<   2015年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

■ ハンノキ   15.1.31

北風が強いが、よく晴れた日。

谷戸の湿地や畦近くで、ハンノキの花が目立つ。


ハンノキ   15.1.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0070891_20563843.jpg

   1.31   〃   ISO400 1/750,F8
e0070891_2123175.jpg
        水車小屋の裏手、谷戸田の水路の際に数本のハンノキが生えている。
        雌雄同株・異花だが、雄花序が色づいてきた。雌花序は小さくて目立たない。

        ハンノキは、水湿のある低地に、普通に生える。
        田の畦に植えて、稲木(稲を干すための竿を掛ける木)とされた。(樹木図鑑より)

〃 花序   〃   〃   ISO400 1/280,F8
e0070891_2154225.jpg
e0070891_2155726.jpg
        枝の先端に尾状の雄花序が2~5個、下垂する。
        雌花序は、雄花序の直下の各葉腋に1個づつ、1~5個付く。(同上)

        上の雄花はまだ開いていないが、下は花粉を飛ばし始めたようだ。
        この花粉が喘息を引き起こすこともあるようだ。

        初夏に出現するゼフィルスの仲間「ミドリシジミ」は、このハンノキを食樹としている。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-31 21:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の息吹?(2)   15.1.30   (マンサク、白梅、ウグイスカグラ)

夜半から10時頃まで雪が降っていた。雨にかわっても気温が上がらずとても寒い1日だった。
春の息吹?の第2弾です。


マンサク   15.1.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/220,F8
e0070891_202027100.jpg
        古民家の裏庭で咲き始めている。品種を何というのか、「インターメディア系」だったかな?


白梅   1.29   〃   ISO200 1/350,F8
e0070891_20223463.jpg
        谷戸の最奥の陽当りのよい山際、いつも一番早く開花する白梅です。


ウグイスカグラ   〃   〃   ISO200 1/320,F5.6
e0070891_20244764.jpg
        東門から谷戸に下りていく道の際で、思いがけず見つけた花です。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-30 20:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 採餌する鳥 3種   15.1.29   (ヒヨドリ、シジュウカラ、ヤマシギ)

寒気が残って冷え込みが厳しいが、風は弱いので体感温度はそれほどでもない。
寒気のせいか鳥の姿が見えない。それでも出会った鳥たちです。


ヒヨドリ   15.1.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/75,F8
e0070891_20554056.jpg
        シロハラを追いかけているうちに、いつの間にかヒヨドリを追っていた。
        アオキの葉陰から出した顔にびっくり、アオキの実をくわえていた。


シジュウカラ   〃   〃   ISO200 1/70,F8
e0070891_20584219.jpg
        すぐ近くから「ジュルジュル」という鳴き声が聞こえた。
        目の前の常緑樹の枝先をつついているのはシジュウカラだった。


ヤマシギ   〃   〃   ISO200 1/125,F8
e0070891_2101357.jpg
        遠くの木の隙間から餌を探すヤマシギが見えた。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-29 21:01 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ フクジュソウ   15.1.28

予報通りに寒気団が南下してきて冷え込みがきつくなった。午前中でかけた小谷戸の里では餅つきが行われていたが、食事会はさすがに庭にシートを敷いてというわけにはいかず、会議室で行われた。

寒くなったり、きのうのように4月の暖かさになったり、草花にはつらい(?)季節のようです。そんな中、里山各所でフクジュソウが開花している。


フクジュソウ 膨らむ蕾   15.1.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/1000,F5.6
e0070891_183634.jpg
        「なかまるの丘」麓で、いっぱいの陽射しを浴びて早くも蕾が膨らんできた。

〃 開花   1.26
e0070891_18383438.jpg
      2日後、右の蕾が開いた。

   1.27
e0070891_184033100.jpg
        きのうの暖かさで開花がすすんでいた。


〃 膨らむ蕾   1.24   〃   1/340,F8
e0070891_18433338.jpg
        古民家裏庭では若干遅れているが、最初に蕾姿を見せ始めている。

〃 開花   1.26
e0070891_18445358.jpg
        開花し始めた。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-28 18:45 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の息吹?   15.1.27   (オオイヌノフグリ、紅梅、シナマンサク)

夜半の雨が上がって、気温がぐんぐん上がってきた。このまま春になる、わけではなく、夕方から強力な寒気が南下してくるらしい。

鳥ばかり撮っている内に「春の息吹」に気がつかなくなっていた。


オオイヌノフグリ   15.1.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/480,F8
e0070891_17565430.jpg
        日溜まりで咲く花を見つけた。

        (Wikipedia)によると  「秋に芽を出して他の植物が繁茂しない冬に横に広がって育ち、
        早春に多数の花をつけ、春の終わりには枯れてしまう。夏の間は種子で過ごす。
        寒さに耐えるため、細胞内の糖濃度を高める機能を持ち、葉と茎に生える短い毛で雪と霜を遠ざけて保温する。」 
そうだ。

