タグ:オニドコロ ( 9 ) タグの人気記事

■ 早朝の草花   13.7.26   (メマツヨイグサ、カラスウリ、オニドコロ)

21日の早朝、といっても7時台ですが、咲き終わった花や朝日を受けて輝く花が目につきました。


メマツヨイグサ   13.7.21   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO100 1/420,F3.3
e0070891_2118198.jpg
        「彼はヒマワリ、私はツキミソウ」と言った人がいました。
        ツキミソウの価値を認めたのか、貶めたのか、解釈の別れるところです。


カラスウリ   〃   〃   ISO400 1/640,F3.3
e0070891_21235874.jpg
        昨夜、咲いた花と、これから咲く蕾です。
        花開くシーンを撮りたいのはやまやまですが、夜、蚊に喰われるのが嫌なのです。これからも撮れないでしょう。


オニドコロ   〃   〃   ISO200 1/550,F3.3
e0070891_21213254.jpg
        カラスウリの向かいの竹柵に絡んで蔓をのばした、オニドコロの雄花が朝日に透けて綺麗です。
[PR]
by higirinikki | 2013-07-26 21:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 蔓草の実は今   13.2.20   (ヤマノイモ、オニドコロ)

冷たい風はやんだが気温は低い。昼過ぎに散策に出たが日向は温かだが日陰は寒い。
里山には、夏にあれほど蔓延っていた蔓草の姿が消えている。それでも、雌雄異株の蔓草のヤマノイモとオニドコロの雌株のしるしの実が、わずかに残っていた。


ヤマノイモとオニドコロ   13.2.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/125,F6.4
e0070891_1904376.jpg
        園路際の斜面にふたつの蔓草の実が並んで下がっていた。 左がオニドコロ、右がヤマノイモです。
        ヤマノイモの実はあまり見かけることが少ないので、2種が並んだこのシーンは珍しいものです。


オニドコロ   〃   〃   1/1100,F6.4
e0070891_185983.jpg


ヤマノイモ   〃   〃   1/240,F6.4
e0070891_18565585.jpg


        おすすめ 過去記事
[PR]
by higirinikki | 2013-02-20 19:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 初夏の光の中で   12.7.13   (オニドコロ、ネムノキ、ヒトツバハギ)

九州の大雨は今日もつづいている。関東は降りそうで降らない、落ち着かない一日。
10日の散策で見つけた、「初夏の光の中で」輝く草木の葉、たちです。


オニドコロ   12.7.10   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/640,F8
e0070891_18333926.jpg


ネムノキ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_18351120.jpg


ヒトツバハギ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_18355389.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-07-13 18:36 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ オニドコロの花   11.8.22

天気予報では午後から暑くなるはずが、ずっと低い気温のまま曇り空が続いていた。
きのうの散策で見つけたオニドコロの花です。


オニドコロの雄花序   11.8.22   FinePixF200EXR 6.4-32mm ISO400 1/70,F3.3
e0070891_2304594.jpg
e0070891_231568.jpg
        偶然、透過光の撮影だったので、ひとつひとつの花がクリスタル硝子のように輝いています。


オニドコロの雌花序
e0070891_232387.jpg
e0070891_2322056.jpg
        将来「蒴果」になる部分の先に花が咲いています。
        花弁に色がついているのは初めて見ました。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-22 23:05 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 実りの秋 (4)   10.11.22   (オニドコロ、ツルマメ、ミツバアケビ)

朝から小雨降る一日。明日は「収穫祭」、朝から晴れあがってくれることを祈ります。

野では種子の抜け落ちた殻を目にするようになりました。


オニドコロ   10.11.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_1861687.jpg
        さく果が弾けて、風が吹くと中の種子が翼を生かして空に飛んでいきます。
        バックの赤は、ガマズミの実の色です。


ツルマメ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_1873189.jpg
        オニドコロの蔓の下で、ツルマメの莢が弾けて種子が飛び出ていました。
        莢は捻じれて、その力で弾けるのです。


ミツバアケビ   11.16   〃    1/60,F8
e0070891_1894348.jpg
        中の綿に包まれた種子は、綿ごと落下するのでしょうか。
       それとも鳥が啄むのでしょうか。目撃したかったです。
[PR]
by higirinikki | 2010-11-22 18:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 「雑草」にもいろいろ   10.7.29   (オニドコロ、ワルナスビ、ヘクソカズラ)

