タグ:キアシナガバチ ( 5 ) タグの人気記事

■ アシナガバチ 3種   13.7.8   (ムモンホソアシナガバチ、キアシナガバチ、ムネグロメバエ)

きのう梅雨が明けた途端に熱中症が心配な猛暑日に。きのうの疲れもあって、とうぜん 「休養日」 に。

在庫写真からの画像です。


ムモンホソアシナガバチ   13.6.2   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/70,F7
e0070891_1825627.jpg
        見慣れぬハチだと思ったら、草の葉裏に巣をつくるハチだという。
        巣の中に卵が見えたので、羽化するまで観察を続けたいと思っていた。
        しばらくして巣が葉もろとも無くなっていた。園路を通る通行人が射されると大変、と撤去されたのだろう。


キアシナガバチ   6.6   〃   1/750,F5.2
e0070891_18285792.jpg
        いちばん目にするアシナガバチ。 こんなに逞しい姿をしていたのか。


キボシアシナガバチ → ムネグロメバエ   6.29   〃   1/850,F8
e0070891_18314114.jpg
        強い日差しの下の姿。 同定がむずかしかった。 間違っていたらご指摘ください。

        やはり間違っていたようです。「そら」さんのアドバイスで、「ムネグロメバエ」に訂正します。
[PR]
by higirinikki | 2013-07-08 18:36 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ お食事中   12.6.16   (ヤマサナエ、オオイシアブ、キアシナガバチ)

きのう、申請中だった「建物表題登記」が完了した旨の連絡が法務局からあり、司法書士に頼らずに自力で登記を済ませることができました。「法学部出なのに、こんなことができないのか」と一部の人から言われたりしていましたが、やっと面目を保つことができました。次は「保存登記」に「挑戦」するつもりです。

ここ3日間連続して散策に出ていました。虫の「お食事」シーンに出会っています。
ちょっとグロな場面もあるので、嫌いな方は目を瞑ってくださいね。


ヤマサナエ   12.6.13   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/80,F8
e0070891_21454831.jpg
        前回もそうでしたが、食事に夢中でレンズが目の前に突き出されても、飛び立ちません。
        獲物は甲虫の一種のようですが、何かはわかりません。


オオイシアブ   6.14   〃   1/250,F8
e0070891_21494873.jpg
        髭を蓄えた「ちょい悪おやじ」風に見える「オオイシアブ」。 獲物は大物のようです。
        こちらも甲虫の一種、コメツキムシかな?


キアシナガバチ   6.15   〃   1/60,F8
e0070891_21524912.jpg
        スズメバチの仲間は芋虫を獲物にすると、その場で肉団子にして巣に持ち運ぶようです。
        完成して飛び立つところを撮影しようと粘っていたのですが、
        近くを大勢の散策者が通るのに気をとられている間に飛び立たれてしまいました。残念!
[PR]
by higirinikki | 2012-06-16 21:55 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ ヤブガラシに集まる虫   10.8.26   (ナミアゲハ、アオスジアゲハ、キアシナガバチ)

今日も暑い日。夕方、暑さがすこしおさまった時間に「散歩」に出ました。

里山の薮には、その名も「ヤブガラシ」が蔓延って花を咲かせています。虫たちにとって、ヤブガラシは大切な蜜の供給源のようです。いろいろの虫たちが集まってきます。


ナミアゲハ   10.8.19   ENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/160,F9
e0070891_18512316.jpg
        狐久保の畑の垣の上のヤブガラシに若いナミアゲハがやってきていました。


アオスジアゲハ   〃   〃   1/100,F9
e0070891_18533226.jpg
        園路南端の薮の上、数頭のアオスジアゲハが飛び交っています。


キアシナガバチ   〃   〃   1/50,F9
e0070891_18555879.jpg
        「きざはしの谷戸」の園路際の薮です。キアシナアバチが吸蜜しているのは初見です。


コガタスズメバチ → ヒメスズメバチ   8.22   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/450,F5.1
e0070891_1859511.jpg
        アオスジアゲハがいた花の隣りの花で、スズメバチが虫狩りなのか吸蜜なのか動き回っています。
        広角マクロ狙いで接近するのですが、怖いあまりピントが合いません。


ホソアシナガバチ   〃   〃   1/600,F3.3
e0070891_1962290.jpg
        そのまた隣りの花には華奢の体つきのハチが。
        ピントは口先に合っていました。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-26 19:07 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ アンタは誰?   09.8.3   (シオヤアブ、キアシナガバチ)

近畿と東海で梅雨が明けた模様とか。今日から一週間、新潟の娘が3人娘を連れて逗留の予定。
暑い日がつづきそうです。


アンタは誰?   09.7.31   FinePix F230EXR 6.4-32mm ISO100 1/420,F3.3
e0070891_18314616.jpg
        3時過ぎに小谷戸の里で仕事、その前にコンデジ持参でちょっと散策。 葉の上で 「人(虫)待ち顔」 の虫にご挨拶。

シオヤアブ ♀   〃   〃   1/450,F3.3
e0070891_18343587.jpg
        この複眼をもって虫たち見つけサッと飛びあがってひっとらえます。


キアシナガバチ ?   〃   〃   1/340,F3.3
e0070891_18374898.jpg
        こちらはヤブガラシの蜜のお食事に夢中。正面から大接近、おかげで種の確認を忘れました。
[PR]
by higirinikki | 2009-08-03 18:43 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)

■ アゲハの幼虫   08.8.13   (ナミアゲハ、ナガサキアゲハ、キアシナガバチ)

カラタチは、ナミアゲハ、キアゲハ、ナガサキアゲハなどアゲハの仲間の幼虫の食草です。
夏ともなれば、瓜久保、長久保にあるカラタチの垣には、どこかで配偶者を見つけたアゲハの♀たちがやってきては、込み合ったカラタチの小さな葉の表面に腹先を押し付けては、産卵をくりかえしています。

いつかは、卵から蛹化、羽化の過程を観察してみたいと思っていますが、とりあえず今日の画面は初齢(?)から終齢(?)までの、たぶんナガサキアゲハと思われる幼虫の姿を追ってみました。

おまけは、キアシナガバチによる幼虫の狩りのシーンです。虫がお嫌いな方は、飛ばしてくださいね。
今日から3日間、恒例の房総合宿ですので、明日の更新とコメントはお休みします。



産卵   08.8.8   PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/125,F8
e0070891_1158018.jpg
        長久保の垣は最近、強く刈り込まれたのでアゲハの産卵は見られないかなと思っていたのですが、
        どっこい、ナミアゲハがやってきて「狭いな~」と思っているのでしょうか、
        刺を避けながら腹先を押し付けていました。


小さな幼虫たち   8.10   PENTAXistDs 28-200mm(trimming) ISO400 1/45,F8
e0070891_124280.jpg
e0070891_1242937.jpg
e0070891_1245883.jpg


ナガサキアゲハ終齢幼虫   〃   〃   1/90,F8
e0070891_1265884.jpg


キアシナガバチ、幼虫を狩る   〃   〃   1/60,F8
e0070891_1283612.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-08-13 12:17 | 舞岡公園の虫 | Comments(4)