タグ:エノキタケ ( 6 ) タグの人気記事

■ うまそうなキノコ   10.10.28   (アラゲキクラゲ、エノキタケ、シロハツ)

なんと12月の気温だとか、雨降りの寒い暗い一日です。

25日の散策で見つけたキノコです。


アラゲキクラゲ   10.10.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/5,F8
e0070891_1823721.jpg
        この木は、枯れているようにみえるクワの木のようです。
        前日の雨でたっぷりと水分を吸ったアラゲキクラゲが翼を広げていました。
        隣りに見えるのはエノキタケのようです。


エノキタケ   〃   〃   1/5,F8
e0070891_185278.jpg
        上とは別の枝でも生えていました。ヌメリたっぷりの状態です。
e0070891_1854124.jpg
        こちらは落葉の隙間から生えています。


シロハツ   〃   〃   1/3.3,F8
e0070891_1812225.jpg
        図鑑を見ても、同じように落葉を傘に載せて立ち上がっています。
        きのこ自体はかたくしまっていて食用になるといわれている。
        しかし、肉はボソボソしていて口あたりは悪い、そうです。

        似たキノコに「シロハツモドキ」というのがあるようですが、ヒダの密度がもっと細かいようです。
[PR]
by higirinikki | 2010-10-28 18:16 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ このキノコの名前は?   09.11.15

あちこち出かけていて、舞岡公園には長いご無沙汰でした。
午前中はお疲れ休み、午後、強い風が吹いていましたが暖かな青空の誘惑に負けてコンデジ片手に散歩に行きました。9日ぶりかな?

紅・黄葉が進んでいますが、今日はキノコの話題としました。


   09.11.15   FinePix F230EXR 6.4-32mm ISO400 1/550,F3.3
e0070891_1832443.jpg
        小谷戸の里に数本あるケヤキ、黄葉した葉がほとんど落ちていました。
        事務所前のケヤキの二股のつけ根に、なにやらキノコらしいものが。

e0070891_18344250.jpg
e0070891_18345888.jpg
        下から、上から見るとこんな形と色合いをしていました。


   〃   〃   ISO800 1/60,F3.3
e0070891_18365259.jpg
        瓜久保・かっぱ池の畔のヤマグワの老木のつけ根で見つけたキノコです。

このキノコの名前がすぐに出てくる人はすくないのでは?


姿形が綺麗な幼菌時代の姿は こちら をご覧ください
成長した美味しそうな姿は こっち をご覧ください





ご覧いただけましたか?
そうです「エノキタケ」です。冬の雪の中でも姿をみせるキノコです。陽に当てずに栽培したあの真っ白い鍋物材料の「えのき」が、まさか同じキノコとは思えませんね。
[PR]
by higirinikki | 2009-11-15 18:44 | 舞岡公園のキノコ | Comments(6)

■ あれこれ   09.2.5   (エノキタケ、クワコ)

曇り空の下、4日ぶりの散策に出たがめぼしい被写体がない。ので、1日の画像からもあれこれを選んでみた。


エノキタケ   09.2.1   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F5.6
e0070891_18301133.jpg
        これが天然自然のエノキタケです。皆さんおなじみのモヤシのようなエノキタケとは全く違う印象です。


クワコ   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_183146100.jpg
        北門近くのヤマグワの老木の枝に何個かの白いかたまりが風に吹かれています。
        クワコの繭は、今まで枯れ葉にくるまれていたのですが、強い風などで葉が飛ばされて姿を現したというわけです。


鳥の毛   2.5   〃 ISO400  1/250,F5.6
e0070891_18365228.jpg
        「おおはらおき池」の畔で、大きな羽と多くのにこ毛が散乱していました。
        種類はわかりませんが、小鳥か幼鳥が猛禽に襲われた現場、でしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2009-02-05 18:39 | 舞岡公園・その他 | Comments(6)

このキノコの名前は?  07.1.8

瓜久保・カッパ池の脇の林の足元で、いつも見ているキノコです。
このキノコの名前がすぐに出てくる人はすくないのでは?

e0070891_20394848.jpg
撮影データ 07.1.5 PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/30,F6.7

e0070891_20413731.jpg
4つの成長段階にあるキノコが、同じ切り株の上に生えています。

姿形が綺麗な幼菌時代の姿は こちら をご覧ください
成長した美味しそうな姿は こっち をご覧ください

ご覧いただけましたか?
そうです「エノキタケ」です。冬の雪の中でも姿をみせるキノコです。陽に当てずに栽培したあの真っ白い鍋物材料の「えのき」が、まさか同じキノコとは思えませんね。
[PR]
by higirinikki | 2007-01-08 20:56 | 舞岡公園のキノコ | Comments(8)

エノキタケⅡ  06.2.27

e0070891_1941181.jpg
撮影データ 06.2.22 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/4,F16

12/7に紹介したエノキタケの幼菌が成長すると、この姿になります。舞岡公園某所でアラゲキクラゲの群生していた同じ倒木で群生していました。

e0070891_1981021.jpgエノキタケと聞けば、この姿を思い浮かべますよね。上の姿が天然、こちらは養殖。似ても似つかぬ姿ですね。天然物も美味しいそうですが、まだ食したことはありません。

[PR]
by higirinikki | 2006-02-27 19:11 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)

 05.12.7  エノキタケ

e0070891_1619244.jpg
 撮影データ 05.11.14 PENTAXistDs 100mm/macro 1/8,F8

この写真を見て「エー、これがエノキタケ?」 と思うことでしょう。スーパーなどで食材として売られている「エノキタケ」とは似ても似つかぬ姿をしています。もっとも、これは幼菌といって生まれたばかりの姿なのですが、

e0070891_16284185.jpg成長した姿も、左の写真(撮影05.12.5)のとおりで矢張り違って見えます。天然のエノキタケも「へー、こんな姿なんだ」 と思ってしまいます。
食材として見慣れたエノキタケは実は、養殖されている姿なのだそうです。というわけで、このいきさつを全く知らなかった私には、上の写真を撮った11月中旬からズーッと?をつけたままの写真でした。
[PR]
by higirinikki | 2005-12-07 16:39 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)