タグ:イチモジフユナミシャク ( 4 ) タグの人気記事

■ イチモジフユナミシャク ♀ 再登場   15.1.11

今日も乾燥した好天気、5日連続の散策ともなると鳥はジョウビタキに会っていないくらい。

ちょっと見慣れぬシーンが撮れたので、2日続きのフユシャク ♀ です。


イチモジフユナミシャク ♀   15.1.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO1600 1/70,F8
e0070891_2154147.jpg
        「初めて出会った種」 かな?と思ったが、ネット検索してみると、
        あの苔に擬態したイチモジフユナミシャク ♀ には 「黒化型」 というのがあるらしく、これが相当するようだ。


〃 ♀   〃   〃   ISO400 1/640,F8
e0070891_21575562.jpg
        また同じ木にいるところを見つけた。出会い記録として撮影した。
        PCで拡大して見てびっくり。 すぐ上にあるのは、抜け出た蛹の殻だろうか。
        「幼虫は夏の間に土の中に潜って蛹になる」 ということは確認できたが、蛹から羽化する場所が不明です。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-11 22:00 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャク第2弾 イチモジフユナミシャク   14.12.19

青空、無風、ちょっと寒いので 「小春日和」 とはいかない。
昼前の2時間ほど、ゆっくり散策。いくつかの収穫があったが、まずこの話題から。

最近の冬のマイブームは 「フユシャク探し」。先発の 「クロスジフユエダシャク」 に続く第2弾です。


イチモジフユナミシャク   14.12.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1000,F8
e0070891_18241120.jpg
        人気の鳥に向かって超望遠レンズが並ぶ傍で、地味な虫を見つけて興奮している私です。
        去年と同じイボタノキで、♂ と ♀ のペアを見つけました。

        微妙な距離に離れているのですが、気づかないのか、コトがおわったあとなのか。


〃 ♀   〃   〃   1/1500,F8
e0070891_18284165.jpg
        ちょっと分かりづらいのですが、短い翅が緑色で苔にそっくりなのです。
        苔に擬態して隠れているつもりなのでしょう。


〃 ♂   〃   〃   1/1100,F8
e0070891_18311337.jpg
        一見「クロスジフユエダシャク」に似た翅の紋様をしていますが、
        頭の近くにも細い筋があるので見分けがつきます。
[PR]
by higirinikki | 2014-12-19 18:34 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャクの仲間 (2)   14.1.17   (ナミスジフユナミシャク、シロオビフユシャク、ほか)

すこし寒さがやわらいだかな?風のない所の日溜まりが嬉しい。
今日は鳥の出が悪いようだった。

フユシャクの仲間に新顔が加わった。


ナミスジフユナミシャク ♂   14.1.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/180,F5.6
e0070891_18141512.jpg
        丸っこい拡げた翅と、波打つ筋。綺麗な蛾だ。


シロオビフユシャク ♂   〃   〃   1/120,F5.6
e0070891_18163282.jpg
        よく似た姿をした仲間が多い。間違いないだろうか?


イチモジフユナミシャク ♀   〃   〃   1/1400,F5.6
e0070891_18185445.jpg
        きのうとは別のガマズミの枝にとまっているところです。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-17 18:19 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャクの仲間(1)   14.1.16   (イチモジフユナミシャク、ウスバフユシャク、ほか)

今日16日は「地獄の釜の蓋が開く日」だとか。閻魔様に舌を抜かれぬよう清廉潔白な日々を送らなくては。

最近は、鳥か虫が探索・被写体。「冬の虫」といえば「フユシャク」がマイブームだ。散策の行き帰りの木柵は視線の大事な先。いろいろと♀を見つけるのだが、同定が至難の技。いい加減に名称をつけて、同好の「師」の意見を待つという手に出ます。


イチモジフユナミシャク ♀   14.1.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/240,F3.3
e0070891_19314953.jpg
        姿・形、これは間違いないと思います。
        「きざはしの谷戸」のイボタノキの幹に集団でいた。


ウスバフユシャク ♂   1.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/90,F5.6
e0070891_1936569.jpg
        はじめは「クロテンフユシャク」かと思ったが、横線が1本多いので違うと思い返した。

〃 ♀   1.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/90,F5.6
e0070891_19443273.jpg
        腹の先(お尻?)を持ち上げているのはフェロモンを発して♂を誘う「コーリング」という行為をしているのだろうか?


ナミスジフユナミシャク ♀   1.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F3.3
e0070891_19474448.jpg
        腹の横に点々と◎が並んでいるように見えるのが、同定の理由。 ?ですが。


シロフフユエダシャク ♀   〃   〃   1/90,F3.3
e0070891_19523449.jpg
        よく見かける姿をしているので、この時期のポピュラーな種かと思い同定した、のですが。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-16 19:48 | ・フユシャク | Comments(0)