タグ:オオトリノフンダマシ ( 3 ) タグの人気記事

■ クモ 3種   14.10.2   (アシナガグモ、メスジロハエトリ、オオトリノフンダマシ)

「一日中くもり」の予報通り、午前中の散策に。花をいっぱい撮ってきた。

が、今日も「虫ブログ」、それも蜘蛛です。


アシナガグモ ♂   14.9.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/40,F8
e0070891_16552499.jpg
        いつもは、肢を長々と揃えて葉や茎に隠れるような姿。
        このように葉の上で肢を立てていたので、別種のクモかと一瞬思った。


メスジロハエトリ ♀   9.26   1/110,F8
e0070891_17283364.jpg
e0070891_16574284.jpg
        ヒイラギの葉の上で見つけた白と黒の紋様が綺麗なクモ。
        ♂ と ♀ の紋様が大きく違うのに、参照したネット図鑑では ♂ の姿が見出しに出ていたので、
        「これ」と同定するまでに苦労しました。
        よく見ると眼の先には黒いアリらしき姿も見えます。


オオトリノフンダマシ 卵嚢   9.29   1/45,F8
e0070891_1771529.jpg
        毛虫にやられているハンノキの葉から、目立つ位置にぶら下がっていた。
        親と思われる姿を同じハンノキで、二週間前に撮っていました。 この日は見つかりませんでしたが。

        親と思われる姿を再掲します。

オオトリノフンダマシ   14.9.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/90,F6.4
e0070891_18321790.jpg
        実に8年ぶりの再会です。意識して捜しても見つからないのに、何げない視線の先にいました。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-02 17:10 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蜘蛛 3種   14.9.15   (オオトリノフンダマシ、ワキグロサツマノミダマシ、チリイソウロウ)

今日は「敬老の日」。「古希」を超えた私ですが、「老人」という意識はまったくない。70歳を越えれば「お爺さん」なのだが、孫からは別として年齢だけで他人からそう呼ばれるのはイヤです。

今日も午後、2時間ほど散策。猛暑日がなくなって元気になってきた。

きのうの散策で出会った蜘蛛たちです。


オオトリノフンダマシ   14.9.15   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/90,F6.4
e0070891_18321790.jpg
        実に8年ぶりの再会です。意識して捜しても見つからないのに、何げない視線の先にいました。


ワキグロサツマノミダマシ   〃   〃   1/150,F8
e0070891_1834987.jpg
e0070891_18343015.jpg
        上は超接近を許してくれ、下は円網作成途中の姿です。


チリイソウロウグモの卵嚢   〃   〃   1/100,F8
e0070891_18372426.jpg
        ヒイラギの葉にぶら下がっていました。ここにはクサグモの巣がいっぱいあります。
        親には出会ったことがないのですが、どうしてこんなふうにぶら下げるのでしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-15 18:40 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

トリノフンダマシ2種  06.7.28

コガネグモ科に属するクモの仲間に 「トリノフンダマシ(鳥の糞騙し)」というクモがいます。
その姿が鳥の糞に見えるものがあることから、その名があるそうです。
熱帯系のクモの仲間であり、日本ではトリノフンダマシ属が約5種知られています。
この内、最も普通に見られるのは、「トリノフンダマシ」で、それほど珍しい種ではないが、一般には目にすることはほとんどない、そうです。

という訳で、舞岡公園で観察できた2種を紹介します。


オオトリノフンダマシ  06.7.22撮影
e0070891_22365094.jpg
全身が淡黄色で、角丸三角形の大きな腹部に2つの円状紋があるクモ。
林の周辺や草原などで見られる。


シロオビトリノフンダマシ  05.7.15撮影
e0070891_22384049.jpg
横に長い楕円形の腹部で、中央に白い帯、その後部に黄褐色の部分がある。ササの葉裏でよく見られます。


どちらも、日中は植物の葉裏などで脚を縮めてじっとしていて、夕方から夜にかけて活動し、大きな円網を張る。写真のように、いずれもつやがあって、濡れた糞に見えますね。

かつて、これは攻撃型擬態であると考えられていました。チョウやハエなどには、鳥の糞に近よって来るものがあります。糞の汁を吸うためです。そこで、糞の姿をしていると、そういった虫が糞と間違えてよって来る、それを捕まえるためである、そういうふうに考えられたのです。

しかし、上述のようにトリノフンダマシは夜行性で、夜に網を張ることが判明したので、攻撃型擬態との説は現在では唱えられてはいない、そうです。
[PR]
by higirinikki | 2006-07-28 22:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)