■ モモブトカミキリモドキ   15.4.5

「寒い春」が居座っています。霧雨がやむことなく落ちてくる1日。きのうの疲れもあって「休養日」としました。
最近、1週間ほど散策から遠ざかっているので、以前に撮影した花も開花が進んでいるだろう。

というわけで、時期に関係のない虫の写真です。


モモブトカミキリモドキ   15.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO400 1/1100,F8
e0070891_21195713.jpg
e0070891_21201072.jpg
        立派な太い腿をしていますね。 これは♂雄です。今年は、腿が太くない♀雌には出会っていません。
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-05 21:21 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 国立・立川さくらウォーキング   15.4.4

ウォーキング・グループ「悠々会」の4月例会は、「国立・立川さくらウォーキング」。
曇り空で雨が懸念されたが、なんとか降られずに寒い風の中の桜吹雪を賞でながら歩いてきました。 


国立駅前から出発   15.4.4   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/400,F3.3
e0070891_21203294.jpg
        国立駅に降りたのは初めて。写真で知っていた三角屋根の旧駅舎は建て替わっていました。
        国立観光ボランティアさんが案内してくれるそうです。

        「国立一橋大学」があるから国立? いえいえ、国分寺と立川の中間にできたので「国立(くにたち)」と名付けられたのです。


大学通りを南望
e0070891_2123881.jpg
        その駅前から始まる「大学通り」は、約1.8kmの直線道路で、幅員が40m以上あり、
        片側2車線に自転車道、歩道、緑地帯を備えた樹齢70年以上の桜の並木になっている。


一橋大学構内見学
e0070891_22424256.jpg
        歩き始めてすぐ、両側に一橋大学のキャンパスが広がっている。
        この日は、白樺湖で行われる新入生歓迎合宿にバスで出発するところに居合わせることになった。
        写真正面が図書館、右は兼松講堂だとか。構内の建物の外観は全部、煉瓦調に統一されているのに感心した。


東キャンパスから出る
e0070891_2251886.jpg



郵便ポスト
e0070891_23243054.jpg
        赤い郵便ポストが懐かしい。


歩道橋から北望
e0070891_22532241.jpg
        正面突き当りが国立駅。


歩道橋から南望
e0070891_23245495.jpg
        右手の建物が、景観条例に引っかかって裁判沙汰になったマンション。
        部外者には、それほど景観を邪魔するとは思えないが。


多摩丘陵の眺め
e0070891_23252190.jpg
        大学通りが突き当たる「さくら通り」を右折。すこし歩いて、これも桜並木を左折。
        JR南武線「矢川」駅の先で、多摩川の堤防を右折した所から、多摩丘陵を望む。
        50年前に住んでいた「平山城址公園」も、この眺めの中にある。


花筏
e0070891_23254245.jpg
        柴崎体育館前を流れる細い川に花筏ができていた。

        この後、多摩モノレールに沿って立川駅まで歩き、「昭和記念公園」に行く予定を切り上げて、
        いつものショートカット、打ち上げに雪崩れ込むこととなった。
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-04 21:32 | 交友記 | Comments(0)

■ スミレ 3種   15.4.3   (ニオイタチツボスミレ、アメリカスミレサイシン、ヒメスミレ)

湿気を含んだ強い南風が吹いて桜の花を散らした(ようです)。

31日の散策で見つけたスミレ3種です。


ニオイタチツボスミレ   15.3.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/26,F8
e0070891_21323958.jpg


アメリカスミレサイシン   〃   〃   1/17,F8
e0070891_21341278.jpg


ヒメスミレ   〃   〃   1/10,F8
e0070891_21352030.jpg
        まだ蕾もついていないが、この葉の形で間違いない(?)。
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-03 21:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 戸塚駅周辺の花見   15.4.2

東海道・横須賀線「戸塚」駅を利用してきた元・勤務していた会社の先輩・後輩と5人で、戸塚駅下を流れる柏尾川の堤防につづく桜並木を歩いてきました。


桜並木   15.4.2   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/350,F9
e0070891_19552214.jpg
        柏尾川の右岸の堤防に植えられた桜並木を、下流側から歩きました。
        桜の樹には、1~54までNo.がふられていました。

