タグ:キイロクビナガハムシ ( 2 ) タグの人気記事

■ ハムシ3種 (2)   10.5.12   (ルリマルノミハムシ、キイロクビナガハムシ、ナガハムシダマシ)

雨が上がった2時すぎ散策に出た。陽射しが出て気温が上がったので虫が動きだした。
動き出したのは「虫撮りカメラマン」も同じ。Aさんをはじめ5~6人で虫探し。

ごくごく小さなハムシの仲間を見つけた。


ルリマルノミハムシ   10.5.12   PENTAX K20D 100mm/macro(trimming) ISO400 1/200,F8
e0070891_20412115.jpg
        体長は約4mm。やや青みを帯びた黒色で、花に集まり花粉を食べる。
        後足は太く発達して、捕まえようとするとピョンとノミのように飛び跳ねる。


キイロクビナガハムシ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_20451043.jpg
        体長は6-8mm。上翅は黄色ではなく赤色、胸部はやや黒味がかった赤色、頭部・脚は黒色のハムシ。
        胸部が細い。上翅には強い点刻がある。


ナガハムシダマシ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_20474564.jpg
        体長10~12mm。ナガハムシの仲間によく似たハムシダマシ。
        細長い体形で、体色は濃紫色、前翅は多数の縦隆条がある。
[PR]
by higirinikki | 2010-05-12 20:51 | 舞岡公園の虫 | Comments(2)

■ 新顔の虫   08.4.25   (アカシマサシガメ、ルリヒラタゴミムシ、キイロクビナガハムシ)

すっかり春らしい日になりましたね。
散策に出れば、撮影したい草花がいっぱいです。が、虫もいっぱい出現しているはず。
おととい、きょう、「虫の目」を凝らして見つけ出した小さな虫たちです。
さあ、撮ったあとの同定も困難を極めます。

素人の悲しさ、いや、強みを発揮して同定を試みました。図鑑・ネットを渉猟した結果、下記の通り“命名”しました。
間違っていましたらご指摘ください。
 08.4.26


アカシマサシガメ   08.4.23   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F8
e0070891_18261355.jpg
        狐久保の石畳道の脇にはハルジオンが咲き誇っています。
        その花で赤い虫が食事(?)していました。「ナガメ」の一種かな?と思いましたが、様子が違いました。
        苦労の末に「アカシマサシガメ」に辿りつきました。真横から見れば、サシガメの、あの怖い口先が見えたのでしょう。


ルリヒラタゴミムシ  ハムシの一種?   4.25   〃1/45,F5.6
e0070891_18282017.jpg
        「古御堂谷戸」のアジサイの列で見つけました。
        まだ小さなアジサイの蕾から、その大きさを想像してみてください。
        胸の形で、ゴミムシの仲間とわかりました。ルリ色をした虫はけっこう多いですね。


キイロクビナガハムシ   〃   〃1/45,F8
e0070891_1830140.jpg
        瓜久保付近の園路、キツネノボタンの花に乗っかっていました。
        ハムシの仲間で間違いないと思います。
        「キイロ・・・」とありますが、ほんとはもっと赤っぽい色をしているようです。
        気になるのは食草はヤマノイモ類のようですが、なにかの拍子でこの花の上にいるのだろう、ということにしておきます。
[PR]
by higirinikki | 2008-04-25 18:31 | 舞岡公園の虫 | Comments(6)