タグ:オオフタオビドロバチ ( 4 ) タグの人気記事

■ ハチの仲間   14.9.30   (ベッコウアメバチモドキ、コンボウヤセバチ、オオフタオビドロバチ)

今日で9月はおわり。まだまだ「残暑厳しき折柄」という常套句が通用するのでしょうか。
ほぼ2カ月ぶりに高校同窓会のWEB委員会に出席してきました。東京の昼はほんとに暑かったです。

きのうの「虫の目」散策で出会ったハチの仲間です。上の2種は、ほんとに小さく動きが速く、動体視力(?)を駆使して追いかけないとすぐに見失いそうでした。


ベッコウアメバチモドキ   14.9.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/26,F8
e0070891_216191.jpg



コンボウヤセバチ ♀   〃   〃   1/200,F8
e0070891_2181535.jpg



オオフタオビドロバチ   〃   〃   1/1500,F8
e0070891_218598.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-09-30 21:09 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 蜂の巣のリユース   14.8.13   (オオフタオビドロバチ)

今日は最高気温が30℃に届かない?という予報。午前中、外食に。帰って2時から小谷戸の里の会議に出席。おわって小散策。

ハチの世界にもリサイクル、リユースがあることを知る。


蜂の巣の標本   14.8.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/100,F8
e0070891_20325938.jpg
        古民家の一部に「ミニミニ博物館」というコーナーがあって、生物標本などが展示されている。
        その一つが「蜂の巣」、キアシナガバチの巣でしょうか。


オオフタオビドロバチ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_20355436.jpg
        やってきたのはオオフタオビドロバチです。
        普段は、竹筒やカミキリの抜け後などの筒状の穴に、部屋を分けて卵を産み、
        イモムシを狩ってきて幼虫に餌として与えて育てる習性をもっているハチなのです、が・・・


   〃   〃   1/100,F8
e0070891_2040194.jpg
        どうやら、この古い蜂の巣を筒がわりに活用、つまりリサイクル・リユースしているようです。

   〃   〃   1/100,F8
e0070891_20415768.jpg
        いくつかの穴を覗き込んでいます。

   〃   〃   1/100,F8
e0070891_20432665.jpg
        奥へと入り込んでいきました。

        実は、このことに気づいたのはカメラを持っていないときに、目の前を飛んできたハチが青虫を抱えていたのです。
        そして、この巣の空き家の穴に入り込むのを目撃したのです。
        カメラをとってきて、再度青虫を抱えて飛んでくるのを待っていたのですが、
        空手の姿しか撮影できなかった、というのが本当のところでした。


        最初に目撃したハチは青虫を抱えて入った後、別の穴から空手で出てきました。
        推測するに、この巣の奥は繋がっていて、幼虫の部屋が新たに仕切られているのではないかと思います。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-13 20:44 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ ハチ3種   12.7.9   (キンケハラナガツチバチ、オオカバフスジドロバチ、ほか)

前線が南に下がって、大陸の高気圧に覆われた「梅雨の晴れ間」?爽やかな風が心地よい一日だった。

4,5日の散策で見つけたハチの仲間です。ひさしぶりに出会ったせいか、思い出すのに苦労しました。


キンケハラナガツチバチ   12.7.4   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F8
e0070891_18501751.jpg
        リョウブの花に集まっていたハチの仲間。
        短い触覚なので♀、キンケ(金毛)が短いのですが間違いないでしょう。


オオカバフスジドロバチ   〃   〃   ISO400 1/125,F8
e0070891_18532736.jpg
        同じ花に来ています。同定に苦労しました。


オオフタオビドロバチ   7.5   〃   ISO400 1/100,F8
e0070891_18553332.jpg
        胸部の特徴ある班紋、腹部の模様が見えなくても同定に間違いないでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2012-07-09 18:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ハチ3種   11.8.30   (オオカバフスジドロバチ、オオフタオビドロバチ、クロアナバチ)

今日も暑い日でした。午後から、東京下町の「高校同窓会HP改訂」第3回会合に行ってきました。

最近の散策で出会ったハチたちです。どれも、昆虫撮影を始めて、初めてその存在を知ったものばかりです。
ちょこまかと動き回るハチなので、「標本写真」のようにその特徴を余すことなく写すアングルではありません。


オオカバフスジドロバチ   11.8.25   PENTAX K20D 100mm/macro ISO1600 1/500,F8
e0070891_20374099.jpg
        クサギの花に吸蜜にきたのかな?
        そうではなく、狩りの獲物が枯れ葉の陰に隠れているのでしょう。


オオフタオビドロバチ   8.29   〃 ISO400 1/160,F8
e0070891_203937100.jpg
        どこかで芋虫を狩って飛んできました。


クロアナバチ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_20413561.jpg
        正面顔には白い髭・髯があって、いちど見ると忘れられないのですが。
        正面に回り込む余裕も与えずに飛んでいってしまいました。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-30 20:45 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)