タグ:ガマズミ ( 38 ) タグの人気記事

■ 小谷戸の里にて   15.2.1   (ガマズミ、ミツマタ、コウヤボウキ)

きのう、カリントウの食べ過ぎかと思われる胃痛になり、今日は用心のため「おかゆ」だけを食している。よって「休養日」に。青空の散策日和だったのに、家でじっとしていた。

26日の散策で出会ったものです。


ガマズミ   15.1.26   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO200 1/400,F5
e0070891_1827343.jpg
        寒くなって赤い実が萎びてきた。甘味が増して、鳥が喜びそうだ。


ミツマタ   〃   〃   1/150,F8
e0070891_1829028.jpg
        開花するのはまだ先のことだが、蕾が大きくなってきた。


コウヤボウキ   〃   〃   1/28,F8
e0070891_18311177.jpg
        これを集めて箒にした?


剪定作業   〃   〃   1/28,F8
e0070891_18331351.jpg
        女性スタッフ二人が、サルスベリの枝の剪定作業をしていた。
[PR]
by higirinikki | 2015-02-01 18:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 赤い実   14.12.2   (ナンテン、ガマズミ)

今日は 「木枯らし一番」(?) が吹いた。陽射しは温かいのに、強風で体感温度が下がる。

昼前に散策に出たが、風に揺れる木の葉は遠景で、動きの少ない虫は接写で、なんとか秋のおわりの風景を撮れた。紅葉をバックにした赤い実が目につく。


ナンテン   14.12.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/480,F5.6
e0070891_17383442.jpg
        水車小屋のまわりのナンテンとカエデの赤のコラボです。


ガマズミ   11.27   〃   1/480,F5.6
e0070891_17412281.jpg
        「鳥も食わないガマズミ」と誤解していました。
        冬がすすむと甘味が加わって、人と鳥の取りあいになるのだそうです。
[PR]
by higirinikki | 2014-12-02 20:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 赤い実 3種   14.11.10   (ガマズミ、メギ、クコ)

10月中旬の暖かさ?暑いくらいの1日、ちょっとお出かけしてきた。

最近の散策で見た赤い実です。


ガマズミ   14.11.5   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/25,F8
e0070891_20112250.jpg
        小川アメニティの対岸でひっそりと小さな実をつけていた。
        実の少なさで、一見してガマズミには見えなかったのだが、葉の特徴は「そのもの」だった。


メギ   〃   〃   1/50,F5.6
e0070891_20135392.jpg
        小谷戸の里、大門の前にある株。今年の実つきはよいようです。


クコ   11.9   〃   1/75,F5.6
e0070891_20162042.jpg
        時々、赤い実を見つけるのだが、すぐに見えなくなる。
        試食してみる人がいるのだろうか?
[PR]
by higirinikki | 2014-11-10 20:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ガマズミミケフシ   14.7.25

ついに横浜も「猛暑日」になったかも。3時からの会合に出るために小谷戸の里に行く。頬に熱気を感じる。

20日の散策で見つけた「ガマズミミケフシ」、虫こぶです。初期の段階の姿を見るのは初めてかな?
「ガマズミ・実・毛・五倍子(ふし)」の名のとおりの「毛」がいっぱいですね。


ガマズミミケフシ   14.7.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO3200 1/320,F8
e0070891_18324818.jpg
e0070891_1833319.jpg


04.9.13 撮影
e0070891_22143166.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-07-25 18:33 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 白い木の花   14.5.21   (ヤマボウシ、エゴノキ、ガマズミ)

予報通り夜半に大雨が降っていた。午後には上がったが、散策はお休み。

園内には初夏を飾る白い木の花が咲き始めている。


ヤマボウシ   14.5.20   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/200,F8
e0070891_1819106.jpg


エゴノキ   〃   〃   1/680,F8
e0070891_18204659.jpg


ガマズミ   〃   〃   1/680,F8
e0070891_18233417.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-05-21 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ ガマズミ   14.2.24

しっかり「閉じこもり症」に罹ってしまったようです。といって、ソチオリンピックを見続けたわけでもありません。
寒さと被写体の無さで、出かける気がおきなくなってしまったようです。

ついに在庫写真は、これで最後です。
「赤い実は鳥も食べない」って、本当でしょうか? いつまで残っているのでしょう。


ガマズミ   14.2.19   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1500,F5.6
e0070891_1649368.jpg
e0070891_16491763.jpg
        毎年、園路脇でいつまでも赤い実をつけています。
        最後の実がなくなるのは、いつなのか見届けたことはないのですが。


