タグ:アゼムシロ ( 7 ) タグの人気記事

■ これは何?   11.7.29   (カニクサ、タマネギ、アゼムシロ)

今日も蒸し暑い一日、なんだか梅雨の季節に戻ったようなはっきりしない天気。
ひさしぶりに午前中に散策に出ました。雨が落ちてくる中をとりとめもなく被写体探しをしてきました。

最近はブログお仲間を訪問してもコメントを残すことなく失礼ばかりをしています。
そんななか「はもよう」さん、「ディック」さんと「YAKUMA」さんの記事に触発された写真を撮ってきました。


カニクサ   11.7.29   PENTAX K20D 100mm/macroISO800 1/125,F8
e0070891_18113068.jpg
        前々から気になっていた草だかシダだかわからない植物。
        「はもよう」さんの記事で、「カニクサ」というツル性のシダであることを知りました。
        丈夫なツルなので子供が獲物のカニを吊り下げるのに使った、とのことです。
        このこまかく分かれた葉の全部を合わせて一枚の葉なのだとか。驚きのシダです。


タマネギ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18155939.jpg
        古民家の入り口に最近ぶら下がっているタマネギです。
        何の目的で下げているのでしょう?と、ブログに書いていたディックさんです。
e0070891_18171927.jpg
         これは我が家のタマネギの姿です。
        妻の実家から送られてきたタマネギは、こうして保存しています。


アゼムシロ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_1820795.jpg
e0070891_18202941.jpg
        最近、舞岡を訪れたディックさんが見つけられなかった、
        と「YAKUMA」さんの記事にコメントを寄せていた「アゼムシロ(ミゾカクシ)}です。
        よく探せば、畦に蓆を敷いたように草いっぱいになっている所も見つかりますよ。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-29 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ あぜの小さな花   08.7.28   (アゼムシロ、コケオトギリ、アゼナ)

連日の高温でイネの成育は順調のようです。コメ作りの要諦は水の管理だそうです。
北関東からは連日、雷雨のニュースが伝わってきますが、当地はほとんど雨が降りません。

田の草取りでは畦の草刈りもします、が、しぶとい草もあるものです。


アゼムシロ   08.7.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/90,F9.5
e0070891_18542916.jpg


コケオトギリ?   ヒメオトギリ?   〃   〃   1/90,F8
e0070891_18574574.jpg
e0070891_1858247.jpg



アゼナ   7.28   〃   1/45,F8
e0070891_1902740.jpg
        まぎらわしい写真ですが、右側はトキワハゼです。
[PR]
by higirinikki | 2008-07-28 19:02 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)

■ コケオトギリ、アゼムシロ、ミツバ   07.7.15

台風は本州南岸を通って勢力が衰えたようで、東日本ではさほどの被害は起きなかったようです。とはいえ、天候は落ち着かず散策には出ませんでした。
今日もおとといの画像です。


コケオトギリ   07.7.13   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO800 1/180,F8
e0070891_2125341.jpg
        21番田んぼの流れの縁で黄色い小さなを見つけました。
        午後遅いのでコケオトギリの一日花が落ちんばかりでした。
e0070891_21281055.jpg
        4番田んぼの山側の畦で大きな株が蕾をいっぱいつけていました。   1/15,F11
        昨年の記事 コケオトギリ  06.7.12 をご覧ください。


アゼムシロ   〃      1/60,F8
e0070891_21332131.jpg
               畦も草刈りされることが多いのですが、うまく時期・刈り込み方が合うと、
               このようにアゼにムシロ(蓆)を敷いたように繁茂します。
               小さい花はほとんど目に入ってきませんね。


ミツバ   〃      1/8,F8
e0070891_21374088.jpg
        この頃、園路脇の草むらに野生のミツバが伸びて、小さな白い花をつけています。
        野菜のミツバに比べて強い香りを出しています。花は小さすぎて、この日は撮影できませんでした。
        たまたま、隣りにはウマノミツバが大きめの花を咲かせていました。
[PR]
by higirinikki | 2007-07-15 21:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 接写で見る花   07.6.14

きのうの写真の中から、接写の楽しさを感じさせる写真を選びました。


ムラサキツユクサ   07.6.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F8
e0070891_20344269.jpg
        「谷戸見の丘」から道路橋を見渡せるフェンス際、草葉の陰に露に濡れたムラサキツユクサの花を見つけました。
        雄蘂が綺麗ですね。


アゼムシロ   〃   (trimming) 1/350,F5.6
e0070891_2041392.jpg
        名前の通りの「畦に敷いた蓆」状態にはまだ早い、アゼムシロの花をクローズアップしてみました。
        鳥の嘴に見えますか?


