タグ:さいと焼き(どんど焼き) ( 6 ) タグの人気記事

■ さいと焼き(どんど焼き)   15.1.12

今日12日は「成人の日」。7回目の干支の未年を迎えた私には、「成人の日」は1月15日のイメージが強く、いつまでもピンとこない。
その15日に行われる風習が「左義長」、ここ舞岡地区では「さいと焼き」と呼ばれて行われていたということで、小谷戸の里でも周囲の住民が正月飾りや書初めを持ち寄って焚火を囲う行事が行われている。


さいと焼き   15.1.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/680,F8
e0070891_1846278.jpg
        14番田んぼで10時から開始ということで、遠くからでも煙が上がっているのが見えた。


受け付け
e0070891_18472224.jpg
        焼きあがった後の灰は、自宅の周囲に撒いたり、ここでは田んぼに撒かれて肥料になる。
        市販の正月飾りには針金やプラスチックが使われていて、田んぼに撒くと怪我をするおそれがあるので、
        受付でチェックして取り除いていました。


焚火で餅も焼く
e0070891_1953621.jpg
e0070891_1955676.jpg


「左義長とは」 (Wikipedia)
1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を3、4本組んで立て、そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。その火で焼いた餅(三色団子の場合もある)を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。道祖神の祭りとされる地域が多い。


お汁粉をいただく
e0070891_1982677.jpg
e0070891_1984556.jpg
        こぶりのお餅がふたつ、沢庵が二切れ入ったお汁粉が供されていました。


紙芝居
e0070891_19101869.jpg
        小さな子供たちに、妻が紙芝居をしました。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-12 19:11 | 舞岡公園の行事 | Comments(0)

■ さいと焼き(どんど焼き)   14.1.13

いつも書く通り、成人の日は本来の制定理由である 「小正月」 にあたる1月15日であるべきだ。3連休にするため月曜日に移動する理由は通らない。
(と、書いたが、連休になって「成人式」のために帰郷することができるようになった、あるいは式を行うことがしやすくなった、というメリットの方が多そうだ、ということもわかった。さて、どうしましょう)

きのうは大磯の左義長を記事にしましたが、今日は舞岡公園では「さいと焼き」が行われた。午前10時開始というので、わが家の松飾りを持ってでかけました。いつもの「お汁粉」も楽しみに。


さいと焼き(どんど焼き)   14.1.13   FinePix F200EXR 62.4-32mm ISO400 1/160,F9
e0070891_1749469.jpg
e0070891_1749572.jpg
e0070891_1750764.jpg
e0070891_17501639.jpg
        開始時間直後に来たので、まだ、集まった人の数は少なかった。
        子供たちが餅をつけた竹棒を楽しそうにかざしているのが印象的だった。


お汁粉
e0070891_1753740.jpg
e0070891_17531674.jpg
        こぶりの焼き餅ふたつ、自家製沢庵が二切れ。
        おいしくいただきました。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-13 17:58 | 舞岡公園の行事 | Comments(0)

■ さいと焼き(どんど焼き)   11.1.10

今日は「成人の日」なんですね。ここ横浜は強い風の吹く青空いっぱいの天気です。
舞岡の谷戸田では年中行事のひとつ「さいと焼き(どんど焼き)」が行われていました。


青空の谷戸田   11.1.10   FinePIx F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/250,F9
e0070891_14573444.jpg
        谷戸の奥からの眺め。前方遠くに会場が見えます。
        左側に続く園路には「正月飾り」を手にした近隣の住民が、背中を丸めて会場に向かっていきます。


おおぜいの賑わい
e0070891_151353.jpg
        黄色い半纏を着たスタッフと子供たちの服が色とりどり。
        中心に焚火、右側にお汁粉・焼餅のコーナーが設置されています。


お汁粉待ちの列
e0070891_1554010.jpg
        奥のお汁粉コーナーに順番待ちの列が左に伸びています。


焚火
e0070891_1582921.jpg
        笹竹で囲われた焚火で正月飾りが焼かれ、小さな餅をに刺した細竹を子供たちが火にかざして焼いています。
        時々、炎が風にあおられてきて驚かされます。


お汁粉
e0070891_1512479.jpg
        毎年のことながら、野外でいただくお汁粉は美味しいですよ。
[PR]
by higirinikki | 2011-01-10 15:13 | 舞岡公園の行事 | Comments(2)

■ さいと焼き(どんど焼き)   10.1.11

今日は 「成人の日」。15日に慣れた身には、どうも11日は早すぎて気に食わない。
旧暦の1月15日 「小正月」 の行事は、お正月飾りや書初めを燃やす 「さいと焼き(どんど焼き)」。
舞岡公園でも、毎年、谷戸田の一角でおこなわれます。