今朝未明、突然の豪雨で目覚めました。おかげで「涼しい」一日でした。でも、雨で散策はお休みです。


オニドコロ   10.7.29   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_18255991.jpg
        この暑さにも負けずに雄花を真っ直ぐに立てています。


ワルナスビ   〃   〃    1/1000,F8
e0070891_18284129.jpg
        いったん根を張ると、いくら草刈りをしてもすぐに芽を出し・葉をひろげ・花を咲かせます。
       葉や茎には鋭い棘があって、抜くのも一苦労です。
       とはいえ、ナス科の植物ですから、花は綺麗なものです。


ヘクソカズラ   〃   〃    1/640,F8
e0070891_18323820.jpg
        名前はひどいですが、花は可愛いものです。
        つる性植物ですから、絡まれる植物は迷惑しているのでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2010-07-29 18:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 夏の草花 (10)   09.7.22   (ヘクソカズラ、オニドコロ、古代ハス)

皆さんは今日の日食を見ることができましたか?
横浜では、明け方の大雨が上がって10時すぎには空全体が薄曇りでした。たまたま買い物に出ていた11時過ぎ、見上げた空の一角の雲が薄くなって一瞬・厚めの三日月のように欠けた太陽を肉眼で捉えることができました。
直接、太陽を見てはいけない、と言われていたので「?」と思いましたが、後遺症が出ませんように。

おとといの散策で見つけた草花です。


ヘクソカズラ   09.7.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/80,F8
e0070891_2012283.jpg


オニドコロ 雌株   〃   〃   1/50,F8
e0070891_2031010.jpg


古代ハス   〃   〃   1/125,F8
e0070891_2045650.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-07-22 20:06 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ドライフラワー   08.3.6

夏の間、あれほどはびこっていたオニドコロやヤマノイモ。
冬には、実が飛んだ蒴果(さくか)の抜け殻が、これも葉を落とした木々にドライフラワーさながらにからみついています。


ヤマノイモ   08.3.5   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/180,F5.6
e0070891_1452115.jpg
        いざ探すとなかなか見つからないものです。
        南門を入った右手の斜面の木に絡んだヤマノイモの実の殻がありました。
        ヤマノイモの実は特徴があり、3稜があって軍配を組み合わせた感じになる。
        熟すと縦に割れ、中から直径5mmほどの種子が散布される。
        種子は大変薄く、周囲には見事な幕(翼)があるそうです。観察したことがないので、今秋の課題です。


オニドコロ   〃   〃   1/250,F5.6
e0070891_1449558.jpg
        小谷戸池の園路側垣根の上方にからみついた、オニドコロの実の殻に光が透けていました。
        ヤマノイモの果実と比べると楕円形がつよい、ですね。
        種子は、片方にだけ翼(よく)があるのが特徴、だそうです。これも今秋の観察課題です。


        この、ふたつの実の殻の造形美と違いを教えてくれた、
        たけぽさんの「平常心是道」 03月04日 ヤマノイモとオニドコロ に感謝いたします。
[PR]
by higirinikki | 2008-03-06 15:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ オニドコロ(鬼野老)   07.8.3

台風5号の影響の湿った強風が一日中吹き募っていました。
公園内の草刈りのおよばない薮や高みには、単にトコロとも呼ばれるオニドコロのツルと花が我が物顔に盛りとなっています。
トコロは「雌雄異株」ということですが、目につくのは雄花をつけて上に花穂を伸ばしている雄株です。

トコロ(雄株)   07.7.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_21264497.jpg
        20日ほど前、雄花をつけた花穂が一斉に空に向って伸び始めた姿です。

雄花を拡大して見てみましょう。   7.31   〃(trimming)   1/45,F8
e0070891_21312117.jpg



トコロ(雌株)   7.31   〃   1/180,F4.5
e0070891_21352958.jpg
        雌花をつけたつるが円を描いて伸びていました。

雌花の姿です。   7.29   〃(trimming)   1/45,F8
e0070891_21375752.jpg
        ウチワの先に小さな花がついているように見えますね。
        秋になって結実した姿は、またのお楽しみにしておきましょう。
[PR]
by higirinikki | 2007-08-03 21:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(11)