タグ:ウスバフユシャク ( 6 ) タグの人気記事

■ フユシャクの♀ 2種   15.2.15   (ウスバフユシャク、クロバネフユシャク)

今日も晴れて温かな一日だった、と書こうとしたら、夕方から強烈に冷たい北風が吹き出した。明朝は寒いだろうな、早朝歩きが思いやられる。

きのう「フユシャク不作の年」としたが、成虫♀は時々見つけているが、単独個体では同定困難。それらしき名前をつけるが、自信はまったくなしです。


ウスバフユシャク   2.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO1600 1/480,F8
e0070891_21284178.jpg
        いつもじっとしているところしか見ないのだが、
        今日は活発に動いていた。これだけ動けるのならば、木柵の上でもどこへでも行けるな。

   15.2.12   〃   1/28,F8
e0070891_21315557.jpg
        こちらは暗いところでじっとしていた。


クロバネフユシャク   2.11   〃   1/350,F8
e0070891_2133269.jpg
        黒っぽくて、翅がない、この特徴は「クロバネフユシャク」♀と見立てたのだが。

   2.14   〃   1/80,F8
e0070891_21353847.jpg
        同じ理由からです。
[PR]
by higirinikki | 2015-02-15 21:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ クロテンフユシャクとウスバフユシャク   15.1.20

2か月ぶりに高校同窓会WEB委員会に出かけた。軽く打ち上げをして帰宅。午後8時前の自宅近くは、底冷え厳しい寒さだった。

出かける前の1時間の急ぎ散策で、フユシャク第4弾のクロテンフユシャクと、交尾するウスバフユシャクと♀らしき個体に出会った。


クロテンフユシャク   15.1.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/105,F8
e0070891_21531161.jpg
        木柵にとまっていました。
        ウスバフユシャクとよく似た姿をしていますが、下の写真と見比べると相違点を見つけることができるでしょう。


ウスバフユシャク   〃   〃   1/160,F8
e0070891_21563489.jpg
        どこが違うかお気づきになりましたか?
        黒い筋の先が真っ直ぐ、クロテンフユシャクは直角ちかく曲がっていますね。

   〃   〃   1/38,F8
e0070891_215829100.jpg
        交尾中かどうか確かめるため、翅がめくれるように息を吹きかけたところ、肢を滑らせて下に落ちてしまった。
        なんと交尾中だったのです。 撮影後、元の柵にもどしてやった。

e0070891_2242762.jpg
        よく見ると、♂ の翅の右側から♀の肢がすくなくも2本、はみ出ていました。

〃 ♀ ?   1.18   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/100,F3.3
e0070891_2283534.jpg
e0070891_2285539.jpg
e0070891_2293183.jpg
        18日に出会った ♀ です。 
        尻先を高く持ち上げているのは、♂ を呼ぶフェロモンを蒔く「コーリング」中でしょうか。
        交尾中でないと、単独では同定が難しいのですが、「ウスバフユシャクの ♀ 」 とします。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-20 22:10 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャク ♂ 第3弾   15.1.10   (ナミスジフユナミシャク、ウスバフユシャク)

今日も冷え込みが予想されたが、風が弱く日向ぼっこにはいい天気。
園内は珍しい鳥撮りに来るカメラマンで大賑わい。2時間あまりの散策でおこぼれを頂戴したが、その報告は後日また。

フユシャクの♂、3,4種目に出会った。♀は、明確な特徴を持っていないと、交尾している時の姿を撮影しないと同定不能の状態です。


ナミスジフユナミシャク   15.1.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO1600 1/85,F8
e0070891_1864689.jpg
        木柵ばかりを捜しているだけではフユシャクの♂には、なかなか出会えないもののようだ。
        やっと今シーズンの初見です。丸みのある翅、黒白の紋様が綺麗な姿をとらえました。


ウスバフユシャク   1.10   〃   1/240,F8
e0070891_18103547.jpg
        後翅の黒い筋が曲がっていると「クロテンフユシャク」ですが、こちらは真っ直ぐです。
        光線が当たって翅が綺麗に見えました。


