タグ:カルガモ ( 18 ) タグの人気記事

■ 鳥 3種   15.2.20   (カワセミ、カルガモ、ヤマガラ)

5日ぶりの散策。風は冷たいが日溜まりは暖かかった。

出足にカワセミ、最後にカルガモとヤマガラに出会った。


カワセミ   15.2.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/100,F8
e0070891_1824195.jpg
        山道を降りてきたら、「宮田池」のほとりをカワセミが目の前に飛んできた。
        ひさしぶりに見るカワセミ、♀の若だろうか?いや、肢が赤いから成鳥かな?


カルガモ   〃   〃   1/30,F9
e0070891_182786.jpg
        「おおはらおき池」の岸辺でカルガモが2羽、睡眠をとっているのだろうか。


ヤマガラ   〃   〃   1/210,F8
e0070891_1829020.jpg
        南門への坂道を上って行く途中、エナガとヤマガラ、コゲラの混群に出会った。
        動きの速いエナガを撮り損ない、ヤマガラはなんとか写し止めた。
[PR]
by higirinikki | 2015-02-20 18:31 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥 3種   14.4.29   (カイツブリ、カルガモ、アオサギ)

小さい鳥は繁ってきた木の葉に隠されて撮影困難となってきた。
大き目の鳥なら撮れる。


カイツブリ   14.4.24   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/850,F5.6
e0070891_22373779.jpg
        いつの間にか♀がいなくなって、♂が「一人さびしく」池に潜って餌探しをしていた。


カルガモ   4.25   〃   1/56,F8
e0070891_22411364.jpg
        泥をすくって、何が食糧になるのだろうか?


アオサギ   〃   〃   1/280,F8
e0070891_22423455.jpg
        高校生田んぼにアオサギを見つけた。レンズを向けた途端に飛び立った。

e0070891_22433372.jpg
        隣りの「さくらなみ池」の枝先にスックと立った。
[PR]
by higirinikki | 2014-04-29 18:33 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カルガモ   13.11.12

朝の冷え込み、昼間の低温、厳しい冬がやってきた。午後、早足の散歩に出たが汗もかかぬ寒さだった。

きのう、「さくらなみ池」でカルガモが激しい羽ばたき・羽づくろいをしていた。


カルガモ   13.11.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/340,F8
e0070891_21243532.jpg
e0070891_21244280.jpg
e0070891_21245352.jpg
e0070891_2125048.jpg
e0070891_2125730.jpg
        ふだんはレンズを向けることの少ないカルガモです。
        「たまには、わたしも注目してよ」というデモンストレイション」でしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-12 21:26 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ マガモの ♂? ♀?   11.11.2

大陸から伸びる大きな高気圧が今日も上空にあって、穏やかな日が続いている。

瓜久保の「かっぱ池」の水面にカモが飛び降りてきました。嘴の先だけが黄色いのはカルガモです。
飛んできたカモの嘴が見えません。

カルガモ   11.11.2   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO800 1/400,F3.3
e0070891_18392382.jpg


        飛んできたカモが目の前にやってきました。嘴全体が黄色いのはマガモのはずです。
        でも雰囲気は、明らかに♂ではありません。でも、地味は羽色の♀とも違うようです。


マガモの ♂? ♀?   〃   〃   1/210,F4.7
e0070891_18443898.jpg
        全体の雰囲気は♂なのですが、頭の羽の雰囲気が全く違います。
        よくわからない鳥だったのですが、この2枚だけしか撮影しませんでした。


        帰宅してネットで探索してみました。
        どうやら「エクリプス」という状態のようです。
        エクリプスとは、カモ類、サンショウクイ類、ハタオリドリ科などの一部の種のオスに見られる特殊な羽衣のことだそうで、
        カモ類のオスは繁殖期の後期になると羽毛を換羽し、メスと同じような地味な羽色になるとのことです。
        今日みたマガモは、夏の繁殖期をおえて、あの鮮やかな繁殖羽を捨てて地味な羽毛姿に変わる途中の姿のようです。

        どなたか、本当のところを教えていただけませんか?
[PR]
by higirinikki | 2011-11-02 18:53 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カルガモ親子は健在でした?   11.9.7

いちだんと乾いた空気が秋の到来を思わせる。暑さが予想される午後、また散策に出ました。
「宮田池」と「さくらなみ池」の間の園路をカルガモが4羽横断していきました。

あのカルガモ親子の消息が不明だったのですが、どうやら全員元気だったようです。


カルガモ親子   11.9.7 PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_19514211.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-09-07 19:46 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ カルガモの子   11.8.9

今日も暑い。午後、新潟の娘と孫娘3人が揃ってやってきました。
むこう1週間は、「暑い暑い夏」になりそうです。

きのうの帰りがけに寄った「営農田んぼ」にカルガモ親子を捜してみました。


田んぼの畔に何かが?   11.8.8   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/200,F8
e0070891_12312570.jpg
        コンクリ畦の上に何かがみえますが、肉眼では確認できません。
        現場で、デジカメ映像をモニタで大きくしてみてもよくわかりませんでした。

        田んぼの向こう側は藪になっているのですが、「見えるかも」と行ってみました。


カルガモの子かな?   〃   〃   1/60,F16
e0070891_12351513.jpg
e0070891_12353459.jpg
        子鴨が3羽いるようです。
        親鴨はどこにいるのでしょう。見晴らしのよい田んぼの中、カラスに狙われそうです。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-09 17:45 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 田んぼの生き物   11.8.1   (イネ、カルガモ)

