タグ:ウソ ( 11 ) タグの人気記事

■ 正月4日のウソ   15.1.4

三が日が過ぎた4日の日曜日。鳥撮りカメラマンが大勢やってきた。お目当ては、例の幻の鳥。
当方は散策初めに出会ったウソに集中していた。ら、「あれ?電池切れ警告」 が出た。
しばらくして電池切れに、正月早々 「こいつは縁起がわるいはえ」。泣く泣く帰途に就く。


ウソ ♂   15.1.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/180,F8
e0070891_21392586.jpg
        いつものカエデの木にいたのは♂1羽、♀2羽。残り少なくなったカエデの翼果を啄んでいた。

〃 ♀
e0070891_21414721.jpg
        逆さまになって実を摘まんでいる。

〃 ♀
e0070891_21424518.jpg
        もうひとつの餌場、あまり美味そうには見えないウツギの実です。
        こちらは、まだだいぶ残ってみえます。
[PR]
by higirinikki | 2015-01-04 21:44 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ウソ   14.12.25

曇り空から雨が落ちてくる冬の日、ちょっと外出。

きのうの収穫のひとつ、思いがけず出会った 「ウソ」 の ♂ ♀ です。


ウソ ♂   14.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO800 1/120,F8
e0070891_17452891.jpg
        カメラマンの姿が見えたので、そっと近づいて上を見た。雌雄のウソがいました。
        カエデの紅葉がまだ残っている、その実を啄んでいるのだろうか。
        何年ぶりかの出会いです。


〃 ♀
e0070891_17482538.jpg
e0070891_17484481.jpg
        ちょっと動く人がいて、気づいたのか下草の枯れ葉の中に下りた。
[PR]
by higirinikki | 2014-12-25 17:50 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ ウソ4態   13.2.2

朝からの雨とともに気温が上がって、昼に青空になった時には気温が20℃を越えていたようだ。
春先の服になって散策に。

しばらく見なかったウソに会った。最近は♀が見られるらしい。1羽だけでウツギの実を齧りとっていた。
長い間、すぐ近くから撮影させてくれた。


ウソ ♀   13.2.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/420,F5.6
e0070891_20274111.jpg
e0070891_20281497.jpg
e0070891_20282389.jpg
e0070891_20284294.jpg


ウソ 肢
e0070891_20295011.jpg


ウソ 食事風景
e0070891_20323749.jpg
e0070891_20323911.jpg
e0070891_2033666.jpg
e0070891_2033659.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-02-02 20:34 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 陽ざしの中の鳥 (2)   13.1.21   (コジュケイ、ウソ、モズ)

風が弱く穏やかな日。猛禽が出たのか、鳥の姿がすくない。キクイタダキをすぐ近くで見たのにメジロと思い込んで撮り損なった。

きのうの散策から。


コジュケイ   13.1.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1600,F8
e0070891_19473742.jpg
        アリスイが出てほしい所ですが、ひさしぶりにコジュケイが出てくれた。


ウソ   〃   〃   1/480,F8
e0070891_19504865.jpg
        ソシンロウバイの向こう側にとまったウソ。
        1羽だけでじっととまっていた。


モズ ♂   〃   〃   1/1600,F8
e0070891_19534098.jpg
        ちょっと遠めだが、多くのカメラマンがレンズを向けていた。
[PR]
by higirinikki | 2013-01-21 19:54 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 雪の中のアカウソ   13.1.19

今朝も冷え込んだようだが、日中は風も弱くひなたはすごしやすかった。
家の前の道路際に積んだ雪が融けずに氷になっていて危ない。シャベルで叩き割って陽に当てて溶かした。

きのうの園内某所、アカウソの群れがイノコヅチの小さな小さな実を頬張っていた。


アカウソ   13.1.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/450,F8
e0070891_17391036.jpg


アカウソ ♀   〃   〃   1/1100,F8
e0070891_17432342.jpg


アカウソ ♂   〃   〃   1/600,F8
e0070891_17441912.jpg

e0070891_17443985.jpg
        この胸の赤さからすると、これはアカウソかもしれない。
[PR]
by higirinikki | 2013-01-19 17:46 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 新春の鳥たち   13.1.4   (シジュウカラ、ジョウビタキ、ウソ)

正月3が日につづいて今日も青空、ほんとに寒い。でも、本格散策を開始する。10時から2時間ほど、常連の鳥たちに出会った。
昨年1ヶ月ほど「習作」と称して鳥撮りに専念してきたが、「そろそろ習熟しなくちゃ」とばかり、じっくりとカメラを構えることにします。


シジュウカラ   13.1.4   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/1600,F8
e0070891_18563970.jpg
        古民家裏庭でメジロと混群でやってきた。
        黒光りする立派なネクタイを締めた雄のようです。


ジョウビタキ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_185832100.jpg
        いつもの場所で、いつものポーズ。
        「今年もよろしく」


