タグ:アキノウナギツカミ ( 14 ) タグの人気記事

■ 湿地の草   14.9.25   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ、アメリカセンダングサ)

夜半の大風雨があったが昼間は一時晴れ間もあった今日、また夜間に大雨の予報も出ている。

きのうの散策では、湿地に咲く花が盛りに向かって群生をしていた。


ミゾソバ   14.9.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/180,F8
e0070891_1940371.jpg


アキノウナギツカミ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_19412475.jpg


アメリカセンダングサ   〃   〃   1/52,F8
e0070891_19421068.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-09-25 19:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 金平糖のような花   13.9.28   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ、ママコノシリヌグイ)

爽やかな秋が急にやってきた。この夏に急逝した大学同級生のお墓参りに、三浦半島奥の霊園に仲間4人で行ってきた。

舞岡公園の各所で「金平糖のような花」3種が咲き始めている。


ミゾソバ   13.9.27   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/400,F3.3
e0070891_20225278.jpg
        木道の脇の湿地で群生しているミゾソバだが、強い日差しが当たって撮影しにくい。
        自分の陰に陽射しを防いで撮った。


アキノウナギツカミ   〃   〃   ISO100 1/75,F9
e0070891_20261533.jpg
        同じ湿地で群生しているアキノウナギツカミ。こちらは日陰を作れないので、まともに日が当たっているところです。
        背景にも花がいっぱい咲いているのだが、うまく写ってくれなかった。


ママコノシリヌグイ   〃   〃   ISO400 1/250,F3.3
e0070891_20312150.jpg
        小谷戸の里の水屋の裏で見つけた。名前の由来となる棘が見えますか?
        それにしても、こんなひどい名前を誰がつけたのでしょうね?
[PR]
by higirinikki | 2013-09-28 20:34 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 秋を知らせる   12.10.1   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ)

台風一過の日、早くも年度後半の10月に入った。日向は暑いが、風は涼しい。
谷戸の湿地では、ミゾソバとアキノウナギツカミのよく似た花が咲き始めていました。


ミゾソバ   12.10.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/120,F8
e0070891_18381844.jpg


        おすすめ過去記事

アキノウナギツカミ   〃   〃   1/120,F8
e0070891_18393761.jpg


        おすすめ過去記事
[PR]
by higirinikki | 2012-10-01 18:40 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ よく似た花   11.10.19   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ)

天気予報が外れて一日中、冷たい風がふく曇り空。11月中旬の気温だったとか。
寒さを理由に、一日休養日に。

谷戸の湿地いっぱいに群生しているのが、この二種のよく似た花です。


ミゾソバ   11.10.3    PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_2173674.jpg
        葉の形から「ウシノヒタイ」の別名が。金平糖のような可愛いい花が咲いていました。
        木道の際で咲き始めたばかりでした。周囲も赤い花がいっぱいでした。

   10.13    FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/500,F3.8
e0070891_21123983.jpg
e0070891_21125968.jpg
        「24番田んぼ」は、以前オオガハスが植栽されていましたが、今年は半分は古代米が栽培され、
        残り半分はミゾソバがいっぱいです。 真っ白な花が全開です。


アキノウナギツカミ   11.10.3    PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_2118920.jpg
        先頭の写真のミゾソバの傍には、よく似た花のアキノウナギツカミが群生していました。
        名前の由来は下の写真で説明します。

   10.13    FinePix F200EXR 6.4-32mm(trimming) ISO400 1/280,F3.3
e0070891_21223155.jpg
        茎の部分を撮影しました。棘が下向きに並んでいます。
        この棘が引っかかってウナギを掴めるというのです。

        この棘を見て「ママコノシリヌグイ」を思い出しました。
        誰が考え付いた名前でしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2011-10-19 21:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 湿地の草花3種   11.9.25   (アキノウナギツカミ、ミゾソバ、イボクサ)

晴れの日は続かないものです。にわか雨が落ちてきて、慌てて洗濯物を取りこんだりしました。
早朝歩きで疲れて、休養日として大相撲TV桟敷観戦を楽しんでいます。

ひさしぶりの日本人大関「琴奨菊」誕生です。
ほんとに八百長相撲が無くなったとすれば、その地位を維持するのは難しそうですが。まあ、そんな言葉はなしにしましょう。

明日から3日間、高校同期の仲間と九州旅行に出かけます。
当ブログも遅ればせながら「予約投稿」ができるようになりましたので、その仕組みを使って「毎日更新」を続けていきます。

今日は、きのうの散策で見つけた「湿地の草花」です。


アキノウナギツカミ   11.9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_16595957.jpg
        木道から見下ろす位置でレンズを覗き込んでいると、後ろから
        「その花はなんですか?」 と聞かれました。
        茎にウナギが掴めるくらい棘が生えている、ことをお教えすると「へ~」と驚かれました。


