タグ:イシミカワ ( 9 ) タグの人気記事

■ 古民家の花   14.8.31   (キツリフネ、タカサブロウ、イシミカワ)

早いもので今日で8月もおわり。すこし青空もあったが、夏バテしないよう休養日に。(田んぼ作業と案山子作りは欠席しました)

きのうの散策から、古民家で咲いていた花たちです。


キツリフネ   14.8.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/75,F4.5
e0070891_198557.jpg
        裏の池にはツリフネソウもあるはずだが、まずキツリフネが目に入りました。


タカサブロウ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_19105852.jpg
        いつもなら園路際で目にするのだが、今年は古民家で見つけた。
        アメリカタカサブロウというのもあるそうだが、見分ける「そう果」がまだついていないので、
        どちらかは不明です。

イシミカワ   〃   〃   1/42,F8
e0070891_19125717.jpg

e0070891_19124616.jpg
        先日紹介した蕾が「結実」していた。花の名残りで、口がちょっと開いている。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-31 19:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ツルに咲く花   14.7.19   (ウマノスズクサ、イシミカワ)

上空の大気が不安定で各地で大雨・雷が落ちている。いつ雨になるかわからないので、休養日に。

16日の散策で見た「ツルに咲く花」です。


ウマノスズクサ   14.7.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/250,F8
e0070891_20114987.jpg
        小さい葉がいっぱい、花もいっぱい。
        ジャコウアゲハ幼虫の食草ですが、卵も幼虫も見つからなかった。


イシミカワ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_20142454.jpg
        最近、小谷戸の里で見られるようになった。
        花も実も、これからのようです。
[PR]
by higirinikki | 2014-07-19 20:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 色とりどり   13.10.2   (ツリフネソウ、キツリフネ、イシミカワ)

また台風22号が接近して雨模様が続いている。

おとといの散策で、古民家裏庭で咲き始めた「色とりどり」の花と実です。


ツリフネソウ   13.9.30   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/160,F5
e0070891_1959488.jpg
        最近、繁殖域を広げているのに忘れていたツリフネソウ。
        ひょんなことで思い出して行ってみたら、満開寸前の状態でした。


キツリフネ   〃   〃   1/480,F5
e0070891_2021082.jpg
        裏庭の木橋にはみ出て黄色い花が咲いていた。


イシミカワ 実   〃   〃   1/1400,F5
e0070891_2041440.jpg
        以前、野生で見られたイシミカワですが、再三の草刈りで姿を消していた、と思っていた。
        「灯台下暗し」、事務所前の垣に絡んで「色とりどり」のをつけていた。


イシミカワ 花   10.3   〃   1/550,F5.6
e0070891_16511974.jpg

        (追加)   10.3
        きのう、実を花と勘違いしました。名誉挽回、花を撮ってきました。
        これが「花」。花びらに見えるのが花被、花はすこしの隙間の奥に見えます。
        こんな小さい隙間を通しての「授粉」、媒介するのは何でしょうね。

        授粉後、この花被はそのまま実を保護しながら、色を青や桃色に変わっていくようです。
[PR]
by higirinikki | 2013-10-02 20:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 色々の実 (2)   09.10.25   (ツルウメモドキ、ノブドウ、イシミカワ)

今日は田んぼ作業の締めくくり「脱穀」、雨のため室内での作業でした。収量は籾の状態で58kgでした。

23日の散策で見つけた「色々の実」つづきです。


ツルウメモドキ   09.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/60,F8
e0070891_17505128.jpg
        北門付近の大桑の木に絡んだツルウメモドキの実が色づいてきました。
        もっと引き寄せて撮影したいのですが、手近な所には蔓が下りていません。


ノブドウ   〃   〃    1/250,F8
e0070891_17535913.jpg
        どうして、こんな色々な色合いの実がなるのでしょうね。
        これは「瑠璃色」ですよね。


イシミカワ   〃   〃    1/30,F8
e0070891_17563718.jpg
        毎年生えている場所が強い草刈りに遭って、今年はみられないものとあきらめていました。
        でも、念のために行ってみたところ、虫食いだらけの小さな実が色づいていました。
        今年もあったぞ、という証拠写真であり、野生の強さを感じさせられたシーンでもあります。
[PR]
by higirinikki | 2009-10-25 18:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 今年初見の花   08.10.17   (コウヤボウキ、ヤツデ、イシミカワ)

きのうの散策では収穫が多かったのですが、その中で今年初見の花たちです。


コウヤボウキ   08.10.16   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/8,F13
e0070891_17584757.jpg
        「もう咲いているかな?」と思って行ってみた、いつも群生している所。
        グッドタイミング、満開でした。


ヤツデ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_1813840.jpg
        コウヤボウキを撮影中、ふと目を上げた視線の先にヤツデの新芽が?
        よく見ると、もう花が咲いていました。「これって、早くない?」(若者口調で)


イシミカワ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_186267.jpg
e0070891_1872552.jpg
        毎年つるを伸ばして花をつける場所があるのだが、竹柵の改修工事のため根こそぎ刈り取られて
        今年は見られないものと諦めていました。
        その竹柵の最末端部を何気なくみると、ありました。青紫色に色づいた花?が。
        よく見ると青白い蕾も。よかった、よかった。
[PR]
by higirinikki | 2008-10-17 18:13 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ イシミカワ   07.11.7