以下は、今シーズンの出現時期のおわりかと思われる最近の目撃画像です。


チャバネフユエダシャク ♀   1.10   〃   1/50,F8
e0070891_18152111.jpg


イチモジフユナミシャク ♀   1.7   〃   1/420,F8
e0070891_18162847.jpg


クロスジフユエダシャク ♀   14.12.31   〃   1/85,F8
e0070891_1819326.jpg
        ひさしぶりに出会ったので、もしや別種かもしれませんが。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-10 18:20 | ・フユシャク | Comments(0)

■ 交尾するフユシャク 2種   14.1.31

「運転免許証の更新期間が満了する日における年齢が70歳以上」となるので「高齢者講習」を受講してきました。まだまだ免許を返上するつもりはありません。安全運転を心がけよう。

まだフユシャクの仲間の姿を見ることができます。


交尾するクロテンフユシャク   14.1.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/75,F7.1
e0070891_2126859.jpg
        いつもの山道の木柵の隙間で交尾するペアを見つけました。
        雄の翅が風でめくれて交尾状態が見えました。

        下のそれぞれの個体は、上のペアと同じと思われます。

〃 ♂   〃   〃   ISO400 1/50,F8
e0070891_21253910.jpg


〃 ♀   〃   〃   1/400,F8
e0070891_212756.jpg



交尾するウスバフユシャク   1.31   〃   ISO800 1/220,F5.6
e0070891_21325068.jpg

e0070891_21334529.jpg
        上翅の黒い線が真っ直ぐなのがウスバフユシャク、曲がっているのがクロテンフユシャクです。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-31 21:26 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャクの仲間(1)   14.1.16   (イチモジフユナミシャク、ウスバフユシャク、ほか)

今日16日は「地獄の釜の蓋が開く日」だとか。閻魔様に舌を抜かれぬよう清廉潔白な日々を送らなくては。

最近は、鳥か虫が探索・被写体。「冬の虫」といえば「フユシャク」がマイブームだ。散策の行き帰りの木柵は視線の大事な先。いろいろと♀を見つけるのだが、同定が至難の技。いい加減に名称をつけて、同好の「師」の意見を待つという手に出ます。


イチモジフユナミシャク ♀   14.1.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/240,F3.3
e0070891_19314953.jpg
        姿・形、これは間違いないと思います。
        「きざはしの谷戸」のイボタノキの幹に集団でいた。


ウスバフユシャク ♂   1.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/90,F5.6
e0070891_1936569.jpg
        はじめは「クロテンフユシャク」かと思ったが、横線が1本多いので違うと思い返した。

〃 ♀   1.16   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/90,F5.6
e0070891_19443273.jpg
        腹の先(お尻?)を持ち上げているのはフェロモンを発して♂を誘う「コーリング」という行為をしているのだろうか?


ナミスジフユナミシャク ♀   1.13   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F3.3
e0070891_19474448.jpg
        腹の横に点々と◎が並んでいるように見えるのが、同定の理由。 ?ですが。


シロフフユエダシャク ♀   〃   〃   1/90,F3.3
e0070891_19523449.jpg
        よく見かける姿をしているので、この時期のポピュラーな種かと思い同定した、のですが。
[PR]
by higirinikki | 2014-01-16 19:48 | ・フユシャク | Comments(0)

■ フユシャク 2種   13.12.23   (ウスバフユシャク、クロオビフユナミシャク)

曇り空の寒い日だったが、「天皇誕生日」。年末の気忙しい時期だが、陛下の忙しい日々にくらべればなんということもない。

また木柵で初見のフユシャクに出会った。


ウスバフユシャク ♂   13.12.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/450,F4.5
e0070891_1750980.jpg
        黒い点が見えたので「クロテンフユシャク」かなと思ったが、
        「一寸野虫」さんの「フユシャク図鑑」で確認すると
        外横線が「く」の字に折れる、のが「クロテンフユシャク」。  過去記事 もご覧ください。
        この個体のように、真っ直ぐなのは「ウスバフユシャク」ということだった。



クロオビフユナミシャク ♀   〃   〃   1/160,F5.6
e0070891_1812651.jpg

   12.21   〃   1/220,F5
e0070891_1815847.jpg
        
[PR]
by higirinikki | 2013-12-23 18:05 | ・フユシャク | Comments(6)