タグ:アカスジキンカメムシ ( 9 ) タグの人気記事

■ カメムシ3種   12.7.22   (アカスジキンカメムシ、エサキモンキツノカメムシ、ほか)

今日も、きのうと同じような気候。寒い日が3日も続くと、暑い夏の日が恋しくなる?明日は、暑さが戻るらしい。

18日の散策では、今年は被写体に選ばれることが少なかったカメムシに出会っていました。


アカスジキンカメムシ   12.7.18   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_19171540.jpg
        今年は、パンダ模様の5齢幼虫にはよく出会ったのだが、この成虫の姿をほとんど見かけなかった。
        今年は三脚をほとんど使っていないので、この画像も微妙に手ブレをしているようです。


エサキモンキツノカメムシ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_1915874.jpg
        羽化したばかりかな?弱々しい印象でした。
        ハート紋が白っぽいですね、これは♀です。名前につくモンキ、「紋」が「黄」色いのは♂です。


クサギカメムシ 4齢?幼虫   〃   〃   1/125,F8
e0070891_19123837.jpg
        初見の幼虫姿です。
[PR]
by higirinikki | 2012-07-22 19:20 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ カメムシ幼虫3種  11.10.5  (アカスジキンカメムシ、キバラヘリカメムシ、アオクサカメムシ)

いやー寒い寒い、おまけに雨がしとしと。すっかり雨の晩秋の気分。
今日は、外出する気分にならず、リニューアル後の同窓会HPの編集委員としての準備勉強にかかりきりになっていました。

最近の散策で見つけたカメムシの幼虫たちです。マクロ撮影で見ると意外に綺麗な姿をしていますよ。


アカスジキンカメムシ幼虫   11.9.17   FinePix F300EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F3.3
e0070891_1838985.jpg


キバラヘリカメムシ幼虫   9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/32,F8
e0070891_18412139.jpg


アオクサカメムシ幼虫   10.3   〃   1/25,F8
e0070891_18432266.jpg


アカスジキンカメムシ成虫
e0070891_18544012.jpg


キバラヘリカメムシ成虫
e0070891_18384439.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-10-05 18:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 綺麗な虫   11.6.20   (アカスジキンカメムシ、ジンガサハムシ、アカガネサルハムシ)

午前中、曇り空の中を散策に出たら雨が降り出してきたので、急遽帰宅。そのまま休養日に。

最近、見つけた綺麗な虫たちです。


アカスジキンカメムシ   11.6.18   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/280,F3.3
e0070891_18414279.jpg
        この2~3年、めっきりその姿を見ることが少なくなりました。
        今年2回目の邂逅です。探し方が下手になったのかも。


ジンガサハムシ   〃   〃(trimming)   1/280,F3.3
e0070891_18443710.jpg
        こちらは、今年はいつもの場所で「大発生」という感じがするほど見かけます。
        でも、ヒルガオの葉ではなく花についているのは初めてです。
        金ぴかが輝いていました。


アカガネサルハムシ   6.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F8
e0070891_18491967.jpg
        こちらも、今年はいくらブドウの葉を捜しても見つかりません。
        まさか、こんなに暗い杭の上で見つけるとは思いもかけませんでした。
        三脚を使っているのに手ブレか被写体ブレか、かっちりした写真にはなっていません。
[PR]
by higirinikki | 2011-06-20 18:53 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ カメムシ3種 (2)   09.11.1   (キバラヘリカメムシ、コアオカスミカメ、ほか)

北国を通過する寒冷前線に向かって吹き込む暖かい強い南風の影響で、暑いくらいの昼間。
今、日本シリーズ第二試合をTV観戦し「ながら」記事作成しています。

秋のカメムシたちです。


キバラヘリカメムシ   09.10.30   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/15,F6.3
e0070891_18384439.jpg
        ニシキギの実から吸汁しているキバラヘリカメムシに出会いました。
        黄色と赤と黒の組み合わせが見事です。


コアオカスミカメ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_18424844.jpg
        散策仲間のAさんとKoさんのカメムシ探しに同行。
        こんなに小さなカメムシは自力では見つけられません。


アカスジキンカメムシ 5齢幼虫   11.1   FinePix F230EXR 6.4-32mm ISO400 1/53,F3.3
e0070891_18482811.jpg
        「宮田池」からの山道の防護柵の上をパンダ模様の幼虫が。カメラに気づいて逃げられてしまいました。

   10.9   PENTAX K20D 100mm/macro 1/50,F83
e0070891_1851185.jpg
        同じ柵で撮影していた失敗写真です。
       この5齢幼虫で越冬するのですが、木の柵の隙間は真冬でもそれほど冷え込まないのでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2009-11-01 18:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ カメムシ   09.5.26   (アカスジキンカメムシ、ホソヘリカメムシ、オオメカメムシ)

今日も気持ちよく晴れ上がった五月晴れの一日。クリ林にアカシジミを探しに行きましたが、証拠写真を一枚撮れただけでした。
ナツグミの葉にいたパンダ型のアカスジキンカメムシの5齢幼虫の羽化を待っていたのですが、今日その艶姿を撮影することができました。


アカスジキンカメムシ   09.5.26   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_18544012.jpg
e0070891_18545720.jpg

