タグ:エゴノキ ( 15 ) タグの人気記事

■ 白い木の花   14.5.21   (ヤマボウシ、エゴノキ、ガマズミ)

予報通り夜半に大雨が降っていた。午後には上がったが、散策はお休み。

園内には初夏を飾る白い木の花が咲き始めている。


ヤマボウシ   14.5.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F8
e0070891_1819106.jpg


エゴノキ   〃   〃   1/680,F8
e0070891_18204659.jpg


ガマズミ   〃   〃   1/680,F8
e0070891_18233417.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-05-21 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 白い木の花   13.5.15   (エゴノキ、ヤマボウシ、ウツギ)

また冷たい空気が上空に広がってきたようで、爽やかな涼しめの日に。

園内はまた別の白い木の花の季節になってきた。


エゴノキ   13.5.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/680,F8
e0070891_21455628.jpg


ヤマボウシ   〃   〃   1/2500,F8
e0070891_21472696.jpg


ウツギ   〃   〃   1/3000,F8
e0070891_21483475.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-05-15 21:48 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 木の実   11.7.7   (エゴノキ、イロハカエデ、アカシデ)

今日は七夕、あいにくの曇天で「牽牛・織女の出会い」を見ることができません。

きのうの散策で見た「ばらのまるの橋」際の木の実です。目の前にあるので、大写しがラクにできます。


エゴノキ   11.7.6   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/40,F8
e0070891_20453089.jpg
        まだ熟していない実です。
        ゾウムシやオトシブミがいないか探してみましたが見つかりませんでした。


イロハカエデ   〃   〃   1/320,F8
e0070891_2048685.jpg
        赤いプロペアが格好いいです。よく飛ぶでしょうね。


アカシデ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_2050083.jpg
        紅葉の季節もよいのですが、青空に抜ける新緑の果穂もいいものです。
[PR]
by higirinikki | 2011-07-07 20:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 白い花が咲いてた (3)    11.5.29   (イボタノキ、クリ、エゴノキ)

台風2号に刺激された前線で大雨が降っている。「卯の花くたし」と呼ばれる雨だと思う。
さて、ゼフの羽化がどうなるかな?

ウツギのほかにも白い花が盛りになりつつある。


イボタノキ   11.5.27   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/100,F8
e0070891_20154462.jpg


クリ   5.25   〃   1/500,F8
e0070891_2017971.jpg


エゴノキ   5.24   〃   1/400,F8
e0070891_20182719.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-05-29 20:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(3)

■ 白い花が咲き始めた   11.5.18   (エゴノキ、ガマズミ、ノイバラ)

ようやく散策を出た16日から3日連続で歩いている。
ミズキの白い花が雪のように降る中、その他の白い花も咲き始めました。この表題は、まだ続きそうです。


エゴノキ   11.5.18   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_21442681.jpg
        エゴノキで見られるオトシブミやゾウムシを捜しましたが、見つかりませんでした。


ガマズミ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_2147531.jpg
        上のエゴノキの隣りで白い花が咲いていました。
        この場所は日照がよいのか、2種ともほかより早い開花です。


ノイバラ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_21493259.jpg
        ノイバラの白い花には、時に紅をつける花もあります。
[PR]
by higirinikki | 2011-05-18 21:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 「返り咲き」の花   10.11.8   (エゴノキ、ガマズミ)

穏やかな暖かな秋の日が続いています。
今日は「休養日」、軽く散歩をするにとどめました。

この夏の猛暑の影響でしょうか、時季外れの花が咲いていました。


エゴノキ   10.11.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/50,F8
e0070891_18424091.jpg
        橋の上からの画像です。
        玉ボケは、もう少し綺麗にほしいところです。


ガマズミ   11.5   〃   1/640,F8
e0070891_1845713.jpg
        赤い実があるのに、白い花が咲く。異様といえば異様な光景です。
[PR]
by higirinikki | 2010-11-08 18:46 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 初夏の花の木 (3)   09.5.13   (ヤマボウシ、エゴノキ、イボタノキ)

気持ちよい初夏の気候になってきました。木の緑が濃くなるとともに、白い花が目立ち始めています。


ヤマボウシ   09.5.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/50,F8
e0070891_18194850.jpg
        ヤマボウシの白い花(実は苞なのです)は、上を向いて咲いているので近くで撮るのが難しいのです。
        堆肥場への道の際で、見下ろすことができる花がありました。
        田んぼ作りをしている高校生たちが堆肥場へ向かっていたので、「これはヤマボウシというのだよ」と教えてやりました。


エゴノキ   〃   〃   1/100,F13
e0070891_18251562.jpg
        ヤマボウシの隣りで、エゴノキの蕾が沢山ぶら下がっていました。
        横から見る姿はいかがですか?


