タグ:アキカラマツ ( 7 ) タグの人気記事

■ 園路の花たち   13.8.1   (ヒヨドリバナ、アキカラマツ、アキノタムラソウ)

8月に入った。月日の経つのは早いものだ、と思うことしばしば。
夏の園路は「アキ」とつく花をはじめ、そろそろ次の季節の花が顔を見せ始めている。


ヒヨドリバナ   13.7.21   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/150,F9
e0070891_1814820.jpg
        かなり前から咲き始めた印象がある。
        年によって、草刈りの時期などの影響だろうか、多い年と少ない年があるようで、今年は少ないかな?


アキカラマツ   〃   〃   ISO100 1/70,F9
e0070891_18163147.jpg
        上高地で見たカラマツソウとは印象が違うが、
        「アキ」とついた理由は何だろう?


アキノタムラソウ   7.28   〃   ISO400 1/550,F3.3
e0070891_18193951.jpg
        今年2度目(?)の登場だが、本当の理由はこの虫を撮れたから。
       「トラマルハナバチ」を頭から撮ったので、「トラ」に見えないですね。
[PR]
by higirinikki | 2013-08-01 18:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ こんな写真も   12.8.15   (タケニグサ、トロロアオイ、アキカラマツ)

今朝は、南房総市・旧三芳村にある仲間の別荘「楽馬荘」を9時に出発、「道の駅富楽里とみやま」で朝食をとり、「金谷港」から東京湾フェリーに乗って「久里浜港」へ、京急久里浜―上大岡―上永谷経由で12時過ぎに帰宅しました。
暑い日です。新潟の孫たちは朝に新幹線を使って帰ったあと、2階の孫娘を預かって遊びました。月齢11か月、日々めざましい成長を遂げています。

11日の散策から。図鑑写真らしくもあり、らしくもない、こんな写真も撮れました。


タケニグサ   12.8.11   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_2217157.jpg
        風が吹くと「チャラチャラ」という音がしそうな実の付き方をしています。


トロロアオイ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_22191697.jpg
        3時を過ぎていたので花は閉じていました。


アキカラマツ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_2220451.jpg
        上手に撮りにくいアキカラマツです。
        隣りで実をつけているチダケサシと、助け合って立っているように見えました。
[PR]
by higirinikki | 2012-08-15 22:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 真夏の草花 (6)   11.8.7   (アキカラマツ、ミズタマソウ、タカトウダイ)

今日も真夏の蒸し暑い一日でした。
早朝歩きで営農田んぼのコンクリ畦に乗っかっているカルガモ親子を発見した。
6日前には谷戸の奥にいたのに、今日は一番手前の田んぼにいる。どうやって移動してきたのだろうか。
しかも、小鴨は三羽。情報によると6日前には四羽いたのだそうだ。一羽減ったことになる。
さて、カラスなどの天敵にやられたのだろうか。元気に育ってほしいものです。

きのうの散策で見つけた植物たちです。


アキカラマツ   11.8.6   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/200,F3.3
e0070891_2129151.jpg
        小谷戸の里の事務所前の株です。細かい長いシベが綺麗なのですが、それを表現するのが難しい。


ミズタマソウ   〃   〃   1/70,F3.3
e0070891_21315092.jpg
        小谷戸の里に入る園路脇に数株、花が咲き始めています。
        風に揺れる小さな花を写しとめるのが難しい。


タカトウダイ   〃   〃   1/70,F3.3
e0070891_21345758.jpg
        最近、姿が減ってきた感じがする草です。もっと大写しにすると花も実もおもしろい形をしているのがわかります。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-07 21:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 夏の花 (3)   10.7.21   (セリ、アキカラマツ、タケニグサ)

いやもう暑い・熱い。よりによって一番暑い2時すぎ虫歯の治療を予約した近くの歯医者に歩いて行く。
汗だくで治療の椅子に座るのはもうしわけないです。

17日の散策で見つけた白い花たちです。


セリ   10.7.17   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_18142210.jpg
        谷戸田の流れの縁でセリが白い花を咲かせていました。
        春の野草「摘み草」のシーズンを生き延びた株なのでしょう。


