タグ:アシグロツユムシ ( 2 ) タグの人気記事

■ 幼虫・幼体 2種   14.7.17   (アシグロツユムシ、ナガコガネグモ)

今日も暑い日。

きのうの散策で出会った幼虫・幼体 2種です。


アシグロツユムシ   14.7.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/50,F8
e0070891_19574880.jpg
        いちど、どこかで出会ったような気がするが、種名は思い出せない。
        帰宅後、6年前だったことがわかった。ただ6年前は「終齢幼虫」、これは「2齢幼虫」のようです。


ナガコガネグモ幼体   〃   〃   1/550,F5.6
e0070891_2013361.jpg
        この白い蜘蛛の巣は、「隠れ帯」という。
        幼体と幼生、幼虫の違い、よくわからない。
[PR]
by higirinikki | 2014-07-17 20:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 幼虫3体   08.8.23   (アケビコノハ、ホソヘリカメムシ、アシグロツユムシ)

北京五輪もいよいよ大詰め、マスコミの煽りに踊らされず冷静にTV観戦してきましたが、アメリカとの女子ソフト決勝戦だけは応援に熱が入りました。
今日も涼しい小雨降る一日でした。

18日の散策で出会った幼虫たちです。「虫ブログ」になってきました。お嫌いな方、ごめんなさいね。


アケビコノハ   08.8.18   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F8
e0070891_18165442.jpg
        その名の通り、瓜久保の奥の藪のアケビの若葉の陰にいました。
        ちょっと驚かせると、このように身体を反らせて目玉模様を見せつけます。右側が頭です。

        成虫を見たことがないのですが、これも名前が示す「枯れ葉」姿に擬態するので気づかないからでしょう。
        その姿は 「みんなで作る日本産蛾類図鑑」 を参照してみてください。



ホソヘリカメムシ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_18273822.jpg
        同じ瓜久保の奥、ヤマブキの垣に絡んだヤブガラシの花の蜜をアリが吸っていました。
        え?よく見ればアリとは違うようです。
        これはホソヘリカメムシの5齢幼虫でした。後ろ肢を踏ん張っている様子は成虫を思わせます。


アシグロツユムシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18322976.jpg
        観察コースの始めにあるヤブミョウガに小さな虫がついていました。
        カマドウマに似た姿です。調べてみたらアシグロツユムシの終齢幼虫のようです。
        翅が伸びれば成虫そっくりです。
[PR]
by higirinikki | 2008-08-23 18:38 | 舞岡公園の虫 | Comments(12)