タグ:キアゲハ ( 7 ) タグの人気記事

■ キアゲハ   14.4.14

乾いた冷たい空気が気持ち良い一日、みなと未来地区にヨット仲間のMMさんの参加する「シニア合唱祭」を妻と一緒に聴きに行った。いつもの抜群の歌唱力をもった団の力を存分に示した歌に感嘆してきました。

出かける前の急ぎ散策で、キアゲハの新鮮個体に出会った。一秒たりとも静止しないで、しかも産卵しているらしい動きに、集まった数人のカメラマンが翻弄されているのも愉快な光景だった。


キアゲハ   14.4.14   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/350,F8
e0070891_19574281.jpg
        以下は、ピンボケ写真の山の中で、ちょっとマシな画像を大きくトリミングした画像です。
e0070891_195818.jpg
e0070891_19595421.jpg
        しかとは断言できぬが、何かの葉に尻を押し付けて産卵しているように見えます。
e0070891_19581894.jpg
        幼虫の食餌は、たとえばニンジン、セリ、ヤブジラミ、パセリなどのセリ科の植物だそうです。
        この尻を押し付けている葉は、ヤブジラミかもしれません。
[PR]
by higirinikki | 2014-04-14 19:59 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春の蝶 3種   13.4.22   (キアゲハ、ツマキチョウ、コムラサキ)

ようやく雨空が上がって気持ち良い青空に。また孫娘といっしょに「もみじ広場」に遊びに行った。
合い間に、遠くのタンポポにとまったチョウを見つけて、駆け足で傍に行ってパチリ。
幼虫は「瓜久保」かっぱ池の傍で。


キアゲハ   13.4.22   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/240,F8
e0070891_212475.jpg
        一瞬しかとまらなかったタンポポの花、蜜があったのかじっとしていた。
        近づいてアップで撮影できた。


ツマキチョウ   〃   〃   1/1700,F9
e0070891_2144884.jpg
        今年はまだ撮影できていないモンシロチョウかと思って駆けつけたら、ツマキチョウだった。
        事務所のKoさんが「今年は、ツマキチョウが多い」と言うように、よく見かける。


コムラサキ (終齢?) 幼虫   〃   〃   1/26,F8
e0070891_219270.jpg
        撮影した時は「ゴマダラチョウに似ているが、背中の角がないな」と思った。
        散策仲間のKoさんに尋ねたら、「上のヤナギの葉から落ちたのではないかな?」と、
        コムラサキの幼虫だと教えてくれた。
        成蝶は、ヤナギの樹の高いところを飛んでいるのを見たことがあるだけ。
[PR]
by higirinikki | 2013-04-22 21:12 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 妻と歩けば   11.6.16   (ミドリシジミ、キアゲハ、トンボエダシャク)

雨雲が西から近づいてきて雨が予想される午後、「ミドリシジミを見たい」という妻と一緒にコンデジ片手に散策しました。
後半は本降りの雨が降ってきましたが、4つの目で探せば見つける確率も高まります。


ミドリシジミ   11.6.16   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/60,F3.3
e0070891_18281042.jpg
e0070891_18283658.jpg
        数本のハンノキがあるので、ミドリシジミの観察ポイントとなっている「水車小屋」の裏手。
        「いないなー」と通り過ぎた私の後ろから、「いたよー」という妻の声。
        ハンノキの真下のヌルデの葉の上にいました。残念ながら開翅はしませんでした。


キアゲハ   〃   〃   1/350,F3.3
e0070891_1835849.jpg
e0070891_18354353.jpg
e0070891_1836613.jpg
        園路際に黄色いチョウ、今度は私が見つけました。
        羽化したばかりのようですが、どうしてこんな所に?


トンボエダシャク   〃   〃(trimming)   1/140,F5.1
e0070891_18402284.jpg
        狐久保入口脇にあるケンポナシの花が満開です。
        雨の中、チョウ、ハチ、ハナアブが群がっていました。

        この後ミドリシジミの観察ポイントに回ると、雨のせいかカメラマンは誰もいない。
        4時を過ぎていたので、予想通り「卍飛び」が始まった。♂のグリーンが綺麗でした。

[PR]
by higirinikki | 2011-06-16 18:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ キアゲハ   11.4.21

