タグ:カワラヒワ ( 4 ) タグの人気記事

■ カワラヒワ   13.2.21

いかにも真冬の一日。抜けるような青空と冷たい風。
散策途中に出会った自然観察グループの視線の先には小型の鳥がいた。例によって、そっと横に回り込んでカメラを覗き込んでいたら、パッと飛んで左手の梨園のまわりに飛んできた。
「オオカワラヒワ」という声も聞こえてきたが、三列風切り羽の白い部分がそれほど大きくないので、「カワラヒワ」とします。


カワラヒワ   13.2.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO1600 1/1300,F6.4
e0070891_1829813.jpg
e0070891_18291246.jpg
e0070891_18293541.jpg
        設定を戻すのを忘れていて、「ISO1600 、一絞りアンダー」のまま撮影していた。

   〃   〃  ISO400 1/1300,F6.4
e0070891_18335817.jpg
e0070891_18341132.jpg
e0070891_18344883.jpg
        「ISO400」にしたが、「一絞りアンダー」を変え忘れたので、画調が違って見える。
[PR]
by higirinikki | 2013-02-21 18:35 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ カワラヒワ   13.2.7

「3月中旬の気温になる」という予報が当たったのかはずれたのか、昼過ぎから冷たい強風が吹き気温が上がってきた。

その風が吹く前にカワラヒワの群れに出会った。撮影順に並べます。


カワラヒワ   13.2.7   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/1500,F8
e0070891_21133420.jpg
e0070891_21134811.jpg
e0070891_2114027.jpg
e0070891_21141847.jpg
e0070891_21143138.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-02-07 21:15 | 舞岡公園の鳥 | Comments(0)

■ 鳥撮り習作 (2) カワラヒワ   12.11.29

「午前中だけ晴れ」という予報にしたがって、ひさしぶりの散策に。気温があがって、いろいろの鳥に出会った。新カメラに慣れるべく、鳥に会うとありがたかった。
しばらく、「一日一種」報告します。

最近、堆肥場前の萱場の木に鳥がいてカメラマンが集まっていることが多い。
今日は、カワラヒワがいました。手持ちはきついのですが、偶然に恵まれました。  (それぞれ、下はトリミング画像です)


カワラヒワの群れ   12.11.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/950,F5.6
e0070891_18234168.jpg
e0070891_18235950.jpg
        横から見える黄色い翅が特徴なのですが、正面からみると怖い顔をしています。
        この木は何でしょうか?

カワラヒワ 飛翔   〃   〃   1/1000,F5.6
e0070891_18285454.jpg
e0070891_1829568.jpg
        急に群れが飛び立ちました。
        一瞬遅れて切ったシャッターのおかげで、こんなシーンが撮れました。

        次は三脚持参が必須のようです。
[PR]
by higirinikki | 2012-11-29 18:31 | 舞岡公園の鳥 | Comments(2)

■ 見なれぬ虫・キノコ   07.8.12

この数日の散策で見なれぬ虫やキノコと出会いました。


ハネナガウンカ  の一種   07.8.1   PENTAXistDs 100mm/macro ISO800 1/45,F11
e0070891_20183068.jpg
        小谷戸の里、三角山の小道入口で咲くヤマユリの花の陰で見つけました。
        後姿のようで、この角度からの撮影が精一杯でした。

e0070891_20232176.jpgこの仲間には、左のアカハネナガウンカが知られています。
ご覧のように、綺麗な翅、愛嬌のある眼、昆虫Blogでは必須の被写体です。


チャバネヒメカゲロウ ?   8.4   〃   ISO200 1/60,F8
e0070891_2031542.jpg
        ヤブミョウガの白い花にとまった虫の翅が陽光に透けて綺麗でした。
        名称不詳です。

ムラサキホコリ   8.9   〃   ISO800 1/2,F11
e0070891_20332583.jpg
        山道の木柵にくっついていました。「キノコ図鑑」で探しました。
        「変性菌・ムラサキホコリ科」に属するムラサキホコリで、たぶん間違いないでしょう。


カワラヒワ   〃   〃(trimming)   ISO200 1/1000,F8
e0070891_20405287.jpg
        毎年、狐久保の畑際にあるヒマワリの種子が熟すと、カワラヒワの饗宴の食卓として賑わいます。
        鳥撮りお仲間には重要な被写体ですが、私の常用レンズでは撮れないので、
        いつも横目でそっと通り過ぎることにしています。
        この日は、園路を瓜久保方面から近づいていくとカワラヒワが二羽、種子を摘まんでいるのが見えました。
        前方からは散歩する人の姿が。素早くシャッターを切ると、人の接近に気づいたトリは飛び去りました。
[PR]
by higirinikki | 2007-08-12 20:48 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)