タグ:カラスザンショウ ( 9 ) タグの人気記事

■ 冬芽・葉痕シリーズ 6   11.1.22   (ヤマグワ、カラスザンショウ、キリ)

今日も青空の冬らしい日。なんとなく休養日になっていました。

冬芽・葉痕シリーズは 「顔 (?) 」 3種です。


ヌルデ  ヤマグワ   11.1.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_17484020.jpg


カラスザンショウ   1.13   〃   1/30,F8
e0070891_17495198.jpg


キリ   〃   〃   1/160,F8
e0070891_17522599.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-01-22 17:54 | 冬芽・葉痕 | Comments(2)

■ 冬芽・葉痕 (10)   10.2.1   (カラスザンショウ、リョウブ、ハンノキ)

今夜、関東地方南部も「雪」の予報が、寒い一日。休養日としました。

花が房状につく木の冬芽・花芽です。


カラスザンショウ   10.1.26   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/200,F8
e0070891_21102488.jpg
e0070891_21104117.jpg


リョウブ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1824266.jpg


ハンノキ   1.27   〃   1/800,F5.6
e0070891_18251251.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-02-01 18:26 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 冬芽・葉痕 (9)   10.1.29   (キリ、リョウブ、カラスザンショウ)

午前中は快晴・無風に近く「散策日和」だったが、収穫はほとんど無し。
ひさしぶりの「冬芽・葉痕」です。

頭に大きな髷を載せたような顔に見えるタイプを集めてみました。


キリ(桐)   10.1.27   PENTAX K20D 28-200mm ISO800 1/3200,F5.6
e0070891_18233324.jpg


リョウブ   1.26   〃 ISO400 1/500,F8
e0070891_18282560.jpg


カラスザンショウ   〃   〃 1/1250,F5.6
e0070891_1829587.jpg

[PR]
by higirinikki | 2010-01-29 18:31 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 黒い実のなる木 (3)   09.11.19   (カラスザンショウ、リョウブ、ヒメユズリハ)

今日も寒く暗い一日でした。


カラスザンショウ   09.11.18   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/30,F8
e0070891_1821072.jpg
        高い木になるので、谷戸の尾根筋などで羽状の葉をそよがせている姿をよく見かけます。
        高い木の枝先で黒い種子がまとまってついています。強い風で落ちた実を身近に見ることができます。
        この実をカラスが食べるのでこの名があると言われるそうですが、あまりその光景は見たことがありません。
        ミカン科に属するので、夏には枝先でアゲハの仲間が飛び交っているのが見られます。


リョウブ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1812523.jpg
        はっきり言って、長く垂れ下がった果実はあまり綺麗な姿とは思えません。
        紅葉は綺麗なのですが、実を撮るのが目的だったので綺麗に写っていません。
        「若葉が食用になる」とは初めて知りました。


ヒメユズリハ   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1819048.jpg
e0070891_18192123.jpg
        「堆肥場」広場の柵の際で黒い実を見つけました。が、名前がわかりません。
        下の写真も撮って帰り、図鑑で探しました。馴染みのあるユズリハの仲間でした。
        ユズリハと違って葉が垂れることがなく元気に見えるので、公園樹に使われることが多いそうです。
[PR]
by higirinikki | 2009-11-19 18:25 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小枝の模様   08.2.24

今日もきのうからの強い北風が吹きつけていました。早朝の「歩き」は寒かったです。
というわけで昼間の散策はお休みにしました。

今日もBlogお仲間の「はもよう」さんの 「公園おさんぽ日記」の記事 2008年02月16日 「青空と枝と冬芽 1 」 に刺激されて、取材企画をしてみました。

題して「小枝の模様」 です。

空を見上げるようにして、おもしろそうな、その木を一目でわかるカットを切り取るのに苦労しました。青空をバックに撮ると、小枝は黒いシルエットになってしまうことがわかりました。


ミズキ   08.2.19   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/500,F6.7
e0070891_1835487.jpg
        園路の南端付近にはミズキの高木が沢山あります。
        横に広がってきた枝の先がヒョイと上を向いて、大きな冬芽をつけています。
        ひとめで「ミズキだな」とわかる姿をしています、ね。


カラスザンショウ   〃   〃   1/500,F6.7
e0070891_189375.jpg
        舞岡川の源流「小川アメニティ」沿いには、カラスザンショウの高木が沢山あります。
        この木のトゲがいっぱいの枝先には、まだ実がついていました。


