タグ:イヌコウジュ ( 3 ) タグの人気記事

■ 秋の草花   11.9.8   (ヤハズソウ、ブタクサ、イヌコウジュ)

秋めいたとはいえ、昼間は真夏日のような暑さでした。

きのうの散策で見つけた「秋の草花」です。


ヤハズソウ   11.9.7   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_20151530.jpg
        「おおなばの丘」の斜面で赤紫色の小さな花が目に入りました。
        この葉の縞模様で「ヤハズソウ」であることを思い出しました。


ブタクサ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_20173471.jpg
        「花粉症の元凶」とされているブタクサの黄色い花が目につくようになりました。
        カノコガがぶらさがっていました。


イヌコウジュ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_2020594.jpg
        いつも「これはイヌコウジュだったかな?」と思い惑わせる花です。


          乾いた空気が西の空の夕焼けと富士山のシルエットを見せてくれました。
          わが家の二階の窓からの眺めは、見た目には、もっと暗く赤い空でしたが。
e0070891_20415230.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-09-08 20:21 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 秋の花   10.9.19   (シロバナサクラタデ、コミカンソウ、イヌコウジュ)

乾いた風だが暑さはまだ残っています。朝の歩きを終えた後は休養日としました。

15日の散策で見つけた花たちです。


シロバナサクラタデ   10.9.15   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/40,F8
e0070891_1845634.jpg


コミカンソウ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1863638.jpg


イヌコウジュ ?   〃   〃   1/50,F8
e0070891_1875733.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-09-19 18:08 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ヒメジソ と イヌコウジュ   07.10.2

前から一部の方にお約束していたテーマです。
気に入った写真が撮れたら、と考えているうちに花期がおわりかかってきました。
なんとか間に合わせることができました。


ヒメジソ と イヌコウジュ は一見、全体の雰囲気や花の形が区別しにくいほど似ています。
まず、をご覧ください。


イヌコウジュの花   07.9.13   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/30,F8
e0070891_18532954.jpg
        淡紅紫色の小さい唇形花が多数集まった長さ4~10cmの花穂で、下から咲きあがっていきます。
        萼も上下2唇に分れ、先が鋭くとがっています、ね。


ヒメジソの花   9.24   〃   1/180,F8
e0070891_192216.jpg
        花は淡い色のものが多く、白色のものもある。花穂は長さ3~7cm。
        萼片の先はあまりとがっていない、ですね?。


つぎに、をご覧ください。



イヌコウジュの葉   10.2   〃    1/30,F8
e0070891_1912863.jpg
        葉は対生し、長さ2~4cm、幅1~2.5cmの卵状按針形で、ふちにはごく浅い鋸歯がある。
        小谷戸の里・古民家の横の花壇で数本の株があり、花期はほぼおわりかかっていた。


ヒメジソの葉   10.1   〃    1/20,F13
e0070891_19214497.jpg
        全体にイヌコウジュに似ているが、葉はイヌコウジュより薄く、ふちは粗い鋸歯が目立ちます。
        10番田んぼ付近の流れのふちに数本が自生しています。


これだけの解説文では違いがよくわからい方は、はもようさんの公園おさんぽ日記」●ヒメジソ をご覧下さい。
[PR]
by higirinikki | 2007-10-02 19:29 | 舞岡公園の草木 | Comments(14)