タグ:イチモンジチョウ ( 7 ) タグの人気記事

■ 棘のある幼虫 3種   14.7.1   (キタテハ、イチモンジチョウ、シャチホコガ)

早くも今年も後半に。梅雨らしい、じっとりした晴れ間に散策に。
キノコの季節に入ったはずと、尾根道中心に下草を覗き込みながら歩いた。(その報告は後で)

歩き始めてすぐ出会ったのが、奇っ怪な鎧をまとった怪獣まがいの幼虫。27日に出会っていた痛そうな棘を持った幼虫2種と一緒に紹介します。


シャチホコガ幼虫   14.7.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO3200 1/45,F8
e0070891_1950071.jpg
        見たこともない姿。散策お仲間のKoさんに会ったので訊いた。
        「シャチホコガでしょう」 とのこと。その 「終齢幼虫」 に会ったことはあるが、これは中齢幼虫らしい。
        まさにエイリアンです。


キタテハ幼虫   6.27   〃   1/52,F8
e0070891_1955444.jpg
        今年の初見の幼虫です。初めて会った時も、Koさんに名前を教えてもらったものだった。
        幼虫の食草はカナムグラだとのことだが、この葉はどうかな?


イチモンジチョウ幼虫   〃   〃   1/40,F6.4
e0070891_19591998.jpg
        スイカズラの葉の上に見つけた。まさに幼虫の食草ですね。
[PR]
by higirinikki | 2014-07-01 20:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ イボタノキに集まるチョウ   12.6.4   (アオスジアゲハ、イチモンジチョウ、コミスジ)

里山は、ウツギやミズキが盛りを過ぎて、ヤマボウシの白い花が目立つ。
白い花といえば、イボタノキはウラゴマダラシジミ幼虫の食草なので、よく観察している。
「なんでも被写体」として撮影しているので、「外道」といっては可哀そうだが多くのチョウの写真も集まってくる。


アオスジアゲハ   12.6.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_1955059.jpg


イチモンジチョウ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1972577.jpg


コミスジ   6.1   〃   1/160,F8
e0070891_1984723.jpg


モンシロチョウ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_19113657.jpg


キタキチョウ   6.2   〃   1/400,F8
e0070891_19135859.jpg


キタテハ   5.29   〃   1/400,F8
e0070891_19154694.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-06-04 19:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初夏の蝶 (2)   10.5.30   (アカボシゴマダラ、キタキチョウ、イチモンジチョウ)

北の冷気が流れこんで寒いのだそうで、今日も寒い曇り空。休養日です。
さきおとといの散策で見つけたチョウたちです。


アカボシゴマダラ 春型 ♀   10.5.30   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/160,F8
e0070891_19524583.jpg
e0070891_1953158.jpg
        これも某氏から教えられたポイントです。
        園内で増殖しているアカボシゴマダラ、蛹で越冬・羽化した春型です。
        ちょっと遠目でしたが、白い姿。黒い線が薄めなので♀だと思います。


キタキチョウ   〃   〃   1/320,F13
e0070891_19591279.jpg
e0070891_19592662.jpg
        濃黄色の新鮮なキチョウです。成虫越冬したキチョウから春になって生まれた「一化」の個体でしょうか?


イチモンジチョウ   5.28   〃   1/1000,F8
e0070891_2042727.jpg
e0070891_2044321.jpg
        イボタノキの白い花には多種類の昆虫がやってきます。
        イチモンジチョウの表翅をしっかり撮れませんでした。
[PR]
by higirinikki | 2010-05-30 20:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ イボタノキに集まったチョウ   09.519   (アカシジミ、イチモンジチョウ、アオスジアゲハ)

ゼフィルス(ギリシャ神話の"西風の神"の意味)と称される可憐なシジミチョウの仲間がいます。
そのひとつアカシジミが出現したという情報に誘われ、よく見られるクリの林へ出かけました、が見つかりません。

園内にたくさんあるイボタノキの白い花が満開近くなっています。某所のイボタノキには、毎年、多くのチョウやハチがやってきます。
今日も、まさかと思ったアカシジミ、いつも見られるイチモンジチョウとアオスジアゲハが乱舞していました。


アカシジミ   09.519   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/250,F8
e0070891_18381524.jpg