朝は涼しかったものの、午後にはようやく気温が上がって夏空の雰囲気になってきた。
午前の涼しいうちに早足散策に出た。稲の花が咲き、カルガモ親子が田んぼに入っていた。


イネの花   11.8.1   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/400,F3.3
e0070891_1816327.jpg
        この数日、梅雨のような天候が続いてはいるものの、今年はイネの生育にはよい気候のようで、
        分蘖(ぶんけつ イネの苗の根本から新しい茎が数本生まれてくる)の進みがよい。
        さらに出穂(しゅっすい 花穂が伸びてくること)も始まったようで、白いオシベがぶら下がっている穂も見えました。

        花が咲くのは午前中の2時間くらい、受粉するとモミが閉じられてオシベが外側に取り残されます。


ネットの架かった田んぼ
e0070891_18275056.jpg
        受粉をおえたモミにはミルク状の汁ができる。このミルクを吸いにスズメなどが集まる。
        その防護にネットを架ける田んぼが見え始めました。
        田んぼで生まれたトンボなどが、ネットから出られるように裾がまくられていました。


カルガモ
e0070891_18322748.jpg
        田んぼのふちにカルガモが佇んでいました。

カルガモの親子
e0070891_18332884.jpg
        近寄ってみると、孵化して数日と思われる子カモが数羽、親と一緒に藻を啄んだりしていました。
        ちょこまかと動き回っているので、子が何羽いるのかは確認できませんでした。

        この田んぼで生き物観察・写真撮影を始めてあしかけ9年、カルガモ親子を見たのは初めてです。
        全員、無事に成鳥になれることを祈りましょう。

[PR]
by higirinikki | 2011-08-01 18:37 | コメ作り | Comments(0)

■ 飛ぶ鳥   11.3.9   (カワセミ、アオサギ、カルガモ)

青空が広がって気温もすこし上がったが風は冷たく、花粉はそれほど飛んではいないようだった。
「さくらなみ池」では、鳥が飛びまわっていました。



カワセミ   11.3.9   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO1600 1/1250,F8
e0070891_18245585.jpg


アオサギ   〃   〃 ISO400 1/500,F8
e0070891_1827615.jpg


カルガモ   〃   〃    1/800,F8
e0070891_18281369.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-03-09 18:29 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 被写体はトリさん   10.12.22   (ホシゴイ、シジュウカラ、カルガモ)

夜半の雨が上がった昼間は気温も上がって冬衣装では暑いくらいの散策になりました。

今どきの被写体はトリか、そろそろ冬芽・葉痕かどちらか。
というわけで今日の話題もトリです。


ホシゴイ   10.12.22   PENTAX K20D 28-200mm(trimming) ISO400 ISO400 1/800,F5.6
e0070891_17203645.jpg
        小谷戸の里の茶畑から池の淵にいるトリが見えました。
        撮影して確認してみるとゴイサギの幼鳥ホシゴイでした。

   〃   〃 1/250,F5.6
e0070891_17245180.jpg
        園路側から池を覗き込んでみると、目の前にホシゴイがいたのでビックリ。
        眠そうに眼を細めていたのに、カメラレンズに驚いたように目を見開きました。


シジュウカラ   〃   〃(trimming) 1/1600,F5.6
e0070891_17282599.jpg
        ウツギの木にとまったシジュウカラ。黒い実が目的ではなく、何かいるのでしょうか幹を突っついていました。


カルガモ   〃   〃 1/320,F5.6
e0070891_1731199.jpg
        さくらなみ池の上空を飛んでいたカルガモの一羽が着水しました。
        二羽目も着水態勢に入っていたので、慌ててカメラを向けました。
        ちょっとタイミングが遅れていました。
[PR]
by higirinikki | 2010-12-22 17:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 見慣れた鳥たち   10.12.15   (シジュウカラ、カワセミ、カルガモ)

今年の鳥の世界に異変? 舞岡の話です。
1.ウグイスが「ホーホケキョ」と鳴いています。12日の早朝に聞きました。
2.冬鳥がなかなか姿を見せません。(私が見ていないだけかもしれませんが)

今日はひさしぶりに青空の下を歩きました。「鳥」探しを主目的にしていたのですが、見慣れた鳥たちにしか出会えませんでした。


シジュウカラ   10.12.15   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/30,F8
e0070891_17243112.jpg
        コゲラと混群をつくって目の前にきていました。
        ひさしぶりの鳥撮りは、あまりうまくいきませんでした。


カワセミ   〃   〃 1/100,F13
e0070891_17273226.jpg
        「さくらなみ池」を主園路から見下ろしていると、カワセミが足元の藪に飛んできました。
        藪の隙間から青い羽が見えました。


カルガモ   〃   〃 1/15,F14
e0070891_17313469.jpg
        瓜久保「かっぱ池」の畔、アラゲキクラゲが大きく耳を広げていました。
        そのバックにカルガモが休んでいるのが見えました。


ドバト   〃   〃 1/25,F13
e0070891_1734552.jpg
        駐輪場の階段上、落ち葉をひっくりかえしていました。
[PR]
by higirinikki | 2010-12-15 17:36 | 舞岡公園の鳥 | Comments(6)