さいと焼き(どんど焼き)   10.1.11   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO100 1/125,F4.3
e0070891_17133724.jpg
        煙が上がっている場所は、一昨年までの3年間コメ作りをした13A田んぼです。
        手前で火の手が上がり、向こう側で 「おしるこ」 がふるまわれています。


不燃物を取り除く
e0070891_17135424.jpg
        田んぼに向かう前に、お飾りについている針金・プラスチック・ビニール等の不燃物をはずします。
        手前のお餅を刺した竹の棒は、こどもが貰えます。


強い風に注意!
e0070891_17231018.jpg
        風上側で子どもたちが餅のついた竹の棒をかざします。
        風下側では親たちがカメラを構えるという構図です。


100円のカンパをお願いします
e0070891_17313073.jpg


空いてきました
e0070891_17352334.jpg
        スタッフの皆さん、ご苦労様です。
        七草がゆ、まゆ玉つくり、と行事が続いています。


お餅がふたつ
e0070891_1733923.jpg
        先日 「七草がゆ」 をいただいたお椀と箸です。

(注)  「左義長」 (wikipediaより)
          1月14日の夜または1月15日の朝に、刈り取り跡の残る田などに長い竹を三四本組んで立て、
          そこにその年飾った門松や注連飾り、書き初めで書いた物を持ち寄って焼く。
          その火で焼いた餅を食べる、また、注連飾りなどの灰を持ち帰り自宅の周囲にまくとその年の病を除くと言われている。
          また、書き初めを焼いた時に炎が高く上がると字が上達すると言われている。
          道祖神の祭りとされる地域が多い。
[PR]
by higirinikki | 2010-01-11 17:44 | 舞岡公園の行事 | Comments(2)

■ さいと焼き(どんど焼き)   08.1.13

小谷戸の里の前の田んぼで 「さいと焼き(どんど焼き)」 が行なわれていました。
今にも小雪が舞ってきそうな寒い曇り空の下、あたたかいお汁粉をいただいてきました。


さいと焼き(どんど焼き)   08.1.13   FinePix F30 8-24mm ISO200 1/160,F4.0
e0070891_11244057.jpg
e0070891_112517100.jpg
e0070891_11252958.jpg
e0070891_11254052.jpg


「さいと焼き(どんど焼き)」 とは?  NPO地域資料デジタル化研究会 による調査報告を引用します。

調査によると、小正月に火祭りを行う「どんど焼き」行事の名称は、ほぼ全国共通で「どんど焼き」と呼ばれていた。しかし、地域によっては、北陸、東海地方で「左義長」、関西で「とんど焼き」、九州では「鬼火焚き」と呼ばれる。静岡県では「さいと焼き」という地域もある。
 どんど焼きの行事内容は、全国でほぼ共通して、竹、藁(わら)、杉の葉などで作った小屋ややぐらを作り、正月飾り、書き初めを一緒に燃やし、繭玉だんご、あるいは餅を焼いて食べている。「どんどの火で焼いた団子を食べると虫歯にならない」、「この一年を無病息災ですごすことができる」、「習字が上手になる」などの言い習わしも共通である。また、「正月飾り」を燃やすという行為から、神様を空に送る、つまり「正月の神様」が空に帰っていくという意識が共通して働いているものとみられる。
 さらに、繭玉だんごを焼いて食べるという行為には、昔の重要な換金生業であった「養蚕」繁盛を祈願する予祝行事としての意味づけもあるものとみられる。
[PR]
by higirinikki | 2008-01-13 11:31 | 舞岡公園の行事 | Comments(12)

どんど焼き  07.1.14

毎年14日または15日には正月の年中行事「どんど焼き」が行なわれます。
どんど焼きとは日本各地で行なわれる小正月(1月15日)の火祭りです。お正月に使った門松やしめ縄、お守り、破魔矢、祈願成就した「だるま」などを持ち寄って焼き、その火にあたったり、餅を焼いて食べて無病息災を願うものです。お正月にお迎えした神様をお送りする日本の伝統的な行事です。

舞岡公園の谷戸田でも、正月飾りを手にした人々が集まって焚き火に集まっていました。おなじ場所でスタッフが「お汁粉」を振舞っていました。100円以上のカンパが必要ですが。

07.1.14 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F8
e0070891_21221756.jpg

e0070891_21223469.jpg

e0070891_21224714.jpg

e0070891_21225949.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-01-14 21:25 | 舞岡公園の行事 | Comments(10)