ウソ   〃   〃   1/450,F8
e0070891_1905849.jpg
        今日はウツギの実をお食事していました。
        実のまわりの邪魔な殻をプイっとするシーンが撮れない。
[PR]
by higirinikki | 2013-01-04 19:02 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥撮り習作 (19) ウソ   12.12.27

曇り空から午後になって急に青空が広がってきた。正月の来客にそなえて布団干しに精出す。並行して、やっと年賀状の宛名書きにとりかかって終えた。一安心。

24日の散策では、20日と同じ場所でウソの群れに会った。ナギナタコウジュの小さな小さな実を啄んでいた。


ウソ   12.12.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/450,F8
e0070891_17354773.jpg
        先着カメラマンのレンズの先、梅の新芽を啄むウソ♂がいた。
        花が少なくなるので、あまり食べ過ぎないでね。


e0070891_17373293.jpg
        飛び込んだ先は、竹垣の中。

e0070891_17411258.jpg
        その先にはナギナタコウジュの群落があって、先客がいた。

e0070891_174284.jpg
        どうもウソには「頬張る」癖があるようで、嘴の先は実の殻だらけだ。

e0070891_17434158.jpg
        ファインダーの視野には4羽の♂が競って啄んでいた。

e0070891_17444435.jpg
        地面に降りたっているのは雌雄1羽ずつだった。
[PR]
by higirinikki | 2012-12-27 17:45 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 鳥撮り習作 (14) ウソです   12.12.20

朝は氷点下近くまで下がったよう。 風がないので日溜まりはそれほど寒くはないが、本格的な冬だ。
となれば、いろいろな冬鳥がお目見えしている。 それらは後回しにして、やっと撮れたウソです。


ウソ   12.12.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/1300,F8
e0070891_17233927.jpg
e0070891_17235184.jpg
e0070891_1724473.jpg
e0070891_17241578.jpg
        場所は内緒です。
        「ひっ、ひっ」 という声がすぐ近くから聞こえてくる。 と、思いがけなく目の前に飛び出てきた。
        雄三羽が、入れ替わり立ち替わり、目の前に現れる。
        すぐ近くにスケッチグループの人たちがいるが、気づかれないようシャッターを切り続けた。
[PR]
by higirinikki | 2012-12-20 17:28 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 荒起こし   12.11.11

今日は、コメ作りの一年、最後の作業「荒起こし」に参加した。午後から雨の予報が出ていて、午前中は冷たい風が吹く、寒い一日だった。
朝は定例の早朝歩き、午後は小谷戸の里での会議に出る、日に3回公園に出かける忙しい一日でもあった。


朝の17番田んぼ   12.11.11   FinePix F200EXR ISO800 1/320,F3.3
e0070891_20374931.jpg


作業開始
e0070891_20383865.jpg
        ピカチュウ案山子の立つ田んぼで、Su指導員の最初の鍬が入った。

泥田の作業
e0070891_2040189.jpg
        いつもの年と違って、水が溜まっていて鍬を入れると泥がはねる。
        ねっとりした土なので「天地返し」をするのが容易ではなかった。

畦の補強
e0070891_20424558.jpg
        並み居る男を差し置いて、Ni夫人が重い「畦叩き棒」で畦の土を固める作業をした。


ウソ ♀
e0070891_20444642.jpg
        帰り道、カメラマンが集まっていた。
        コンデジでは拡大しても、こんな画像ですが、5年ぶりにやって来たウソでした。
[PR]
by higirinikki | 2012-11-11 20:46 | コメ作り | Comments(4)

人馴れしてきた鳥たち  07.1.16

また被写体が鳥に戻ってしまいます。
11日は、「自然観察会」でバードウォッチングを担当するAさんと、短時間でしたが一緒に散策しました。
不思議なことに、至近距離にいる鳥さんたちと出会い、200mmレンズでそこそこの大きさで撮らせてくれました。冬鳥シーズンが深まって来るとともに、野鳥も人の近くにいる方が猛禽類や猫などに襲われずにすむ、ということを学習してくるからだと思われます。
いいことなのか、悪いことなのか、痛し痒しの状態です。

カワセミ  07.1.11 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F5.6
e0070891_21161126.jpg
「小谷戸池」を園路から覗き込もうとしたら、先客から「目の前にいますよ」と教えられました。垣根の薮から1mもない枝に姿がありました。


マガモ  1/60,F8
e0070891_21203478.jpg
一回りしてまた戻って来た「小谷戸池」に、今度はマガモの番がいました。マガモは、2年前に「宮田池」で一度だけ出会って撮影できたことがありました。こんな小さな池にどこから飛んできたのでしょうか、不思議なことです。


ウソ  1/180,F5.6
e0070891_2125999.jpg
さて引き揚げようかと通りかかったウツギの木の下、ウソの群れがいっぱいついた実を啄んでいました。彼らも長期間ここで採餌している間に、人は害しないということを学習してしまったようです。

きょうの3枚は、いずれもNo Trimmingです。
[PR]
by higirinikki | 2007-01-16 21:31 | 舞岡公園の鳥 | Comments(12)