イチモンジチョウ   〃   〃 1/125,F8
e0070891_1840040.jpg


アオスジアゲハ   〃   〃 1/125,F8
e0070891_18412622.jpg
e0070891_18414325.jpg
e0070891_18415916.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-19 18:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ タテハチョウの仲間   08.5.31   (イチモンジチョウ、キタテハ、サトキマダラヒカゲ)

今日も肌寒い一日でした。草花の在庫が少なくなってきましたので、「虫Blog」に戻りますね。
先週末から出会ったタテハチョウの仲間たちです。


イチモンジチョウ   08.5.22   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_18232399.jpg
        大きさ (前翅長)28-42mm
       時 期 5-10月
       分 布 北海道・本州・四国・九州
       黒地に鮮やかな一文字模様を持つタテハチョウの仲間。
       渓流沿いの樹林周辺に生息し、草原や林の周辺をフワフワと飛ぶ茶色いチョウ。
       裏翅は綺麗な模様をしていますが、表翅を見せてとまっていることが多いのです。

       このチョウは瓜久保の休憩所前で飛んでいて葉にとまりました。
       そっと近づいても飛び立たずに、“超”接近させてくれました。


キタテハ   5.26   〃    1/125,F8
e0070891_18294389.jpg
        大きさ (前翅長)22-34mm
        時 期 3-11月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        黄色地に黒い紋があるタテハチョウ。
        初夏から真夏にかけて現れる夏型(地色が黄色っぽい)と、秋に現れてそのまま越冬する秋型(地色がオレンジっぽい)がある。

        水車小屋近くのマユミの花の中にいた、このチョウは夏型でしょうか。


サトキマダラヒカゲ   〃   〃    1/15,F8
e0070891_18334327.jpg
        大きさ (前翅長)26-39mm
        時 期 5-8月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        樹木の周辺を活発に飛び回る茶色っぽい蝶。幼虫の食草は、ササ、タケ類
        山地にはよく似たヤマキマダラヒカゲがいる。

        クリの花に集まるアカシジミを探しに雑木林の山に登ってみました。
        お目当てのチョウはいず、サトキマダラヒカゲがとまっていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-31 18:46 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■今日のチョウ  ミドリシジミ ほか   07.6.17

今日は、舞岡公園開設15周年記念「作品展」の打ち合わせ、田んぼの草取り作業、が午前中にありました。昼食後、4時頃までまたKoさんと同行して散策。
4種目のゼフ 「ミドリシジミ」 に出会いました。それまでに撮影できたチョウも全部掲載します。


ミドリシジミ   07.6.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/90,F8
e0070891_21245627.jpg
        名前の由来は♂の表翅のメタリックに輝く緑色だそうです。
        この個体は♀、表翅を見せてはくれませんでしたが、瓜久保・かっぱ池手前
        幼虫の食草であるハンノキ(榛ノ木)の幹に腹先を押し付けて産卵行動をとっていました。
e0070891_21304894.jpg
        背景はショウブです。


イチモンジチョウ   〃   1/90,F8
e0070891_21341041.jpg
瓜久保奥の草原、チドメグサの葉にとまっているところを正面から。


ベニシジミ   〃   1/180,F8
e0070891_21355119.jpg
        かっぱ池の表面が発生した藻のためでしょうか、オレンジ色に染まっています。


ヒカゲチョウ   〃   1/30,F8
e0070891_21375099.jpg
        瓜久保近くの梨園の垣、ヒノキ(?)の葉にとまっていました。


テングチョウ   〃   1/250,F5.6
e0070891_21402267.jpg
        舞岡川源流、エゴノキから舞い降りてきてロープにとまりました。
[PR]
by higirinikki | 2007-06-17 21:42 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

ウツギの花に集まるイチモンジチョウほか  06.5.25

e0070891_18473624.jpg
撮影データ 06.5.25 PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO800 1/1000,F8

今日は近年にない爽やかな日本晴れ。舞岡公園・長久保前のウツギが満開になっていました。近づいてみて驚きました。各種のチョウやハチが花粉・蜜・獲物の収集に乱舞していました。
とくに「イチモンジチョウ」が数頭いたのにはびっくり。黒い小型のアゲハもいたのですが撮影できませんでした。
さらに驚いたのが「スズメバチ」までお出ましになったこと。小さな虫たちが集まっている所は狩猟の場なのでしょう。

e0070891_18593550.jpg○○ヒョウモン?

e0070891_191727.jpgモンシロチョウ

e0070891_192220.jpg(ヒメ?)スズメバチ
[PR]
by higirinikki | 2006-05-25 19:10 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)