 
紅梅   1.24   〃   1/300,F8
e0070891_17592479.jpg
        瓜久保の奥で2~3輪の紅梅が咲いていた。


シナマンサク   1.26   〃   1/1100,F5.6
e0070891_1823063.jpg
        「さくら広場」のトイレ前のシナマンサク。
        その特徴である枯れ葉を枝につけたまま、オレンジ色の花が綻び始めている。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-27 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ トイレのフユシャク 3種   15.1.26   (シロフフユエダシャク、クロテンフユシャク)

散策を始めてすぐの10時頃から青空になり、気温も上がって暖かくなった。

いつもの木柵ではなく、トイレの壁を見つめてみた。けっして怪しい者ではありません。
夜間の灯りに集まってきたフユシャクがいないか、探るためです。 いましたよ。


シロフフユエダシャク   15.1.26   FujiFilm X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/80,F8
e0070891_207992.jpg



ヒロバフユエダシャク → 〃   〃   〃   1/30,F8
e0070891_206058.jpg
        間違いに気づきました。訂正します。 (16.2.14)


クロテンフユシャク   〃   〃   1/90,F8
e0070891_208673.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-01-26 20:08 | ・フユシャク | Comments(0)

■ 新年会   15.1.25

今年も、恒例の高校同期の仲間の新年会に参加した。
いつもお世話になるHT君宅で奥様と妹さんの山のような手作り料理で12時から5時頃までの宴会です。
今年もNa君のテーブルマジックで盛り上がり、先週タイ・チェンマイに行ってきたTu、ka両君の土産話、インド・ムンバイの街頭の様子などの話題で盛り上がりました。

70歳をすぎても、こうして友人たちと楽しい時間を過ごせる幸せを思い、「健康第一」と呼びかけてきました。


料理の山   15.1.25   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/85,F3.3
e0070891_21341143.jpg
        ブリとマグロの刺身、HT夫人の手料理、このあと出される同夫人の妹さんのカツサンド、
        談論風発、心許せる会話も肴で、酒がすすみます。


テーブルマジック
e0070891_2138315.jpg
        新年会、GW,夏休みと年に三回披露されるNa君のテーブルマジック。
        徐々に腕を挙げるNa君、種を見つけようとする皆の視線。次回は、どんなマジックを見せてもらえるのだろうか。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-25 21:41 | 交友記 | Comments(0)

■ 黒い鳥・白い鳥   15.1.24   (クロジ、カラス、コサギ)

晴れることを期待したのに曇り空で風が冷たい日に。クロジに10年ぶりに会った。


クロジ   15.1.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/150,F8
e0070891_17442370.jpg
        ガビチョウに追われて飛んできた。アオジかと思ったが、真っ黒な姿は初見のクロジだった。
        初見かと思ったが、実は観察を始めたばかりの10年前の3月に出会ったきりだったことがわかった。


カラス   〃   〃   1/450,F8
e0070891_17484118.jpg
        浅く水が溜まった 「カッパ池」 の浅瀬にカラスが入っていった。
        もしや?と期待した水浴びを始めた。冷たい水に 「カラスの行水」 のとおり、すぐにやめて飛んでいった。


コサギ   〃   〃   1/480,F8
e0070891_17512158.jpg
        「さくらなみ池」 の木柵の上で羽を膨らませてコサギがじっとしていた。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-24 17:52 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ コウモリ ?   15.1.23

雨が上がって、10時過ぎから青空になり暖かな空気がひろがってきた。

3日ぶりの散策。瓜久保のカッパ池には雨水がたまって池らしくなっていた。
そこに、黒いアゲハが飛んできた? よく見るとコウモリらしい。こんな昼間に飛ぶか?と思っていると、池の面にスライドして波紋を残している。ツバメならアメンボなどの虫を掬っているシーンを見るのだが、冬の水面には虫がいるとは思えない。ということは水を呑んでいるのだろうか?

速い動きを画面に捉えるのは難しい。「置きピン」で撮ったシーンです。1枚だけ、ピクセル等倍で顔らしき画像が見えました。

コウモリ ?   15.1.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0070891_18345563.jpg
        水を掬ったあとの波紋も残っています。


コウモリ ?   〃   〃   1/600,F8
e0070891_18364617.jpg

e0070891_18365237.jpg
        水面に映った姿もとらえていました。
        ピクセル等倍で顔らしい画像になっています。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-23 18:38 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ コゲラ   15.1.22

予報通り低気圧が接近・通過して冷たい雨が降り続く寒い日。散策もできない休養日に。

最近の散策で撮影したコゲラの姿が溜まっていた。後頭部に赤い毛のあるのが♂、この毛の有無が写るように撮影する癖がついている。


コゲラ ♂   15.1.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/280,F8
e0070891_18143246.jpg
        ご覧のように後頭部に赤い毛が見えるので、この個体は雄です。

        以下の写真では、赤い毛が見えないので、みんな雌だと思います。

コゲラ ♀   1.14
e0070891_18175074.jpg


〃 ♀   1.16
e0070891_18182947.jpg
e0070891_18184318.jpg


〃 ♀   1.20
e0070891_18191419.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-01-22 18:22 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)