タグ:ウツギ ( 11 ) タグの人気記事

■ 白い木の花   13.5.15   (エゴノキ、ヤマボウシ、ウツギ)

また冷たい空気が上空に広がってきたようで、爽やかな涼しめの日に。

園内はまた別の白い木の花の季節になってきた。


エゴノキ   13.5.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/680,F8
e0070891_21455628.jpg


ヤマボウシ   〃   〃   1/2500,F8
e0070891_21472696.jpg


ウツギ   〃   〃   1/3000,F8
e0070891_21483475.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-05-15 21:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 作品展の合い間に (2)   12.5.23   (キリ、ウツギ、ミヤコグサ)

「きのうの3月の気温から一転して6月の蒸し暑さにかわる」という予報だったが、それほど暑くはならなかったようだ。

20日の作品展の合い間で撮った画像のつづきです。


キリ   12.5.20   FinePix F200mm 6.4-32mm ISO400 1/600,F4.6
e0070891_18442799.jpg
        もうだいぶ前から花をつけ始めている桐です。今が見頃かな?


ウツギ   〃   〃   1/320,F3.3
e0070891_18461338.jpg
        こちらは「蕾が膨らんできたな」と思っていたウツギ。
        気がついたら咲き始めている。「卯の花のにおう」季節になったということか。


ミヤコグサ   〃   〃   1/500,F3.3
e0070891_18484583.jpg
        「作品展」会場、妻の作品の裏側の花壇で咲き始めていることに気づく。
        ボタニカルアートの作者Naさんに「この花はミヤコグサですよね」と聞かれた。
[PR]
by higirinikki | 2012-05-23 18:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 樹皮が剥がれる   12.1.20   (ウツギ、ヌルデ、リョウブ)

ようやく「お湿り」が。それにしても、いきなり「雪」にならなくてもよいのに。朝、目覚めて外を見ると、明け方から(?)の雪が横殴りに降っていた。寒い、寒い日です。
こんな荒れた日に家づくりにかかわる大工さんの労を思って、暖かなお茶と菓子を差し入れに行く。寒風吹きさらしの現場は、立っているだけで冷え込んできました。ご苦労様です。

写真フィルムの老舗「コダック」が経営破綻した。デジタル時代の流れに乗り損なったのだ。
コアビジネスを変えながら生き延びていけない会社の末路は哀れです。


最近の散策で、「樹皮が剥がれている木々がある」という、興味深い現象に気がつきました。どういうメカニズムがはたらいているのか研究してみます。


ウツギ   12.1.13   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/13,F8
e0070891_15545426.jpg


ヌルデ   1.15   〃   1/200,F8
e0070891_15562624.jpg


リョウブ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_1557443.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-01-20 18:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 白い花が咲いてた (2)   11.5.24   (ウツギ、ヤマボウシ)

昨夜からの大雨が上がった午後、4月末の気温で寒い。これではチョウは飛ばない。
新たに白い花が咲き始めていた。


ウツギ   11.5.24   PENTAX K20D 100mm/macro ISO1600 1/640,F8
e0070891_21444599.jpg
e0070891_214526.jpg
e0070891_21451859.jpg



ヤマボウシ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_21465453.jpg
e0070891_214710100.jpg
e0070891_21472885.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-05-24 21:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 白い花 (5)   10.5.21   (ウツギ、ガマズミ、スダジイ)

一挙に夏がやってきました。湿度がそれほど高くないのが救いでしたが。
午後1時~3時に散策、帰ってから庭の梅の実とり、疲れました。

おとといの散策で見た「白い花」のつづきです。


ウツギ   10.5.21   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/600,F3.3
e0070891_21223987.jpg
e0070891_21225437.jpg
        今朝、園内だけでなく自宅でもホトトギスの鳴き声が聞こえてきました。
        「卯の花の匂う垣根にホトトギス早も来鳴きて・・・」 夏が来ました。


ガマズミ   〃   〃   1/280,F4.5
e0070891_2126487.jpg
e0070891_2127130.jpg
        ちょっと前まで赤い実が残っていたガマズミの木に、白い花が咲き始めました。


スダジイ   〃   〃   1/480,F3.9
e0070891_2129875.jpg
e0070891_21324549.jpg
        園内のどこかから独特の匂いが漂ってきます。
        白い花をたくさんつけた花穂がいっぱ下がっています。下は雄花です。
[PR]
by higirinikki | 2010-05-21 21:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 冬芽・葉痕 (5)   10.1.13   (タニウツギ、ハコネウツギ、ウツギ)

いやー、強い風が吹きまくった一日でした。

「ウツギ」と名のつく木の冬芽・葉痕です。


タニウツギ   10.1.6   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_1732381.jpg