〃 5齢幼虫   5.15   〃    1/25,F8
e0070891_18582661.jpg


ホソヘリカメムシ   5.26   〃   1/250,F8
e0070891_19131024.jpg
        ハチが飛んできたのかと思ったら、後肢が太いカメムシでした。
        成虫はハチに、幼虫はアリに、それぞれ擬態するおもしろい虫です。


オオメカメムシ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1982020.jpg
e0070891_1983862.jpg
        上の写真で、その小ささを想像してください。カメムシの仲間では、体に比べて目が大きいですね。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-26 19:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ アカスジキンカメムシが減った?   08.7.14

今日も猛暑、午前中、熱中症に罹らないように水分補給・日陰をゆっくり歩くことに注意して散策に出、それなりの収穫がありました。
が、忘れないうちに取り上げたかったテーマにします。


アカスジキンカメムシ5齢幼虫   08.5.14   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/45,F8
e0070891_1931189.jpg
        パンダ模様で御馴染み、アカスジキンカメムシの終齢幼虫です。
        3年前の記事 05.12.30  思い出の一枚 アカスジキンカメムシ黒化型 がいた瓜久保のアジサイの葉に乗っかっていました。


羽化途中のアカスジキンカメムシ   5.22   〃   ISO200 1/30,F11
e0070891_19563568.jpg
        同じ瓜久保のかっぱ池畔の草原、葉陰で成虫に羽化している姿を見つけました。
        あのエメラルドに輝く完全な姿になるまでは待てませんでした、が。

        さて、それが祟ったのか、それ以来いくら探しても成虫に出会わなかったのです。
        園内の、ここならいるだろうと思う所を探しまくっていたのですが。


やっと出会えた成虫   7.8   〃   ISO200 1/45,F8
e0070891_2081517.jpg
e0070891_2091578.jpg
        あれから1ヵ月半、ついに自力では見つけられなかったのですが、
        カメラお仲間のAさんに「ここにるよ」と教えられたのが「中の上屋休憩所」脇の葉の上でした。

        今年、なかなか見つけられないのは、私の探索眼が落ちたのか、園内で個体数が減っているのかな?、と思っていましたが、
        右側の「お気に入りサイト」のトップにある 「くろねこ」さんの「里山再生計画」の記事 lアカスジキンカメムシ(幼虫)」 で、
        「アカスジキンカメムシは4~5年前までは、里山で最も普通に見られるカメムシだったが、ここ数年個体数が減少しているように感じる」
        と、書いておられます。
        この公園だけで起きていることではないようです。

        読者の皆さんのフィールドではいかがですか?
[PR]
by higirinikki | 2008-07-14 20:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

■ おもしろデザインの幼虫たち   07.10.25

今日も散策してしまいました。これで5日連続です。

この間に見つけた奇妙なデザインの幼虫、その成虫と並べて紹介します。
「虫嫌い」の方には「見たくない」画像で申し訳ありません。


トホシテントウ   07.10.22   PWNTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO400 1/20,F13
    
e0070891_18541463.jpg
e0070891_18563727.jpg


アカスジキンカメムシ   〃   〃   1/90,F5.6
e0070891_191589.jpg
e0070891_192282.jpg


キバラヘリカメムシ   10.24   〃   1/180,F8
e0070891_1942234.jpg
e0070891_1951332.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-10-25 19:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

アカスジキンカメムシ  06.5.24

e0070891_222505.jpg
撮影データ 06.5.23 PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/125,F8

「緑の宝石」と呼ばれる「アカスジキンカメムシ」が、その輝く姿態を見せ始めました。

いつも舞岡公園の南側から散策を開始して園内を北の方向に向かうのですが、めぼしい出現場所では、黒白模様がパンダのようにおもしろい終齢幼虫の姿しか目撃できず、「成虫はもっと蒸し暑くならないと羽化しないのかな」と思っていました。

ところが、狐久保をすぎて瓜久保に向かう園路左側の草むらにかかると、パンダ型幼虫に混じって羽化したての成虫がぞくぞく姿をみせてくれたのです。羽化途上の姿まで見てしまいました。ここはアカスジキンカメムシの「黄金道路」なのでしょうか。(秘密情報です。捕獲しないでね)

e0070891_2235043.jpg終齢(5齢)幼虫2頭が葉の上で、羽化の場所を争っているのでしょうか。

e0070891_2243843.jpgこちらは葉の陰から頭をのぞかせていました。

e0070891_2252932.jpg羽化の途中、じっとしている個体もいました。

  --おまけ情報ーー

この道路では、昨年「黒化型」も見つけています。
[PR]
by higirinikki | 2006-05-24 19:11 | 舞岡公園の虫 | Comments(8)

 05.12.30  思い出の一枚 アカスジキンカメムシ黒化型

e0070891_21313765.jpg
撮影日 05.5.28 PENTAXistDs

今年の春から昆虫を撮影し始めたばかりの5月末、ビギナーズラックともいうべき出来事があった。瓜久保入口付近のアジサイの葉陰に奇妙な色合いの虫を見つけた。これが舞岡公園をフィールドとするカメラ仲間で話題となった黒化型アカスジキンカメムシだった。後日、神奈川県立生命の星・地球博物館からも貴重な標本とのお墨付きをいただき、もう一頭を捕獲して送付いたしました。

e0070891_21421516.jpgこれが本来の姿です。

[PR]
by higirinikki | 2005-12-30 21:48 | 舞岡公園の虫 | Comments(5)