タグ:ウスバキトンボ ( 3 ) タグの人気記事

■ トンボ   11.10.11   (アキアカネ、ウスバキトンボ)

今日の午後は東京下町の母校、高校同窓会HPリニューアルの最終打ち合わせに出かけてきました。
第1次の目標は「完遂」しました。

6日の散策で出会ったトンボです。


アキアカネ   11.10.6   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_2311675.jpg

e0070891_2312192.jpg



ウスバキトンボ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_23135116.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-10-11 23:14 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ トンボ3種 (2)   09.8.17   (ウスバキトンボ、ギンヤンマ、シオカラトンボ)

田んぼの青いネットの上はトンボが群れ飛んでいます。繁殖の場を求めて、上手にネットを潜り抜けて出入りする小型トンボもいます。


ウスバキトンボ   09.8.14   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_18165056.jpg
        ウスバキトンボは低温に弱く、冬を越せません。
        神奈川県内で見られるものは、その年、発生を繰り返しながら南方から北上してきたもの。
        この個体はどこから飛んできたものでしょうか。また、ここで次世代を残せるのでしょうか。


ギンヤンマ   8.15   〃   1/400,F8
e0070891_18203889.jpg
        古代蓮が植栽されている24番田んぼ。
        そのハスの葉の上でギンヤンマのペアが翅を休めていました。
        ギンヤンマは、かつては神奈川県内のどこでも数多く見られたが、
        県内のヤンマの中ではもっとも身近に見られるとはいうものの、かつての面影はない、という。


シオカラトンボ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18231627.jpg
        その隣りのハスの茎にはシオカラトンボのペアも翅を休めています。
        シオカラトンボとは、成熟して水色になったオスにつけられた名前で、茶色いメスは俗にムギワラトンボと呼ばれる。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-17 18:28 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 赤とんぼ   07.9.28

きのうの続きで「あかとんぼ」を集めました。


ナツアカネ ?   07.9.26   PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/90,F16
e0070891_2195477.jpg
        瓜久保かっぱ池の畔の草の先にとまっていた赤とんぼです。
        アキアカネの可能性もあるのですが、まだ山地から戻ってきた形跡がなく、
        谷戸田にも飛んでいません。
        胸の模様がわかれば判別できるのですが。


ノシメトンボ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_21153536.jpg
        「宮田池」の柵の上にとまっていました。
        接近しても逃げなかったのは何か理由があるのかな?と思うほどでした。


ウスバキトンボ   9.25   〃(trimming) ISO800 1/1500,F6.7
e0070891_21192945.jpg
        なぜか2番田んぼだけで、青いネットの上を赤とんぼの群れが飛び交っていました。
        飛翔中の姿を撮ってみました。オレンジ色っぽい体です。
        脚を折り畳んで体側にくっつけているのですね。


ショウジョウトンボ   8.28   〃(trimming) ISO200 1/60,F11
e0070891_21291515.jpg
        「宮田池」の中の枯れ枝の先に真っ赤なとんぼがとまっていました。
        ネキトンボかな?と思いましたが、腹が丸くなくペチャンコなのはショウジョウトンボです。
[PR]
by higirinikki | 2007-09-28 21:23 | 舞岡公園の虫 | Comments(12)