ハコネウツギ   〃   〃 1/320,F8
e0070891_17335611.jpg


ウツギ   1.13   〃 1/320,F8
e0070891_17344917.jpg
        ユキノシタ科のウツギです。 (wikipedia では「アジサイ科」としています)
        スイカズラ科のハコネウツギなどとは花も実も全然違いますが、冬芽や葉痕は似てますね。
[PR]
by higirinikki | 2010-01-13 17:36 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 初夏の花の木 (2)   09.5.10   (ハコネウツギ、ウツギ、エゴノキ)

いやー、暑い日でした。午後遅くからの会議出席の前、2時間弱の散策ですが、暑さを避けてでしょうか大型チョウになかなか出会えません。
白い花が新しく咲き始めていました。といっても、ほかの株にさきがけて咲き始めた早咲きの花です。


ハコネウツギ   09.5.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_2083427.jpg
        駐輪場、いつも自転車を停める頭の上で白からピンクに変化し始めた花です。


ウツギ   〃   〃   ISO800 1/640,F8
e0070891_20113869.jpg
        園路から「上の上屋休憩所」に降りる階段脇の株です。
        園内のウツギは全部まだ小さな蕾なのに、この株だけは毎年早咲きの花をつけます。


エゴノキ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_2015237.jpg
         「水車小屋」の前の園路にかぶさるように枝を伸ばしているエゴノキです。
        ふと上を見ると、白い花が開き始めていました。ほかの株の開花状況はわかりません。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-10 20:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 夏は来ぬ   08.5.16   (ウツギ)

今日も爽やかな初夏のような気候の日でした。
まだ堅い蕾をつけているウツギ(卯の花)ですが、「上の上屋休憩所」に降りる園路階段の脇のウツギが咲き始めていました。


ウツギ   08.5.16   PENTAX istDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_18233279.jpg
        枝を折ってみると中心が中空なので空木の名がついたそうです。
        枝先に鐘形の白い花が群がってつきます。花弁は5個、雄しべは10個です。
e0070891_1827831.jpg
        今日の園内は校外学習に来た幼稚園児、小学生徒でいっぱいでした。

        ここに立っていると、ホトトギスの「特許許可局」と聞きなしされる鳴き声が聞こえてきました。
        卯の花とホトトギス、とくれば思い出されるのは、この曲ですね。

        「夏は来ぬ」       作詞:佐佐木信綱、作曲:小山作之助

        1 卯(う)の花の匂う 垣根(かきね)に
          時鳥(ほととぎす) 早(はや)も来(き)鳴きて
          忍(しの)び音(ね)もらす 夏は来ぬ

        2 五月雨(さみだれ)の 注(そそ)ぐ山田に
          早乙女(さおとめ)が 裳裾(もすそ)濡(ぬ)らして
          玉苗(たまなえ)植(う)うる 夏は来ぬ

        3 橘(たちばな)の薫(かお)る 軒端(のきば)の
          窓近く 蛍(ほたる)飛び交(か)い
          おこたり諌(いさ)むる 夏は来ぬ

        4 楝(おうち)散る 川辺(かわべ)の宿の
          門(かど)遠く 水鶏(くいな)声して
          夕月すずしき 夏は来ぬ

        5 五月闇(さつきやみ) 蛍飛び交い
          水鶏鳴き 卯の花咲きて
          早苗(さなえ)植えわたす 夏は来ぬ

        (注) 明治29年(1896)に小学校5年生用の音楽教科書『新編教育唱歌集(第五集)』に掲載されました。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-16 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(12)

■ 冬芽・葉痕 (6)   08.1.19

これから1泊でハイキングに出かけます。
11日撮影の 「冬芽・葉痕」 のつづきです。


キブシ   08.1.19   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/15,F11
e0070891_10174076.jpg
        きのうのニワトコの傍で早くも花芽を下げていました。


ウツギ   〃   〃   1/45,F11
e0070891_10195016.jpg
        去年、ウソの群れが実を啄みにきた株の枝先には、まだ実がついています。


ソシンロウバイ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_10213463.jpg
        長久保にある株はまだ固い蕾のままです。



カキ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_10223958.jpg
        これも長久保の株です。剪定されたので、高い位置の株先です。
        葉痕は柿の実に似て見えました。
[PR]
by higirinikki | 2008-01-19 10:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

ウツギ  06.5.20

e0070891_1563391.jpg
撮影データ 06.5.19 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8

いよいよ卯の花(ウツギ)の白い花が、舞岡公園の園内どこかしらで見られる季節になりました。
この花の咲く頃、未だ梅雨に入っていない時期に長雨が続くことがあって、「うのはなくたし」と呼ばれるそうです。『卯の花腐 し』、卯の花を腐らすほどの 長雨という意味です。
今年は梅雨のような雨降りの日が続いていますが、卯の花の開花はこの数年では遅い方でようやくその名にあった雨の日になりそうです。

ウツギの実についての記事 06.1.16
[PR]
by higirinikki | 2006-05-20 21:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)