ネット検索で調べてみました。
「森林インストラクターのブログ」の「フォレスト 石風花」氏の意見が参考になりました。
2013.11.07 赤い実 その訳
東御苑の雑木林ゾーンでガマズミ(スイカズラ科ガマズミ属)は冬には葉を落とす落葉樹です。たくさんの赤い実をつけます。実は9~10月に赤くなります。食べてみるとすっぱく、食べられません。鳥も酸味の強さを知っていてか、食べに来ないようです。
 ところが、霜が下りる頃になると水分が抜け甘くなります。冬鳥が渡来して、餌のない冬になるとガマズミの実は食べられます。つまり、夏鳥ではなく冬鳥に実を食べてほしいのでしょうか。北国で見るガマズミは元気で、果実も輝くように実っています。冬鳥が種子を散布してくれれば、生息域は寒い地方に広がります。ガマズミは「北帰行」の志向があるのでしょうか。
[PR]
by higirinikki | 2014-02-24 16:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 赤い実   13.11.14   (ニシキギ、ガマズミ、ツルウメモドキ)

「冬の日」が続いています。運動のため、3時過ぎから速足散歩に、汗はほとんどかきませんでした。

里山では、赤い実が陽に輝いています。


ニシキギ   13.11.11   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/80,F8
e0070891_1941516.jpg


ガマズミ   11.13   〃   1/950,F5.6
e0070891_1963056.jpg


ツルウメモドキ   〃   〃   1/950,F5.6
e0070891_1971386.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-11-14 19:07 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 秋の実 (2)   13.10.28   (ムラサキシキブ、マユミ、ガマズミ)

朝は冷え込んでいたが昼間は気温が上がって爽やかな秋の日に。10日ぶりほどに散策に出た。
季節は急激に秋が進んで、秋の実が色づき始め、紅・黄葉のはしりも見られるようになっていた。


ムラサキシキブ   13.10.28   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/150,F8
e0070891_21465926.jpg
        「コムラサキ」より小さい実がびっしりとついた枝です。


マユミ   〃   〃   ISO800 1/500,F8
e0070891_21483219.jpg
        水車小屋近くの株、淡紅色に熟した朔果が裂けて、仮種皮に包まれた赤い種子が顔を出し始めていた。


ガマズミ   〃   〃   ISO800 1/28,F8
e0070891_21513387.jpg
        「三角山」の園路脇に小さなガマズミの木が、控えめに赤い実をつけている。
[PR]
by higirinikki | 2013-10-28 21:52 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 冬芽・葉痕   13.1.29   (ガマズミ、コナラ、ヤマコウバシ)

きのうほどの風は吹いていない青空の冬の日。鳥を意識しすぎていて、このシーズンの定番「冬芽・葉痕」を忘れていた。新しい一眼のマクロ機能を使いこなさないといけない。練習をしてみた。


ガマズミ   13.1.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/2200,F8
e0070891_20353875.jpg

   〃   〃   1/1400,F4
e0070891_203657100.jpg
        同じ被写体で絞りを変えて撮ってみた。
        背景がわかるか、標本写真に徹するか、どちらがよいでしょうか?


コナラ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20402240.jpg
        枝先にいっぱいに冬芽をつけているのが特徴。チョウセンカマキリの卵嚢がついている。
        むき出しに曝されているとシジュウカラがやってくるのに。


ヤマコウバシ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_20432599.jpg
        枯れ葉をいつまでもつけている中で、冬芽も「ここにいるぞ」と自己主張している。
[PR]
by higirinikki | 2013-01-29 20:44 | 冬芽・葉痕 | Comments(0)

■ 赤い実   12.10.20   (ヒヨドリジョウゴ、カラスウリ、ガマズミ)

「秋晴れ」のはずが、薄曇りでちょっと涼しい一日だった。

17日の散策で出会った「赤い実」です。


ヒヨドリジョウゴ   12.10.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/150,F8
e0070891_21493318.jpg

       おすすめ過去記事


カラスウリ   〃   〃   1/75,F8
e0070891_21502694.jpg

       おすすめ過去記事


ガマズミ   〃   〃   1/140,F8
e0070891_21511133.jpg
        白い実も見えますね。これは「虫こぶ」で、中には「ガマズミミケフシタマバエ」の幼虫が入っていて、
        いずれ成虫になって飛び出ることになります。

       おすすめ過去記事


花と実が共存   〃   〃   1/200,F8
e0070891_21545336.jpg
        こういう光景は珍しい、のでしょうか?
[PR]
by higirinikki | 2012-10-20 21:55 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)