タグ:アカガネサルハムシ ( 7 ) タグの人気記事

■ ピカピカの虫   13.5.17   (アカガネサルハムシ、ジンガサハムシ、ドウガネサルハムシ)

きのうの夕方から腹の調子が悪く、きょうは体調調整のため休養日に。気温が低めで爽やかな風の吹くすごしやすい一日だった。

「収穫が多かった」きのうの画像からです。


アカガネサルハムシ   13.5.17   FUJIFIM X-S1 24-624mm ISO1600 1/140,F8
e0070891_220173.jpg
e0070891_2204285.jpg
        「そろそろいるはず」とブドウ類の葉を探していた。
        笹の葉にいた。うん、隣りにヤマブドウの虫食い葉があった。


ジンガサハムシ   〃   〃   1/120,F8
e0070891_2243513.jpg
e0070891_224479.jpg
        こちらも「そろそろ」とヒルガオの虫食い葉を探す。
        「黒い背中タイプ」がいた。 「金ピカタイプ」は見つからない。


ドウガネサルハムシ   〃   〃   1/1600,F6.4
e0070891_2274388.jpg
e0070891_2281411.jpg
        「ドウガネ」とは銅鉦と書く、銅製の鉦ってこと。 鈍い色だが、好きな人もいそうだ。
[PR]
by higirinikki | 2013-05-17 22:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 綺麗な虫   11.6.20   (アカスジキンカメムシ、ジンガサハムシ、アカガネサルハムシ)

午前中、曇り空の中を散策に出たら雨が降り出してきたので、急遽帰宅。そのまま休養日に。

最近、見つけた綺麗な虫たちです。


アカスジキンカメムシ   11.6.18   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/280,F3.3
e0070891_18414279.jpg
        この2~3年、めっきりその姿を見ることが少なくなりました。
        今年2回目の邂逅です。探し方が下手になったのかも。


ジンガサハムシ   〃   〃(trimming)   1/280,F3.3
e0070891_18443710.jpg
        こちらは、今年はいつもの場所で「大発生」という感じがするほど見かけます。
        でも、ヒルガオの葉ではなく花についているのは初めてです。
        金ぴかが輝いていました。


アカガネサルハムシ   6.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F8
e0070891_18491967.jpg
        こちらも、今年はいくらブドウの葉を捜しても見つかりません。
        まさか、こんなに暗い杭の上で見つけるとは思いもかけませんでした。
        三脚を使っているのに手ブレか被写体ブレか、かっちりした写真にはなっていません。
[PR]
by higirinikki | 2011-06-20 18:53 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ ハムシ3種 (3)   10.6.1   (アカガネサルハムシ、ドウガネサルハムシ、キベリトゲハムシ)

今日もきのうに続いて爽やかな青空の日。「虫の目」散策に出ました。

小さな小さなハムシも見つけられるようになりました。写真の上段は最接近写真、下段はそのトリミング画像です。


キベリトゲハムシ   10.6.1   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_20122242.jpg
e0070891_20124222.jpg
        葉の上にいる虫が見えました。 体長4.5mm前後です。
        トリミングして見ると、体中にトゲが生えているようですが、真上からの撮影だったのでわかりにくいですが。


ドウガネサルハムシ   〃   〃    1/200,F8
e0070891_20195378.jpg
e0070891_20201365.jpg
        体長は約 4㎜ 肉眼では何色をしているのかさえもわかりません。


アカガネサルハムシ   5.31   〃    1/200,F8
e0070891_20252580.jpg
        体長は7mm前後 このくらいの大きさになれば、よく見えます。
        前回 5.9 の撮影はお尻からで、全体がよく見えなかったので再登場させました。
[PR]
by higirinikki | 2010-06-01 20:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ ハムシ3種   10.5.10   (アカガネサルハムシ、ウリハムシ、オオアカマルノミハムシ)

今日は終日曇り空、庭の草取りで半日をすごしました。

きのうの散策では風になやまされながらも「虫の目」に慣れてきました。ごく小さいハムシ3種です。


アカガネサルハムシ   10.5.9   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/100,F8
e0070891_2053711.jpg
        大きさ 7mm前後 上翅は赤銅色、その他の部分は金緑色に輝く美しいハムシ。
        成虫は、ブドウ、エビヅル、トサミズキ、ハッカなどの葉を食べる。
        高い位置にいたので、お尻から失礼!


