タグ:オニフスベ ( 2 ) タグの人気記事

■ これがキノコ?   13.9.23   (オニフスベ、ノウタケ)

「暑さ、寒さも彼岸まで」とはよく言ったものです。半袖シャツでは涼しいくらいに気温が下がってきた。

きのう撮影したキノコの同定に手を焼いている。とりあえず「これがキノコ?」から始める。


オニフスベ   13.9.18   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/10,F8
e0070891_21593580.jpg
        18日、ひさしぶりに入り込んだ「狐久保」の奥の草原、林縁の叢にこんな白いボールが3個あった。
        新鮮な状態なら真っ白なのだが、ちょっと日が経って黒ずんでいた。

e0070891_2232948.jpg
e0070891_2235461.jpg
        大きさがわからない画像ですね。
e0070891_22455.jpg
        帽子を脇に置いてみました。

〃 割られていた   9.22   〃    ISO1600 1/210,F8
e0070891_2261211.jpg
        次の日、19日に「割れていた」という情報を聞いた。
        3日経った22日に行ってみたら、こんな状態になっていた。


ノウタケ   13.9.9   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/75,F3.3
e0070891_22111072.jpg
        2週間前の9日、「宮田池」に降りて行く山道の途中、斜面に新鮮なノウタケを見つけた。
        翌日には姿を消していた。誰かが持っていってしまったのかな?

   13.9.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/30,F8
e0070891_22152773.jpg
        きのう、同じ山道の平らになった所で見つけた。
        出来立ての甘食パンそっくりだ。

   〃   〃   ISO800 1/38,F8
e0070891_22175554.jpg
        同じ日、瓜久保「かっぱ池」の脇で見つけた。
        今の季節が発生条件に合っているのだろうか?
[PR]
by higirinikki | 2013-09-23 22:08 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ こんなキノコあり?   10.10.4   (オニフスベ、ノウタケ)

雨空の一日でした。街を歩くとキンモクセイの芳香が鼻をくすぐります。秋ですね。

きのうの公開稲刈り後の散策で見つけたキノコです。「舞岡のファーブル」 こと To さんに所在を教えられて探してきました。  (いつまで続くキノコシリーズ?)


竹薮の中に   10.10.4   FinePix F200EXR ISO400 6.4-32mm 1/90,F3.3
e0070891_1862811.jpg
        道路わきの竹薮の中に白いボールと甘食パンのようなものが見えました。


オニフスベ   〃   〃   1/110,F3.3
e0070891_18122675.jpg
        単体写真では大きさがわからないので、帽子と並べてみました。
        まだ新鮮な幼菌です。老菌になると、また違う姿を見せるので追跡観察するつもりです。

ホコリタケ科のキノコ。日本特産で夏から秋、庭先や畑、雑木林、竹林などにの地上に大型の子実体を生じる。一夜にして発生するので驚かれるが珍しいものではない。子実体は白色の球状で、直径は20~50cmにも達し、あたかもバレーボールが転がっているように見える。幼菌の内部は白色で弾力があるが、次第に褐色の液を出して紫褐色の古綿状になる。肉が白い幼菌は皮をむいて調理し、はんぺんのような食感で食用になる。味は不味くもないが美味くもない。 (Wikipedia より引用)


ノウタケ   〃   〃   1/70,F3.3
e0070891_18182935.jpg
        見かけは昔なつかしい「甘食パン」そっくりです。
        このまま食べてみたい誘惑にかられます。

ホコリタケ科のキノコ。 梅雨~秋に林内地上、路傍などに普通。子実体は球形の頭部と無性の比較的短い基部からなる。高さ、幅ともに10cmくらいまで。外皮は最初、淡色だが次第に濃色となり、トースト色になる。内部断面は最初は白色、のちに黄褐色。成熟すると外皮が破れて剥離し、黄色の胞子塊があらわれる。風が吹くと胞子を飛散させ、最後にはこま形の無性基部を残す。 
[PR]
by higirinikki | 2010-10-04 18:22 | 舞岡公園のキノコ | Comments(2)