タグ:アシブトハナアブ ( 5 ) タグの人気記事

■ 春が来た (8)   11.3.25   (ナナホシテントウ、アシブトハナアブ、ナミホシヒラタアブ♂)

地震発生から2週間がたちました。ずっと前のような気がします。
考えてみると、この間に予定していた海外旅行と、飲み会を2回、中止して電車には乗っていません。

今日の午前中は青空がひろがっていた。午後になると崩れるという予報、昼前にきのうの撮り残しを捜しに散策に出た。
今日も虫さんです。


ナナホシテントウ   11.3.25   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/200,F8
e0070891_18514445.jpg
        きのう間違えたナナホシテントウを、カラスノエンドウの葉にいるところを見つけた。
        よく見るとアブラムシを「退治」しているところでした。


アシブトハナアブ ♂   〃   〃 1/800,F8
e0070891_203831.jpg
        枯れ葉にばかり止まって、見栄えのよい写真を撮らせてくれません。
        尻が尖ってみえるのが♂です。♀はふっくらした印象です。


ナミホシヒラタアブ ♂   〃   〃 1/200,F8
e0070891_18581287.jpg
        こちらは、花とのセットで撮れました。
[PR]
by higirinikki | 2011-03-25 19:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 春の息吹 (4)   10.3.15   (イタドリハムシ、ナナホシテントウ、アシブトハナアブ)

花曇りの空、西から雨域が広がっているようです。今日は休養日としました。

このところの暖かさで春の虫たちが動き始めました。


イタドリハムシ   10.3.11   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/250,F8
e0070891_18242474.jpg
        園路際の営農畑の斜面でオレンジ色の虫が飛んでいました。早春に姿を見せるイタドリハムシでした。
        飛び立つシーンを撮りたかったのですが、シャッターチャンスを掴むことができませんでした。


ナナホシテントウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18281383.jpg
        よく似た色の甲虫仲間です。
        こちらは枯れ葉の上で日光を浴びて温まっているようです。


アシブトハナアブ   3.14   〃   1/500,F8
e0070891_1831296.jpg
        こちらも早春から姿が目立つアブです。脚が太いのですが隠れて見えないですね、すみません。
        なお、これは♂、♀は同じ種とは思えないほど姿・形が違います。見つけられなかったです。
[PR]
by higirinikki | 2010-03-15 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)

■ 春の虫たち   09.3.16   (ニホンミツバチ、アシブトハナアブ、)

10~12日の散策で出会った虫たちです。

ニホンミツバチ ?   09.3.10   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/350,F8
e0070891_16213958.jpg


アシブトハナアブ   3.12   〃(no tri)    1/750,F5.6
e0070891_16223616.jpg


ハエの一種   〃   〃    1/180,F8
e0070891_1625015.jpg
        この花はフッキソウです。雌雄異花の説明は、 こちら をご覧ください。
[PR]
by higirinikki | 2009-03-16 16:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ 虻蜂、撮ったり!   08.10.11   (アシブトハナアブ、オオハナアブ、セイヨウミツバチ)

今日は月例のハイキング予定でしたが、夜明け前の降雨があって家を出る直前に 「今日は延期」とリーダーから連絡を受け、お休み日に。

9日の散策では、ひさしぶりに「虫の目」で花と虫との組み合わせ撮影を目指しました。


アシブトハナアブ   08.10.9   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_2174367.jpg
        ご覧のような太めの後肢が名前の由来でしょう。 ふっくらとした印象、胸の縦筋、これは♀です。 (コシロノセンダングサ)


オオハナアブ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_2182859.jpg
        黒とオレンジのツートーンカラー、かわいいアブです。 
        ご覧のように、複眼が互いに接しているのが♂です。 (ヒヨドリバナ)


セイヨウミツバチ   〃   〃   1/90,F8
e0070891_2193265.jpg
        この黄色い腹が特徴です。在来のニホンミツバチは腹は黒いのです。 (コセンダングサ)


オオハラナガツチバチ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_2110111.jpg
        スズメバチにも負けない大型のハチです。長い大きな腹が名前の由来でしょう。
        腹の黄色い筋が三本なので、これは♀です。雄には四本の筋があります。 (アザミ)


コガタスズメバチ?   〃   〃   1/90,F8
e0070891_21103030.jpg
        この時期、ノダケの花には必ずと言っていいほど、スズメバチが吸蜜か狩りにやってきています。
        真正面の顔が見えれば、これがオオスズメバチなのかコガタスズメバチなのか識別できるのですが。
        「スズメバチの正面顔を撮りたい」などということは、危険極まりない所業です。諦めました。 (ノダケ)
[PR]
by higirinikki | 2008-10-11 19:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 虻蜂撮ったり   08.3.23

今日の暖かさで各地で桜の開花が進んだようですが、こちらでも明日の雨が上がったあさってからどんどん咲き始めるのでしょう。
「春の花」シリーズを続けるとボツになってしまいそうなので、アブとハチの仲間を紹介しましょう。


ビロードツリアブ   08.3.15   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO400 1/500,F8
e0070891_1817925.jpg
        今年もこのアブを見る季節になったかと思わせる春先を先駆ける虫です。
        狐久保の草原、「星の瞳」の小さな花に肢をかけホバリングしながらの吸蜜です。
        この柔かそうな毛はまさにビロードのようです。触ってみたいものです。


セイヨウミツバチ   〃   〃(trimming) 1/500,F8
e0070891_1822583.jpg
        同じ場所でセイヨウミツバチも吸蜜・花粉収集活動に余念がありません。
        後肢に大きな花粉の玉がついていますね。


アシブトハナアブ   3.16   〃   1/500,F8
e0070891_1824488.jpg
        長久保の紅梅(?)で吸蜜活動している虫がいました。
        後肢が太いのでアシブトハナアブの ♂ であるとわかります。
[PR]
by higirinikki | 2008-03-23 18:29 | 舞岡公園の虫 | Comments(12)