ウリハムシ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_2084082.jpg
        大きさ 7-8mm  全体に橙黄色。年1回の発生で、成虫で越冬する。
        5月下旬頃、ウリ類が植え付けられると雌成虫が産卵を開始する。
        名前のとおり、キュウリ、スイカ、メロン、カボチャ、マクワウリなどのウリ科植物の害虫。


オオアカマルノミハムシ   〃   〃   1/8,F8
e0070891_2012546.jpg
        大きさ 4-5mm  全体は赤茶色,肢の脛節,フ節は黒色。肢全体が赤褐色のアカイロマルノミハムシと違う。
[PR]
by higirinikki | 2010-05-10 20:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 輝く虫たち   09.7.28   (アカガネサルハムシ、キンバエ、マダラアシナガバエ)

今日も小雨や突然の雨が降ったりやんだりの落ち着かない日。

今年は見つけそこなったかな、と思っていたアカガネサルハムシに出会うことができました。


アカガネサルハムシ   09.7.28   PENTAX K20D 100mm/macro (trimming) ISO400 1/125,F9
e0070891_18272550.jpg
        この色合いはどうですか。
        太陽光があると色々な色が見えるのですが、曇り空で表現できないのでストロボ一発を加えました。


キンバエ   〃   〃   1/40,F9
e0070891_1831164.jpg
        ふだん見かける場所が場所だけに嫌われるハエですが、
        こうして見ると綺麗に見えないこともない、ですね。


マダラアシナガバエ   9.22   〃   1/25,F8
e0070891_1835334.jpg
        葉の上をチョコマカと動き回っている小さな小さなハエです。
        こちらも、こうして見ると綺麗ですね。
[PR]
by higirinikki | 2009-07-28 18:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 見たことない虫?   08.5.8  (アカガネサルハムシ、セグロベニトゲアシガ、ヒメクロオトシブミ)

ここ数日間、毎日の強い日差しに負けずに散策に出ています。
「虫の目」をこらして小さな虫を探しています。
今日の三種の虫たちの 「見た目」 はどう見えますか?


アカガネサルハムシ   08.5.7   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/45,F8
e0070891_19202938.jpg
        ノブドウの若葉の上で赤黒く光る小さな虫を見つけました。そろそろ、出現する筈と探していたところでした。

        甲虫目 カブトムシ亜目 ハムシ科
        大きさ 7mm前後
        時 期 5-8月
        分 布 北海道・本州・四国・九州・沖縄
        上翅は赤銅色、その他の部分は金緑色に輝く美しいハムシ。
        成虫は、ブドウ、エビヅル、トサミズキ、ハッカなどの葉を食べる。


セグロベニトゲアシガ   5.6   〃   1/180,F8
e0070891_19265583.jpg
        まるでクモが何かの虫を捕まえているようです。この虫には見覚えがありました。

        チョウ目 ニセマイコガ科
        【開張(mm)】 13-17
        【分布】 北海道,本州,四国,九州;
        ベニボタルの仲間に擬態した小奇麗な蛾です。
        櫛状のものが触角で、もうひとつ別の触角のように見えるのは下唇鬚と呼ばれるものです。
        トゲのある後肢をピンと立ててとまるのが特徴、だそうです。


ヒメクロオトシブミ   5.5   〃   1/125,F8
e0070891_1934297.jpg
        葉の先についた、まるで黒ゴマのような虫です。よく見ると首が長いですね。

        甲虫目 カブトムシ亜目 オトシブミ科 
        大きさ 4.5~5.5mm
        時 期 4-8月
        分 布 本州・四国・九州
        黒色のオトシブミ。脚は、黒色のものと黄褐色のものがいる。
        コナラ、クヌギ、バラ、フジなどの葉を巻いて、卵の入った巣(ゆりかご)を作ります。
e0070891_19378100.jpg
        エゴノキを見ると、風に揺れる葉巻の揺り篭がふたつありました。
        この揺り篭を作るところを観察したいのですが、なかなか機会に恵まれません。
        なお、この揺り篭を作ったのは エゴツルクビオトシブミ かもしれませんが。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-08 19:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(10)

アカガネサルハムシ  06.5.17

e0070891_16572976.jpg
撮影データ 06.5.17 PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO800 1/250,F8

梅雨のようなはっきりしない天気が続いている。舞岡公園内の各種のブドウの仲間のつるや葉がおおきくなってきた。ブドウの害虫というアカガネサルハムシは、このブドウの新芽をかじるのだそうです。

体は輝く緑色で赤や青の紋があり、とても美しい虫です。

目の高さの少し上で撮影しにくかったのですが、去年からずっと出会いをもとめていた虫ですので、「今日は大収穫」とばかり降り始めた雨の中を勇躍帰ってきました。
[PR]
by higirinikki | 2006-05-17 17:11 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)