ヤマホタルブクロ   〃   ISO800 1/500,F8
e0070891_20451939.jpg
        ヤマホタルブクロに真上からの太陽光が当たって透けて見えていました。
        真下から覗いた光景は、どうかな? とAFで目見当でシャッターを切ること5回目で、この光景が撮れました。


Exblogのサーバー・メンテが行なわれて、やっと動作が少し回復したようです

[PR]
by higirinikki | 2007-06-14 20:52 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

初夏の野草  07.5.26

一週間ぶりの散策、暑い日ざしの中で初夏にずっと咲き続ける花たちが咲き始めていました。

ドクダミ   07.5.26   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_192739.jpg
        これから園内の日陰のいたる所で、長い間白い花を咲かせ続けます。
        民間薬として、虫さされ、切り傷、胃腸病など10種の薬効があることから、十薬とも呼ばれる、そうです。
        我家の庭には隣家から根が伸びてきて、雑草として引き抜いても絶滅できずはびこってしまいました。
        独特の臭気が、私は嫌いです。


ツユクサ   〃   1/125,F8
e0070891_19351980.jpg
        道端や草地、どこでも見られます。
        ご覧のように雄しべは6個ありますが、花粉を出すのは長くつきでた2個だけで、鮮黄色の葯がよく目立つ雄しべは飾りだそうです。


アゼムシロ   〃   1/500,F8
e0070891_1942216.jpg
        これから秋遅くまで田んぼの畦に「蓆」のように緑の草がみっしりとつきます。
        花も鳥の嘴のようで、よく見ると可愛い姿うをしていますね。


ミヤコグサ   〃   1/180,F8
e0070891_19461640.jpg
        小谷戸の里の庭の垣の元で群生していました。
        マメ科の花らしく蝶形の花です。豆果は黒く熟すと2つに割れて、果皮がくるくる捩れて種子を飛ばします。
[PR]
by higirinikki | 2007-05-26 19:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

アゼムシロ  06.7.6

舞岡公園の谷戸田は30数枚あって、それぞれがボランティア・グループによって管理・運営されている。因みに私は「谷戸学校12期生」のグループが担当している13A田んぼのグループに属しています。
各田んぼグループ員は、稲の収穫向上を目指して田の草取り、畦草刈りに精出しています。というわけで、田の中や畦には見事に「雑草」は駆除されています。
それでも、それを好条件として繁栄している草があります。それが今日紹介するアゼムシロです。

e0070891_21175034.jpgまず最も繁栄している個所、2,3番田んぼの境界の畦をご覧ください。まるで蓆(むしろ)で覆ったようにビッシリと青草が生えています。

近寄って見ると小さい花が点々とあります。
e0070891_21313514.jpg

花は1cmほどもないので目立たないのですが、さらに近寄って見ると、淡い紫色を帯びた5枚の花弁が片側に偏って、まるで鳥が羽根を広げたように見えます。鳥の顔も見えますね。
e0070891_2132513.jpg

アゼムシロは稲作が行われる地域に広く分布する水田雑草で、中国から東南アジアにも分布している小型の多年生草本で、名前の通り畦にむしろを敷いたように、あるいは別名「ミゾカクシ」の通り、水田周辺の溝が隠れて見えなくなるほどの群落を形成します。

ほかの畦でも見られますので、舞岡公園にお越しの節はぜひ探してみてください。
[PR]
by higirinikki | 2006-07-06 21:39 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

田んぼ周辺の草花  06.6.10

おとといの記事で「花がすくない」と書きましたが、田んぼまわりの畦や流れの縁には草刈を免れた草が「健気に」花・実をつけていました。

トキワハゼ
e0070891_20535752.jpg
撮影データ 06.6.10 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F5.6

トウバナ
e0070891_20555045.jpg

アゼムシロ
e0070891_20562389.jpg

ゴウソ
e0070891_20564891.jpg

ヘビイチゴ
e0070891_2057136.jpg

ツルマンネングサ
e0070891_20574512.jpg

カタバミ
e0070891_20581011.jpg


e0070891_20595126.jpg
おとといコゲラの雛がようやく巣立った近くの田んぼで田植えが行なわれていました。

[PR]
by higirinikki | 2006-06-10 21:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)