アキカラマツ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18174268.jpg
        野草の世界では、もう秋が来ているのでしょうね。
        丈夫に茎を立てた株が少なく、地面すれすれで花をつけています。


タケニグサ   〃   〃   1/80,F8
e0070891_18204653.jpg
        巨大な株が立っていることが多いのですが、撮影したのは目の高さにあった花穂の先です。
[PR]
by higirinikki | 2010-07-21 18:23 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 夏の草花 (11)   09.7.23   (ミソハギ、ヌマトラノオ、アキカラマツ)

なんだか梅雨はまだ明けていないのではないかと思わせる天気が続いています。
今日も小雨が降ったりやんだり、休養日です。

きのうの散策で見つけた夏の草花です。


ミソハギ   09.7.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO1600 1/250,F11
e0070891_1817672.jpg


ヌマトラノオ   〃   〃   1/160,F11
e0070891_18213538.jpg


アキカラマツ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18201473.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-07-23 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の花 (?)   08.7.12   (アキカラマツ、アキノタムラソウ、サワヒヨドリ)

今日は朝から蒸暑い一日。午後は雷雨の可能性もあり、散策はお休み。
きのう、おとといの散策で見つけた、アキ・・・とつく「先物」買いの花たちです。


アキカラマツ   08.7.11   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_17515631.jpg
e0070891_1753143.jpg
        園内各所で花を見ることができますが、小谷戸の里で撮影しやすい場所にありました。
        細い枝(幹?)の頭に思い花房をつけるので、倒れている株が多いのです。


アキノタムラソウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1821896.jpg
        「アキノ」とついていますが、真夏から咲く花です。クサレダマが背景にある湿地で、初めて見る花をつけています。


サワヒヨドリ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_186218.jpg
        古民家前山に、草刈りを免れた大きなサワヒヨドリの株が立っています。
        その蕾たっぷりの花房が事務所前のバケツに突っ込まれていました。
        誤って刈り取ってしまったのでしょうか。ヒヨドリバナと似た花になるのでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-12 18:12 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 秋の花たち   07.9.6

台風9号が今夜半やってきそうです。雨風への備えをしっかりとしましょう。
明日は、台風一過いっきに秋がくるのでしょうか。

舞岡公園の園路脇の斜面で、秋の花たちが咲き始めました。


アキカラマツ   07.9.4   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_18254342.jpg
        7月頃から咲いているのですが、名前からするとこれからが花本番のような気がします。
        花には花弁がなく、萼も開花後すぐに散り、雄しべと雌しべだけが残っています。
        黄色い大きな葯のついた雄しべがたくさん垂れ下がっているので、花序全体が黄色く見えます。
        (とはいえ、黄色く表現するのはむずかしい、です)


ホソエノアザミ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_18354724.jpg
        「ねむのき休憩所」下の斜面で咲き始めました。
        名称不詳でしたがホソエノアザミ(細柄野薊)でよいでしょうか。
        葉の裂け方に特徴があります。裂片が真横に張り出しています。


ヒヨドリバナ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18423059.jpg
        ヒヨドリが鳴くころ花が咲くので、この名がついた?本当かな?
        上部の枝先に多数ついているく頭花は、よく見ると5個ほどの白色の両性の筒状花からなっていることがわかります。
        花冠の先は浅く5裂し、雌しべの花柱の先が分枝して長くのびて糸くずのように見えます。
        筒状花は白色ですが、まれに紫色を帯びることがあるようです。

        同じ「ねむのき休憩所」下の斜面で群生しています。
        蜜を豊富に出すようで、多くの昆虫が集まってきます。
        その虫を狙ってスズメバチが狩りにきます。
        毎年、「ハチに注意!」の掲示が出るほどのヒヨドリバナの名所です。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-06 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)