イボタノキ   〃   〃   1/75,F8
e0070891_18283189.jpg
        その先では、イボタノキの白い蕾が開きかかっていました。
        満開になると、多くの昆虫が吸蜜にやってきます。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-13 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 初夏の花の木 (2)   09.5.10   (ハコネウツギ、ウツギ、エゴノキ)

いやー、暑い日でした。午後遅くからの会議出席の前、2時間弱の散策ですが、暑さを避けてでしょうか大型チョウになかなか出会えません。
白い花が新しく咲き始めていました。といっても、ほかの株にさきがけて咲き始めた早咲きの花です。


ハコネウツギ   09.5.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_2083427.jpg
        駐輪場、いつも自転車を停める頭の上で白からピンクに変化し始めた花です。


ウツギ   〃   〃   ISO800 1/640,F8
e0070891_20113869.jpg
        園路から「上の上屋休憩所」に降りる階段脇の株です。
        園内のウツギは全部まだ小さな蕾なのに、この株だけは毎年早咲きの花をつけます。


エゴノキ   〃   〃    1/400,F8
e0070891_2015237.jpg
         「水車小屋」の前の園路にかぶさるように枝を伸ばしているエゴノキです。
        ふと上を見ると、白い花が開き始めていました。ほかの株の開花状況はわかりません。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-10 20:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 冬芽・葉痕 (4)   09.1.13   (カエデ、アカシデ、エゴノキ)

「冬芽・葉痕」シリーズ第4弾です。「ばらのまる橋」際で、間近に見える枝先です。

カエデ   09.1.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_2153214.jpg
        なんとも言えない赤紫色の双耳形の葉芽がかわいいです。この二つを「仮頂芽」と呼ぶのだそうです。


アカシデ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_21541754.jpg
        先端の小さいのが葉芽または雌花序と葉芽の混芽、枝元の大きいのが雄花序。
        「もじゃもじゃ」は、「アカシデメムレマツカサフシ」による虫コブです。


エゴノキ   〃   〃   1/45,F8
e0070891_21553853.jpg
        小さい冬芽と葉痕は、毛(星状毛という)に被われています。
[PR]
by higirinikki | 2009-01-13 21:59 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 木の実   08.10.19   (柿、エゴノキ、ミツバアケビ)

今日は、先週に続いて「不耕起田」グループの脱穀作業に参加、炭焼き小屋脇で旨い昼飯をいただきました。
野山はそろそろ花の季節がおわり、いろいろな木の実が成っています。


   08.10.19   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_17532463.jpg
        今年は柿の「成り年」のようです。
        小谷戸の里前の園路角の柿の木に実がいっぱいついていました。


エゴノキ   〃   〃   1/250,F4.5
e0070891_17575410.jpg
        上の柿の木の向かいにエゴノキがあります。
        実が熟すと、ときどきヤマガラが「ニイニイ」と鳴きながら、この実を啄んでは隠し場所に運んで行く姿を見ることができます。


ミツバアケビ   〃   〃   1/20,F8
e0070891_1842416.jpg
        北門近くの園路脇にミツバアケビが毎年、実をつけます。
        かわいい花から観察を続けてきた実が紫色に色づいてきました。
        もう少し経つと、ぱっくりと割れて白い綿のような中身が見えるはずです。
        「はず」?、そうです。17日までは確認していたのですが、18日、不心得な来園者によってこの実は盗られてなくなっていました。
        「野山にある物は所有者がなく、摘み盗ってもいい」と思っている人がいるのです。
[PR]
by higirinikki | 2008-10-19 18:12 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)