タグ:アミガサタケ ( 5 ) タグの人気記事

■ アミガサタケ   15.4.12

ひさしぶりの青空、小谷戸の里では「花見茶屋」と銘打って甘酒がふるまれていた。

まだ撮れていないツマキチョウ♂を求めて観察ポイントで待つが、多数飛んでいるのに、彼らのお目当ては花蜜や花粉ではなく配偶者のようで、とまることなく撮らせてくれない。

しょんぼり帰る途中、なんとアミガサタケが爆生している所を発見。数年前の爆生地が姿を消して以来、なかなか見つけられなかったキノコです。考えてみれば発生適地なのだが、目もくれなかった私。観察者として半人前です。


アミガサタケ   15.4.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/56,F9
e0070891_175135100.jpg
e0070891_175142100.jpg
e0070891_17514933.jpg
e0070891_17515682.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-04-12 17:52 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ 桜の季節に   12.4.25   (アミガサタケ、トガリアミガサタケ)

また天気は下り坂に向かっている。ひざしがだんだん少なくなってきた。

ちょっと紹介が遅れたのですが、サクラの季節がやってくると、まず桜の木の根元をのぞきこむ癖がついた。
場所によるが、園内で発生する所は毎年決まっているようです。


アミガサタケ   12.4.15   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/100,F8
e0070891_2164289.jpg
        ある年、下草を覆土ごと浚われてしまって姿を見せなくなったのですが、
        1本だけだが今年やっとまた姿を見せてくれました。


トガリアミガサタケ   12.4.1   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F3.3
e0070891_21111043.jpg
        上の場所のすぐ傍、頭にタガをはめられたように細くなっていますが、
        トガリアミガサタケだと思います。
[PR]
by higirinikki | 2012-04-25 21:13 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)

■ 雌雄異株の花 (3)   10.3.26   (サルトリイバラ、アオキ)

雨は上がりましたが寒い一日でした。最近、取り上げたテーマに関連した被写体を見つけました。


サルトリイバラ 雌花   10.3.26   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_1813961.jpg
e0070891_18134482.jpg


〃 雄花   〃   〃   1/80,F8
e0070891_18152133.jpg
e0070891_18154565.jpg
        園内某所の薮の中、雌雄の株がすぐ近くに揃っていました。
        花が咲き始めたばかりのようです。赤い実になるまでが楽しみです。


補足  先日見つからなかったアオキの雌花とアミガサタケが見つかりました。


アオキ 雌花   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18224526.jpg
        赤い実をつけた株で咲き始めていました。画面に両方入れたかったのですが、離れていて出来ず。


アミガサタケ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18253946.jpg
        「え?こんな所に」という所に見つけました。
[PR]
by higirinikki | 2010-03-26 18:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

アズマネザサの花  07.4.7

「ばらのまるの丘」の西側斜面の林床を覆っていた、アズマネザサの一部が刈り払われて、雑木林が明るくなりました。
園路際に刈り残された株をよく見ると、イネの花のような小さな白い花が風に揺れていました。

アズマネザサの花  07.4.1 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/20,F5.6
e0070891_2223062.jpg
アズマネザサは、東日本に多く、地下にある根茎(こんけい)をのばして殖(ふ)える常緑のササで、3~6mになります。葉は細長く、枝先(えださき)に5~10枚つけます。花は、イネに似ていて花びらはなく、おしべ3本、めしべは1本で先が3つにわかれています。

里山を利用する生活が行なわれなくなり、いつもきれいになっていた雑木林の林床は、落ち葉かきや下草刈(か)りが行われなくなると、生命力の強いアズマネザサが勢力(せいりょく)をのばし、林床をおおうようになりました。そうなると、その林床を彩っていた美しい草花は消えましたし、カブトムシなどを観察に入ることもできなくなりました。(「よこはまこども植物園だより 94号」 を参考に作成しました)

アズマネザサが刈り払われた斜面で、早速、珍しいモノを見つけました。

アミガサタケ  4.6 100mm/macro 1/250,F3.5
e0070891_22105948.jpg
サクラの木の根元で見つけました。フランス料理の食材となるそうです。

アマナの実  〃  1/250,F3.5
e0070891_22124727.jpg
4年前に、この園路際で花を目撃して以来、姿を消していたアマナですが、復活したと聞いていました。花がおわって実になっていました。来年以降も見られるとよいのですが。
[PR]
by higirinikki | 2007-04-07 22:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

アミガサタケ  06.4.4

e0070891_20335826.jpg
撮影データ 06.4.4 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8

ちょうど桜の花が散り始める頃に庭先や林の中などに発生する網目模様のある可食のキノコ。
舞岡公園某所で、去年と同じサクラの木の根元に見つけ出した。サクラの花びらは偶々あったので、やらせではありませんよ。
去年は4/24に撮影しているので、今年のサクラの開花がいかに早いかがわかる。
[PR]
by higirinikki | 2006-04-04 20:43 | 舞岡公園のキノコ | Comments(4)