ミゾソバ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_1735844.jpg
        「溝に生える蕎麦の花に似た花」という命名。 葉の形からきた、別名「牛の額(ひたい)」もぴったりです。


イボクサ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_1764986.jpg
        こちらも「疣草」という独特な命名。
        イボクサは「疣取り草」の意味であり、汁を付けると疣(イボ)が取れるからであるという。
        どなたか、試してみませんか?
[PR]
by higirinikki | 2011-09-25 17:11 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ タデ科の花 3種   10.10.22   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ、ママコノシリヌグイ)

奄美大島の大雨洪水、百年、千年に一回の出来事でしょうか。御見舞い申し上げます。

小雨降る天気が少し良くなったので、4日ぶりの散策に出ました。
湿地や流れの縁には「金平糖」のような可愛い花が盛りです。接写ばかりですがご覧ください。どれもよく似ていますね。


ミゾソバ   10.10.22   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F8
e0070891_17544922.jpg


アキノウナギツカミ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_17565494.jpg
e0070891_1757797.jpg


ママコノシリヌグイ   9.26   〃   1/50,F8
e0070891_17581475.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-10-22 17:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 湿地の花   09.10.15   (ミゾソバ、アキノウナギツカミ)

谷戸の中、田んぼの脇の葦原のふちでは金平糖のような小さな花がいっぱい咲いています。


群生するコンペイトウ   09.10.14   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_18432877.jpg
        このレンズでは視界はこんなものです。
        右側の白い花はミゾソバ、左側のピンクの花がアキノウナギツカミです。


ミゾソバ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_18452156.jpg


アキノウナギツカミ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_1847501.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-10-15 18:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 秋です   09.9.27   (アキノウナギツカミ、ミゾソバ)

しばらく続いた爽やかな日もきのうまでのようです。
湿地ではピンクの可愛い花が咲き始めました。

また、しばらく「留守」にしますので更新をお休みします。

アキノウナギツカミ   09.9.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/640,F8
e0070891_8483043.jpg


ミゾソバ   9.25   〃   1/800,F8
e0070891_8504863.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-09-27 08:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 草の実 (4)   08.11.17   (ツルマメ、アキノウナギツカミ、ニラ)

秋が深まり草の実も茶色に変化してきています。


ツルマメ   08.11.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_1823964.jpg
        大豆の先祖(?)だそうですが、いつも莢が弾けたあとばかりで、大きくなったマメをみたことがありませんでした。
e0070891_1820128.jpg
        瓜久保、かっぱ池のほとりで群生しているツルマメの中を覗いてみました。毛深い莢の中で豆が太っていました。


アキノウナギツカミ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_18264032.jpg
        かわいい金平糖型の花がおわって、花群れが茶色くなっています。
        その群れでスズメの群れがにぎやかにお食事をしています。
        どんな実がついているのか、撮影してみましたが、よく見えませんでした。


ニラ   〃   〃   1/20,F8
e0070891_18304115.jpg
        「松原越し休憩所」の坂の途中で見つけたニラの実です。
        一つの花序に3つの実ができるのでしょうか?(調べ中です)

        やっと調べがつきました。3つの部屋に2つづつ、合計6個の種子ができるようです。
        ネットで見ても、全部揃った写真は少ないですね。 (12.9.21)
[PR]
by higirinikki | 2008-11-17 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ タデ科の花   08.9.26   (アキノウナギツカミ、ミゾソバ、ママコノシリヌグイ)

今日9月26日は、昔は台風上陸の特異日だったと覚えています。高校時代のクラブ活動は「地学部」でしたので、下級生の時は「百葉箱」をチェックする役もしていました。そんな時代、1年生の昭和33年には「狩野川台風」が、2年生の34年には「伊勢湾台風」が来襲して、大きな被害が出たことが少年時代の忘れられない記憶となっています。

沢山の在庫写真から、どれを選ぶか迷うところですが、金平糖のような可愛い花をつけるタデ科の花3種としました。


アキノウナギツカミ   08.9.23   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_189215.jpg
        いつもの木道の脇で群生して、花が咲き始めていました。


ミゾソバ   9.25   〃    1/1000,F8
e0070891_18132973.jpg
        瓜久保、かっぱ池の畔に群生しています。陽光をいっぱい浴びていました。


ママコノシリヌグイ   9.23   〃    1/45,F11
e0070891_18224750.jpg
        古民家前庭の花壇でだいぶ前から咲いています。
[PR]
by higirinikki | 2008-09-26 18:23 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)