明日は立冬、だから今日は最後の「秋晴れ」の日でした。
「松原越休憩所」上の薮の中で、イシミカワの不思議な色合いをした実が、強い陽射しに輝いていました。
でも、かなり傷んでいました。近くに2種類の虫が吸汁に励んでいたので、原因はこれだと推定しました。


イシミカワ   07.11.7   PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/750,F8
e0070891_19555353.jpg



ゴマフリドクガ幼虫   〃   〃 (trimming)  1/1000,F8
e0070891_1959245.jpg
        きれいな毛虫がよじ登っていました。
        「綺麗な虫(?)には毒がある」と言うとおり、成虫はドクガです。気をつけなくちゃ。


クサギカメムシ   〃   〃 (trimming)  1/750,F8
e0070891_205167.jpg
        こちらは臭いにおいを発する虫です。
        先日のキバラヘリカメムシほどの鮮やかな色合いはありません。
        地味な模様です。
[PR]
by higirinikki | 2007-11-07 20:09 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 秋の草木の実   07.10.29

21日の日曜日の写真からです。
秋の草木の実が色づいていました。


イシミカワ   07.10.21   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/350,F5.6
e0070891_20404770.jpg


ミツバアケビ   〃   〃    1/40,F8
e0070891_20431667.jpg


ゲンノショウコ   〃   〃    1/90,F3.5
e0070891_20443028.jpg


ヒヨドリジョウゴ   〃   〃    1/180,F8
e0070891_20462666.jpg


チョウジタデ   〃   〃    1/250,F8
e0070891_20472431.jpg


トキリマメ   〃   〃    1/8,F6.7
e0070891_2049589.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-10-29 20:52 | 舞岡公園の草木 | Comments(12)

■ まだ真夏?   07.9.18

今日も高温が予想されていたが、昼前に急に曇って涼しくなった。
懸案の庭の草取り「やるっきゃないか」と出動。なぜか藪蚊が出ず、1時間半ほどで無事終了しました。
午後は「お疲れ休み」。涼しい風の抜ける部屋で大相撲をTV桟敷で見物しました。

13日の散策ではいっぱいの写真を撮っていました。このまま埋もれさせるわけにいかない画像です。


イシミカワ   07.9.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F6.7
e0070891_19422048.jpg
        「松原越休憩所」上の竹垣に毎年イシミカワのつるが伸びています。
        首を伸ばして薮の中を覗き込むと、クズの花をバックに綺麗に青紫色に色づいた実がありました。


コバノカモメヅル   〃   〃   1/180,F8
e0070891_19493595.jpg
        瓜久保で、ツルマメと競ってススキの茎に絡んで沢山の花をつけています。
        絡まる先がないままプロペラ形の花が咲いていました。


クリの実   〃   〃   1/90,F6.7
e0070891_2022514.jpg
        「松原越」には営農クリ林があります。
        台風の強風で落下したのでしょう、イガに守られた見事なクリの実が落ちていました。
        黙って持っていけば窃盗罪になります。惜しい気持ちで去りました。


ウラギンシジミ♂   〃   〃   1/125,F11
e0070891_208244.jpg
        この日は、3頭ものウラギンシジミに出会いました。
        めったに表翅をみせてくれないチョウですが、3頭ともに長時間ご開蝶姿を撮影させてくれました。
        オレンジ色は♂、♀は小柄で銀色の模様です。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-18 20:13 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

水辺の草 タデ科の草花  06.9.27

タデ科タデ属の草のうち、水辺で見られる草花を集めてみました。

      ミゾソバ
e0070891_2147204.jpg
      撮影データ 06.9.24 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200
      1/350,F5.6

谷戸田の山側の湿地で群生しているミゾソバが、例年より遅れて咲き出しました。
葉の形を牛の顔に見立てて、別名「ウシノヒタイ」ともいうそうです。花が終ると花びらが実を包みます。


      アキノウナギツカミ
e0070891_21473892.jpg
      同上  1/750,F5.6

ミゾソバの群落に混じっていて、同じような花が咲くので見分けにくいが、葉の形の違いで見わけてください。
茎に下向きについた棘が多く、「ウナギでもつかめる」ということからきた名前。葉は按針形で基部が矢尻形にはりだして茎を抱いている。


ママコノシリヌグイ
e0070891_21345043.jpg
同上  1/90,F8

棘の生えた茎で継子の尻を拭う、という恐ろしい名前だ。
葉は三角形で、筒状になった托葉の上部が円形になっているのが特徴。コンペイトウのような形に集まってついた花は、上部が赤く、下部は白い。


イシミカワ  05.9.18撮影
e0070891_21401414.jpg
花は緑色で小さく、ほとんど目立たないのですが、果実が色づいてくるとよく目立ってきます。果実は当初の白緑色から紅紫色に変わり、完全に熟すとルリ色になります。
今年は自生地の草刈りで目にできなくなりました。
[PR]
by higirinikki | 2006-09-27 21:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)