タグ:オオブタクサ ( 4 ) タグの人気記事

■ 雑草?   13.9.14   (ヤブタバコ、オオブタクサ、アブラガヤ)

天気予報では晴れ間が多いはずだったのに、朝から雨。昼間は陽射しもあって暑くなる。

8日の早朝歩きで見た「雑草」たちです。


ヤブタバコ   13.9.8   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/7.5,F3.3
e0070891_20324251.jpg


オオブタクサ   〃   〃   ISO400 1/75,F3.3
e0070891_2034484.jpg


アブラガヤ   〃   〃   ISO400 1/80,F3.3
e0070891_20353594.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-09-14 20:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小さな花   09.9.16   (ヨモギ、ヒカゲノイノコヅチ、オオブタクサ)

秋晴れの爽やかな風の吹く日、「鳩山新政権」が発足しました。手堅い布陣で堅実に、しかし力強く動き出してもらいたいものです。

今日の散策で見た「小さな小さな花の集まり」です。


ヨモギ   09.9.16   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/400,F8
e0070891_20301135.jpg
e0070891_2030259.jpg
        今を盛りと咲いているヨモギの花を大写ししてみました。 紫色と黄色の取り合わせが意外に綺麗ですね。


ヒカゲノイノコヅチ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_2033521.jpg
e0070891_20412572.jpg
        小さな小さな花ですが、意外にも蜜がたっぷり出るのでしょうか?
        いろいろの虫たちがやってきては吸蜜にいそしんでいます。


オオブタクサ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_20414596.jpg
e0070891_2042998.jpg
        「花粉症」の元凶です。こんなに近くに接近してもクシャミがでませんでした。
        この花は、私「花粉症」のアレルゲンではなかったようです。
[PR]
by higirinikki | 2009-09-16 20:38 | 舞岡公園の草木 | Comments(3)

■ 「迷惑」雑草の花   07.8.31

今日は暦の上では「夏」の最終日。あすから「秋」です。
秋雨前線が北に上がる途中の曇り日、雨が降らないよう祈りながら散策。
野原には夏~秋の「迷惑」雑草の花が咲き誇っていました。


オオブタクサ   07.8.31   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/20,F8
e0070891_9445838.jpg
        園路や農道の脇にあるオオブタクサは、早目に刈り取られることが多いのですが、
        ここでは花穂が伸びて黄色い花が開いています。
        「花粉症」の元凶と言われる花です
e0070891_9543819.jpg
。        「谷戸見の丘」の南側は新しい道路工事で切通しができつつあります。
        その境界にオオブタクサの大きな株が二本たっています。


ヒメムカシヨモギ   〃   〃   1/10,F8
e0070891_9572121.jpg
       頭花は筒状花があるだけ、と思いきや小さな舌状花も見えますね。
        花後は冠毛ができます。

e0070891_2052329.jpg園路から見上げる営農畑に生えている大きな株。



カナムグラ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_20561773.jpg
        斜面をクズ、ヤブガラシとニッチを争っているカナムグラ、これからが蔓延るシーズンです。
        全体の姿をまだ撮っていませんでした。
[PR]
by higirinikki | 2007-08-31 21:02 | 舞岡公園の草木 | Comments(13)

オオブタクサ  06.9.9

舞岡公園内では草刈りがさかんに行なわれるので、ほとんど見ることができなくなった植物にオオブタクサがあります。
e0070891_2362770.jpg
農家の田んぼと畑の間の道沿いに、アレチウリやヤブガラシ、オナモミなどと一緒に枝葉を伸ばして花穂をつける年があります。この写真は04.9.12の撮影です。
葉が掌状に切れ込んで、クワの葉に似ていることからクワモドキとも呼ばれる、そうです。

私は数年前まで一年中「花粉症」に悩まされていました。春の杉、檜、夏のカモガヤ、秋のブタクサ、ヨモギ、などの「風媒花」と呼ばれる一群の植物の花粉が元で、クシャミ・鼻水・鼻づまり、に悩まされていたものです。
数年前から症状が弱まったのは、東京都心への通勤がなくなったことと関係があるのでしょうか。

舞岡公園を散策していると、原因物質であるこれらの植物の花の時期とぶつかります。幸いに、通勤がなくなってからの散策開始だったことからか、その傍を通ってもクシャミが出ることがなくなり、散策を楽しんでいます。
これは、きのう9.8に、近々とレンズを向けて撮影したオオブタクサの花です。
e0070891_2320182.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-09-09 23:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)