タグ:カラスビシャク ( 2 ) タグの人気記事

■ サトイモ科の仲間   09.4.23   (ウラシマソウ、カラスビシャク、コンニャク)

5日ぶりの散策です。某所でウラシマソウが群生して陽光に透けていました。
カラスビシャクも発見、コンニャクの芽生え(?)も伸びていました。どれも特徴ある仏炎苞を持っています。


ウラシマソウ   09.4.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/160,F8
e0070891_19422768.jpg

   4.16   PENTAX istDs 100mm/macro ISO200 1/90,F13
e0070891_19442839.jpg


カラスビシャク   4.23   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/40,F8
e0070891_1946342.jpg


コンニャク   〃   〃   1/30,F8
e0070891_19475197.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-04-23 19:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ カラスビシャク   08.7.8

午後になって雨が上がり、薄日も射してきました。6日ぶりに散策にでました。
72候の一つ「半夏生(はんげしょう)」の日は夏至から11日目ですが、あの白い斑の入った葉の「ハンゲショウ」とは別に、カラスビシャクも別名「半夏(ハンゲ)」と呼ばれることを知りました。
その記事 「烏柄杓と柚香菊」 を書いた 「公園おさんぽ日記」 の 「はもよう」 さんとのお約束の 「カラスビシャク」 の立ち姿を紹介することにします。


カラスビシャク   08.7.1   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F9.5
e0070891_2095988.jpg
        このマムシの頭のような仏炎苞は濃い紫色をしています。
        今年初めて、「中の上屋休憩所」前の流れの縁に群生していることに気づきました。

   07.6.1   〃   1/45,F8
e0070891_20185918.jpg
        普通よく目にするカラスビシャクの仏炎苞は、この株のように緑色をしています。
        小谷戸の里、事務所前の花壇にありました。

「はもよう」さんの記事は、その名前にふさわしいカラスビシャクの葉っぱの話題から入っていました。
幸い、雨が上がった午後、出かけて葉っぱを撮ってきました。
e0070891_2023559.jpg
 
[PR]
by higirinikki | 2008-07-08 20:26 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)