散策お仲間のKoさんが「ヒヨドリジョウゴの葉裏におもしろいものがありますよ」と教えてくれたのが、これ。
        長さ2㎜くらいの、小さなオレンジ色のビンと白いフタ、という感じです。
        アカサシガメの卵だということでいた。

        2~3日後、見に行ったら見つかりませんでした


アカサシガメの二齢幼虫   6.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm(trimming) ISO400 1/50,F3.3
e0070891_96823.jpg
        小谷戸の里の公式ブログで、「事務所で観察していたアカサシガメの卵が孵化した」ことを知りました。
        早速、見に行きました。10個の卵のうち、赤い幼虫が3匹、黒い幼虫2匹が見えます。
        孵化した一齢幼虫はすぐ脱皮して、この薄赤色の二齢幼虫になるらしいです。
        ここに写っている、赤い幼虫と黒い幼虫、もしや黒い虫は三齢幼虫かもしれません。

        ネット検索しても、孵化直後の幼虫写真はあまりないようでした。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-28 18:18 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 人面カメムシ? いえ、オオキンカメムシです   14.6.27

今日も「降るのか、降らぬのか、はっきりしろ!」という天気。業を煮やして、2時過ぎに散策に出た。途中「降ってきたかな?」程度の霧雨になったが、すぐにやんだ。

マサキの花を撮影していて、目にとびこんできたのが大きなオレンジ色と黒の虫。一瞬、南方の「人面カメムシ」かと目を疑ったが、そうではないらしい。
帰宅後、検索して「オオキンカメムシ」とわかった。


オオキンカメムシ   14.6.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F8
e0070891_1756563.jpg
e0070891_17561229.jpg
e0070891_17561837.jpg
e0070891_17562555.jpg

        カメムシ目 キンカメムシ科
        オオキンカメムシ  Eucorysses grandis

        本州から南西諸島にかけて分布する。体長が25mm前後もある大型の美しいカメムシ。
        小盾板が大きく発達して上腹部を完全に覆っているため翅は露出しない。
        アブラギリの実などに集まる。
        秋に移動をはじめ半島などの暖かな地に集結、広葉樹の葉裏で集団越冬をする。
        翌年5月ごろ集団を解き、分散して北上する。  昆虫写真図鑑 の記述を借用いたしました。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-27 18:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ トラフシジミ には リョウブ が似合う   14.6.26

今にも雨が落ちてきそうな一日、休養日に。洗濯物が濡れないよう気になったが、昼頃、いっとき落ちてきた。

里山では、リョウブの白い花が咲き始めている。満開になる頃には、いろいろな虫が集まってくる。
その中でも、ようやく姿が見えなくなったゼフィルスにかわって、産卵にやってくるトラフシジミ(夏型)が似合う。


トラフシジミ   14.6.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F6.4
e0070891_16543597.jpg
e0070891_16544361.jpg
e0070891_16545098.jpg
e0070891_1654587.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-06-26 17:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ モンシロチョウの不思議な行動   14.6.25

ワールドカップサッカー予選リーグ、日本は残念ながら敗退。ビッグマウスの「目標は優勝」は当然叶わない。これからの決勝トーナメントの楽しみは、どこに応援対象を置くか、だ。

8日の散策開始直後、出会った光景です。上からの撮影なので、手前がピンボケになっているのは仕方がないのですが。


モンシロチョウの不思議な行動   14.6.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/250,F8
e0070891_12143470.jpg


        このシッポを上げる姿勢は、♂に対する♀の交尾拒否の意思表示です。
        スジグロシロチョウの産卵  07.4.28 に、この姿勢の解説があります。ご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-25 18:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 雨に濡れる草花   14.6.24   (ドクダミ、コバギボウシ、ウツボグサ)

大気が不安定な日。午後になって稲妻・雷鳴が近づいてきて雨になった。

おとといの雨の中、小谷戸の里の草花が雨に濡れていました。


ドクダミ   14.6.22   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/170,F3.3
e0070891_14141626.jpg


コバギボウシ   〃   〃   ISO400 1/420,F3.3
e0070891_14174233.jpg


ウツボグサ   〃   〃   ISO200 1/90,F3.3
e0070891_14181957.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-06-24 18:10 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小雨の中のピンクの花   14.6.23   (シモツケ、ネムノキ、ムラサキシキブ)

朝から爽やかな晴れ日だったが、衣類の片付け、庭の野菜の世話など妻の手伝いで散策はお休み。

きのうの草取りの前、園路際で小雨に濡れるピンクの花が綺麗だった。


シモツケ   14.6.22   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/180,F4.7
e0070891_17424272.jpg


ネムノキ   〃   〃 ISO100 1/60,F9
e0070891_1744275.jpg


ムラサキシキブ   〃   〃 ISO200 1/320,F3.3
e0070891_17453616.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-06-23 17:46 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 草取り   14.6.22

田植えから3週間、弱々しかった苗も分けつを始めていてしっかりした株になっている。
同時に、コナギなどの田んぼの雑草もしっかりと根を張り始めている。無農薬・有機栽培の田んぼで、雑草を放置していると栄養分を横取りされてしまい、稲の収穫量が落ちることになる。

朝からの雨がほぼやんだ10時過ぎから大人7人が中心になって草取り作業を開始した。ちょっと、いつもより作業量が多く腰が痛くはなったが、とりあえず雑草は目につかなくなった。


コナギの群れ   14.6.22   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/105,F4.1
e0070891_2001891.jpg


草取り終了
e0070891_2011492.jpg


炊き出し
e0070891_2012992.jpg
e0070891_2015737.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-06-22 20:02 | コメ作り | Comments(2)

■ 最新のゼフ情報   14.6.21   (ウラゴマダラシジミ、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、)

梅雨の晴れ間、散策日和のはずだが午後からの会議があって出られない。
「出勤途上」の目に入ったのがウラゴマダラシジミ。
今シーズンは「オオミドリシジミ」には会えそうにないが、ミズイロオナガシジミ以外にはごく最近まで出会っている。


ウラゴマダラシジミ   14.6.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/180,F8
e0070891_20531577.jpg
        園路際の斜面で。時間に追われて接近したら飛ばれた。


ミドリシジミ   6.19   〃   1/90,F8
e0070891_2054426.jpg
        テリを張っている♂が飛び立つところかな?


アカシジミ   6.17   〃   1/80,F8
e0070891_20555238.jpg
        畦の斜面にいた。まだ、腹がぷくぷくに膨れていた。♀かな?


ウラナミアカシジミ   6.16   〃(trimming)   1/240,F8
e0070891_20581264.jpg
        ハンノキの上を飛んでいた。
[PR]
by higirinikki | 2014-06-21 20:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)