タグ:カワリハツ ( 2 ) タグの人気記事

■ キノコ 3種   14.9.13   (カワリハツ、ツルタケ、ホコリタケ)

すっかり秋の雰囲気だが、陽射しが意外に強いのは真夏の名残りか。ボランティア活動をしているが餅つきに縁のない妻たちのグループを労って、餅つきをさせてくれる行事があった。もちろん、自分で搗いた餅を食べられたようです。

きのうの散策で出会ったキノコです。


カワリハツ   14.9.12   FUJIFILM X-S1 24-624mm() ISO800 1/38,F8
e0070891_20221078.jpg
e0070891_20222768.jpg
e0070891_2022413.jpg
        成鳥段階がわかる状態がかたまっていました。
        色の変異が多いカワリハツですが、これは赤紫色のタイプです。


ツルタケ   〃   〃   1/20,F8
e0070891_2025158.jpg
e0070891_20251533.jpg
        上のカワリハツのすぐ傍で、こちらも成長段階を見せてくれます。


ホコリタケ   〃   〃   1/38,F5.6
e0070891_20272250.jpg
        ホコリタケの新鮮な段階では、このように鋭いトゲ状の突起が沢山あるのです。
        成鳥すると、天辺に孔があいてホコリ(胞子)が飛び出るのですね。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-13 20:29 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)

■ キノコ3種   09.6.19   (カワリハツ、ヒロハシデチチタケ、ヒナノヒガサ)

今日は暑い日、お休み日としました。

13日の散策で出会ったキノコです。「キノコの命は短くて」、紹介する前に消失しています。
キノコの自己流同定は難しいのですが、間違いないと思います。          「舞岡公園のきのこ図鑑」


カワリハツ   09.6.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/45,F8
e0070891_17521883.jpg
        「宮田池」へ下りて行く道の際、笹の下陰の地面で見つけた。かなり大きめ・肉厚です。
        「ベニタケ科」。色々、色の変化が多いキノコのようです。図鑑には「食」とありました。


ヒロハシデチチタケ   〃   〃   1/15,F11
e0070891_17551987.jpg
        瓜久保の「キノコの林」で、所々に生えていました。(撮影数日後、悉く蹴倒されていました)
        「ベニタケ科。林内のシデ属の樹下に発生、暗色の環紋が明瞭に並び中央は暗色。食用不適」だそうです。


ヒナノヒガサ   〃   〃   1/15,F8
e0070891_17572072.jpg
        同じ「キノコの林」の苔の中で見つけました。
        「キシメジ科」。非常に小さく、ご覧のように傘の中央がやや窪み、放射状の条線が見えます。柄も傘と同じ色です。
        「雛の日傘」という意味でしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2009-06-19 18:00 | 舞岡公園のキノコ | Comments(0)