今日は「3月なみの気温に下がる」という予報通りの曇り空だったが、昼過ぎには陽射しが出たので、またチョウ狙いの散策に。

白い各種のチョウが風に吹かれて飛んでいく麦畑に、黄色い大型蝶が出現。
畑に足を踏み入れない範囲で、追いかけさせてくれました。撮影順の掲載です。


キアゲハ   11.4.21   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/320,F8
e0070891_1852635.jpg
        発見した時は、畑の境界石の上に。
e0070891_1854651.jpg
        ホトケノザで吸蜜。
e0070891_18645.jpg
        あれ?地面でお休み?吸水?
e0070891_1862231.jpg
        ヒメオドリコソウで吸蜜
e0070891_1864191.jpg
        カラスノエンドウで吸蜜。

       かなり精力的にお食事にかかっていました。
[PR]
by higirinikki | 2011-04-21 18:11 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ新鮮個体   09.5.1   (ナミアゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモン)

おとといの散策では多くのチョウに出会うことができました。
幼虫越冬して羽化したばかりと思われる新鮮な個体だと思います。


ナミアゲハ   09.4.29   PENTAX K20D ISO200 1/800,F11
e0070891_1842418.jpg


キアゲハ   〃   〃   ISO200 1/500,F10
e0070891_18442315.jpg
e0070891_18444072.jpg


ツマグロヒョウモン ♀   〃   〃   ISO200 1/500,F8
e0070891_18464315.jpg
〃 ♂   〃   〃   ISO200 1/400,F10
e0070891_1847443.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-05-01 18:50 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ アゲハチョウ3種   08.5.7   (キアゲハ、ジャコウアゲハ、クロアゲハ)

きのう・きょうの初夏のような爽やかな気候にさそわれたのか、大型のアゲhチョウをよく見かけました。
「こっちへこい、とまれ、うごくな」の呪文に乗ってくれたチョウ3種を撮影できました。


キアゲハ   08.5.6   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F5.6
e0070891_15443024.jpg
        チョウ目 アゲハチョウ科
        大きさ (前翅長)36-70mm
        時 期 3-11月
        分 布 北海道・本州・四国・九州
        その名のとおり、やや黄色っぽいアゲハチョウ。
        前翅の付け根が黒くなっていることで、普通のアゲハと見分けることができる(普通のアゲハでは縞模様になっている)。
        幼虫はセリのほか、ニンジン、パセリ、ミツバなどの野菜系の葉も食べるので害虫扱いされる。


ジャコウアゲハ   5.7   〃   1/750,F8
e0070891_15491248.jpg
        チョウ目 アゲハチョウ科
        大きさ (前翅長)42-60mm
        時 期 4-10月
        分 布 本州・四国・九州・沖縄
        オスは黒色で後翅に赤色紋列があり、メスは黄灰色で後翅に黄色紋列があるアゲハチョウ。胴体に、黄色~赤色の毛を持つ。
        広い地域に分布するが、見られる場所は、幼虫の食草であるウマノスズクサのはえている草原やその周辺に限定される。
        体内に毒を持っていて、鳥などに食べられるのを防いでいる。そのせいか、ほかのアゲハチョウにくらべると、あまりはばたかずにゆったりと飛ぶ。


クロアゲハ   〃   〃   1/1000,F4.5
e0070891_155309.jpg
        チョウ目 アゲハチョウ科
        大きさ (前翅長)45-70mm
        時 期 4-9月
        分 布 本州・四国・九州・沖縄
        黒っぽい大きなアゲハチョウ。樹木が茂ったところなど、暗い場所をフワフワゆったりと飛ぶ。
   
[PR]
by higirinikki | 2008-05-07 15:55 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

キアゲハ  06.4.29

e0070891_1848478.jpg
撮影データ 06.4.28 PENTAXistDs 100mm/macro(trimming) ISO200 1/180,F8

舞岡公園・狐久保の畑の隅には老桑の木がある。その木に甲虫を探っている時、視野の片隅を黄色いチョウがかすめた。今年初見のキアゲハだった。慌てて視線を追いかけると足元のタンポポに吸蜜行動でとまってくれた。そっと近づいて尾の方から撮影できた。
キアゲハには越冬蛹が羽化した春型とその年に産卵・羽化した夏型があって、夏型の方が大型なのだそうだ。

e0070891_1847252.jpgこの写真は去年の6/15撮影、夏型だろうか。
また、♂と♀で翅の模様が違うようだが詳しくはわからない。

e0070891_18454413.jpgいわゆる揚羽蝶と呼ばれるナミアゲハとは前翅のつけ根の模様の違いで見わけられる。(05.4.14撮影)

[PR]
by higirinikki | 2006-04-29 18:52 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)