柏尾川 左岸
e0070891_19541963.jpg
        歩き始めた場所から対岸の左岸を見ました。

〃 右岸
e0070891_19503088.jpg
        歩き終わった地点、戸塚駅から柏尾川の下流の方向を振り返りました。


閉鎖された戸塚大踏切   〃   〃   1/220,F9
e0070891_19594924.jpg
        「開かずの踏切」として知られた大踏切が、線路下をアンダーパスする自動車専用道路と、
        歩行者用の歩道橋とに分けられたのが、3月25日。

       この大踏切は戦後すぐの頃から「開かずの踏切」として有名だった。箱根駅伝の選手が踏切遮断機にしばらく遮られたり、
        吉田茂首相が待ちきれずに迂回の「ワンマン道路」を作らせた、などのエピソードも良く知られています。

アンダーパス箇所
e0070891_206087.jpg
        ずっと先の「吉田大橋」からこちらに向かってトンネルが掘られている。
        背中側に下りてアンダーパス道路を見てみると、利用車の少なさに驚く。PR不足だろうか?
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-02 20:08 | 交友記 | Comments(0)

■ キイチゴ 2種   15.4.1   (モミジイチゴ、カジイチゴ)

早くも4月。小谷戸の里では新卒新人2人を迎えて「入社式」を行いました。写真班として出席、新人自ら搗いたお餅をいただいて、前途を祝いました。

里山では、キイチゴの白い花が咲き始めています。


モミジイチゴ   15.3.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/250,F8
e0070891_2233537.jpg
        園路際、手の届く位置にあるので、熟してくる頃には、試食されて姿が見えなくなります。


カジイチゴ   3.31   〃   1/250,F8
e0070891_2252277.jpg
        ひさしぶりに見たので、初見と思い違いをしました。熟すと美味しい(そうです)。
[PR]
# by higirinikki | 2015-04-01 22:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ トガリアミガサタケ   15.3.31

今日も快晴、高温、風強し。サクラは一気に満開に近い。平日なので花見客は適度に場所取りしている。学生とおぼしき団体が余興芸などで盛り上がっている。

サクラの根方に生える?アミガサタケの姿が見えなくなったが、トガリアミガサタケは滅びずに毎年、姿を見せてくれる。生食は危険らしいが、食用になるらしい。


トガリアミガサタケ   15.3.31   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/30,F8
e0070891_2145457.jpg
e0070891_215723.jpg


   3.28   〃   ISO400 1/300,F5.6
e0070891_2164078.jpg

[PR]
# by higirinikki | 2015-03-31 21:07 | 舞岡公園のキノコ | Comments(3)

■ 春の蝶 (4)   15.3.30   (トラフシジミ、ツマキチョウ)

快晴、高温、やや風あり、桜の花見の絶好の1日だった。
昨夜、新潟からはるばる軽自動車でやってきた娘と孫3人娘と、お2階の孫2人娘とママで、お昼のお弁当を持って花見にでかけてきました。

帰り道、ネザサの葉にとまったチョウと、きのう撮った証拠写真のチョウです。


トラフシジミ 春型   15.3.30   FinePIx F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/105,F9
e0070891_17573584.jpg
        ネザサの葉にとまったチョウ。
        一瞬、見慣れぬチョウと興奮しながら、コンデジでの広角接写となりました。
        撮影途中で「トラフシジミ 春型」と思いつきました。雌雄がわかる開翅を待ちましたが、
        風に揺れる葉にしがみつくのが精いっぱいとみえて、やがて飛んで行ってしまいました。
        一瞬、青い色が見えたので、♂雄だったのかなと思います。


ツマキチョウ   3.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO200 1/100,F8
e0070891_18124649.jpg
        ツマキチョウ捜しの3日目、今日もダメかと思って通りかかった園路際。
        先着カメラマンが3~4人、チョウの動き出しを待っていました。
        「ツマキチョウが飛んできたのだが、草に紛れたまま動かない」という。
        ようやく見つけ出して撮った証拠写真です。「翅の端の黄色が見えたので♂雄のはず」という。