コブシ   〃   〃   1/250,F11
e0070891_1812616.jpg
        瓜久保、かっぱ池の畔には数本のコブシがあります。
        これは奥の広場にある木ですが、スーっと伸びた枝先には、
        そのまま横向きにクリーム色のコートをまとった花芽が沢山ついていました。


エノキ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1813464.jpg
        夏には涼しい木蔭を作ってくれるエノキですが、冬は葉を全部落として日光を下まで届けてくれます。
        「松原越休憩所」下の大きなエノキには、まだ枝先の実がいっぱい残っていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-24 18:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 冬芽・葉痕 (15)   08.2.3

いっこうに熱が下がらないので、一日安静にしています。
しかも、夜半からの雪が今も降り続いています。公園の雪景色を撮影しに行くのはむずかしそうです。

最近の画像です。だんだん、在庫が少なくなってきました。

ネコヤナギ   08.1.28   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/250,F5.6
e0070891_18402435.jpg
        「小谷戸池」まえの園路から、ネコヤナギの白い葉芽がみえます。
        が、遠いので望遠で撮ってもこれが限界でした。


カラスザンショウ   〃   〃   1/45,F5.6
e0070891_18434358.jpg
        大きなカラスザンショウの枝の先端はなかなか観察しにくいのですが、
        「小川アメニティ」で折れて垂れ下がった枝がありました。
        いっぱい顔がついていました。


フジ ?   〃   〃   1/45,F5.6
e0070891_1847499.jpg
        近くで、ツルが同じようなツルに絡んでいました。
        何でしょうか?ご存知の方、教えてください。


カシワ   〃   〃   1/60,F6.7
e0070891_1850692.jpg
        古民家・納屋の脇で大きな葉をつけているカシワの枝先を見ました、
        立派な冬芽です。
[PR]
by higirinikki | 2008-02-03 18:52 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ 秋の木の実 (2)   07.10.21

きのう、新潟から帰ってきました。疲れました。
今日は爽やかな秋晴れ。早朝のボランティア活動、午前中の5日ぶりの散策と続けた。

新しい花を撮影できましたが、今日は「秋の木の実」のつづきです。


リョウブ   07.10.16   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/250,F4.5
e0070891_1814225.jpg


ムクノキ   〃   〃   1/90,F4.5
e0070891_18141467.jpg


エノキ   〃   〃   1/60,F5.6
e0070891_18142777.jpg


ミズキ   〃   〃   1/60,F5.6
e0070891_18143913.jpg


ヌルデ   〃   〃   1/180,F4.5
e0070891_18145166.jpg


カラスザンショウ   〃   〃   1/250,F4.5
e0070891_181531.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-10-21 18:23 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

葉痕 カラスザンショウ  06.12.28

きのうの「爆弾低気圧」が去ったあとは強い冬型の気圧配置になり、今日は終日強い風が吹き募っていました。
鳥狙いで散策に出かけましたが、地面にはカラスザンショウの葉が落ちた茎が沢山落ちています。そこで、リンク先のくろねこさんの「里山再生計画」にあった記事を思い出しました。

e0070891_2102030.jpg
撮影データ 06.12.28 PENTAXistDs 28-200mm ISO400 1/500,F8

狐久保付近ではカラスザンショウの大木が園路にかぶさるように生えているので、今日の強風で路上に枝が沢山落ちています。一本一本その顔を確かめて、一番愉快な顔を撮影しました。


カラスザンショウの葉痕を撮ろうとすると、大木の枝先を探さないと見つからないのです。やっと撮った顔を見てください。  12.4 撮影 1/45,F9.5
e0070891_2164142.jpg
木に残った維管束の痕が「葉痕」ですが、当然のこと反対側の「葉」にも同じ維管束の痕がついているわけです。
これなら高い木の先を探さなくても落ちた葉を探せばいい、というわけです。
[PR]
by higirinikki | 2006-12-28 21:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

冬芽・葉痕 Ⅱ  06.12.7

昨日の続き、とりあえずの在庫はこれでおわり。
もっとおもしろい顔を持ったもの、地味な表情のもの、いっぱいありますので機会をみて紹介します。

アジサイ  06.12.4 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_21425192.jpg


ニワトコ    〃   1/20,F8
e0070891_2143550.jpg


タラノキ    〃   1/125,F9.5
e0070891_21431811.jpg


カラスザンショウ    〃   1/45,F9.5
e0070891_21433297.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-12-07 21:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)