        だいぶ経って、飛び出したのはやっぱり♂のようだった。待っていた数人で追跡すること百メートルほど、
        ついに山の斜面で見失いました。その頃から、黒雲、怪しげな風が吹き出して「今日はこれまで」と、
        みんな帰り支度、私も帰宅しました。
        表翅を撮影できるのは、次の機会待ちとしました。


   
[PR]
# by higirinikki | 2015-03-30 18:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 春の蝶 (3)   15.3.29   (ルリシジミ、ツバメシジミ、ベニシジミ)

予報通りに朝方は晴れて花見客が大勢繰り出していたが、ごごは曇りから小雨に。3~5分咲きの桜が雨に濡れていた。

ツマキチョウ捜しの3日目、遠くに静止している閉翅♂の証拠写真しか撮れず。そのかわり、交尾中のベニシジミのペアを見つけた。すでに撮影済みの春のシジミチョウとの3種です。


ルリシジミ ♂   15.3.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO100 1/220,F8
e0070891_16542155.jpg
e0070891_1654356.jpg
        アセビのまわりを2~3頭のルリシジミが忙しく飛びまわっていた。
        淡い水色のシジミチョウは、いかにも春の蝶だ。


ツバメシジミ ♂   3.28   〃   ISO400 1/1400,F5.6
e0070891_16585080.jpg
e0070891_1659230.jpg
        これもルリかなと思ったら尾状突起がある。小さな生まれたて?のチョウだ。
        ツバメシジミとしては早い出現かな?


ベニシジミ ペア   3.29   〃   ISO200 1/500,F8
e0070891_1721347.jpg

e0070891_1722283.jpg
e0070891_1722927.jpg
        ツマキチョウ狙いの先着カメラマンから譲ってもらったシーンです。
        「春型」の綺麗な姿。左が♀、右が♂です。
[PR]
# by higirinikki | 2015-03-29 17:04 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 白い花のスミレ 3種   15.3.28   (マルバスミレ、ツボスミレ、シロバナタチツボスミレ)

朝から気温がぐんぐん上がって、20℃を越えたようだ。桜の開花も一気に進んだことだろう。

里山に咲く白い花のスミレを探してみた。


マルバスミレ   15.3.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/400,F8
e0070891_18364665.jpg
        昨年まで群生していた場所。駆除されたのかな?
        数株くらいしか見つからなかった。


ツボスミレ   3.28   〃   1/340,F8
e0070891_1839646.jpg
        流れの渕、接写できる位置で向こう向きに咲いていた。
        カメラを向こう側からレンズを向ける、落ち着かない方法で撮りました。


シロバナタチツボスミレ   〃   〃   1/1200,F5.6
e0070891_18424278.jpg
        古民家裏で。「栽培」されているのかな?
[PR]
# by higirinikki | 2015-03-28 18:43 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ビロードツリアブ   15.3.27

朝方はまだ寒さが残っていて、気温が急に上昇したとはいえ「初夏」の陽気にはならなかった。
散策に出るタイミングが遅くなったので、10時頃には飛んでいたというツマキチョウに出会うことができなかった。

きのう出会ったビロードツリアブのペアです。目の前を黒い虫が横切ったなと気づき、目で追うと枯れ草にとまって、しばし被写体になってくれた。


交尾するビロードツリアブ   15.3.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO100 1/180,F8
e0070891_18284837.jpg
e0070891_1829223.jpg
        雌雄の見分けはハエ・アブの仲間なので、左の複眼がくっついているのが♂、右の離れているのが♀です。
        体毛の色合いも微妙に違うようです。

ホバリングするビロードツリアブ   3.23   〃    ISO400 1/800,F8
e0070891_18322682.jpg
        アンズの花を見上げていると、飛んできた。
        お得意のホバリングをしながら、吸蜜していた。
[PR]
# by higirinikki | 2015-03-27 18:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)