タグ:キキョウ ( 7 ) タグの人気記事

■ 季節の野草 (2)   14.7.4   (キキョウ、ママコノシリヌグイ、カワラナデシコ)

夜半の雨が上がって小雨の天気。
夏の恒例「伊東保養所」宿泊は、今年は今日から2泊して明日は天城越えハイクの予定。だが、天気は悪そうだ。

今から見頃になる野草たちです。


キキョウ   14.6.29   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/140,F6.4
e0070891_1111677.jpg


ママコノシリヌグイ   〃   〃1/58,F6.4
e0070891_1123151.jpg


カワラナデシコ   7.3   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO200 1/85,F3.3
e0070891_1135169.jpg

[PR]
by higirinikki | 2014-07-04 17:53 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 花を覗き込む   13.6.12   (ホタルブクロ、キキョウ、ナツツバキ)

台風が北上できず梅雨前線を刺激して大雨の降る地域が出そうだ。当地も雨模様、散策に出られない。

いつもの癖で花の中を覗き込んでみた。


ホタルブクロ   13.5.27   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400 1/60,F8
e0070891_1026381.jpg


キキョウ   6.5   〃   1/160,F5.6
e0070891_10271953.jpg


ナツツバキ   6.10   〃  ISO1600 1/1300,F5.6
e0070891_10325924.jpg


        明日から3日間、旅にでます。 予約投稿で記事掲載を続けますので、ご承知おきください。
[PR]
by higirinikki | 2013-06-12 18:41 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 梅雨時の花   11.6.17   (ビヨウヤナギ、キキョウ、ノビル)

いつ雨が降ってくるのか「梅雨寒」の日、休養日としました。
13日の散策で見た花たちです。


ビヨウヤナギ   11.6.13   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/25,F8
e0070891_21271562.jpg


キキョウ   〃   〃   1/200,F8
e0070891_21285597.jpg


ノビル   〃   〃   1/200,F13
e0070891_21295481.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-06-17 21:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ キキョウ(桔梗)   10.6.14

やっと関東地方も梅雨入りしました。暑いも寒いも、雨が多いも少ないも、例年並がいいです。

ゼフ探しに熱中している間に、花の季節もすすんでいました。まず、キキョウを取り上げることにしました。
時々参照している 石川の植物 にびっくりする解説がありました。


キキョウ   10.6.12   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F10
e0070891_19574015.jpg
        小谷戸の里、水屋の裏の花壇で咲き始めていました。

キキョウ 蕾
e0070891_2041266.jpg
        なんだか紙風船のような姿をしているな、と思って撮影しました。
         「石川の植物」をひらいてみると、こう解説がありました。

        つぼみの時の花弁の重なり方が、多くの花では、屋根瓦をふいたように一つの片の縁が他の縁に重なる(覆瓦状)なのですが、
        キキョウは縁と縁がぴたりと合う敷石状になっています。そのため、つぼみは風船みたいに膨らんでいるわけです。



雄蘂先熟(ゆうずいせんじゅく)
キキョウの花は、自花受粉を防ぐために、雄蘂先熟(ゆうずいせんじゅく)という方法を採っています。


雄花の時代
e0070891_2016128.jpg
        咲き始めは、雄花の時代です。葯が雌しべを取り囲んで、花粉を雌しべの花柱に付けます。(写真の右の花)
        雄しべは役目を終えて、枯れて花冠の底へ倒れ込みます。(写真の左の花)

e0070891_20205038.jpg
        花柱の側面は、花粉にまみれており、蜜を求めて花へ来た昆虫の体に花粉を付けて運ばせます。



雌花の時代
e0070891_20255073.jpg
        堅く閉じていた雌しべの柱頭が、5つに裂け、錨のように外に曲がって、他の花の花粉を受け取る準備をします。
        雄しべと雌しべの見事な連係プレーによって、巧みに自花受粉を避けております。
[PR]
by higirinikki | 2010-06-14 20:29 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 夏の草花 (2)   09.6.16   (キキョウ、ハンゲショウ、ハギ)

このところ虫を中心に散策していたが、その留守にまた夏の草花が咲き進んでいました。
                                                          「舞岡公園の植物図鑑」


キキョウ   09.6.16   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/125,F8
e0070891_183643.jpg
        小谷戸の里、水屋脇の花壇で、アジサイをバックに咲き始めています。


ハンゲショウ   〃   〃    1/50,F8
e0070891_1839710.jpg
        古民家の裏庭の湿地部で群生しているハンゲショウの葉が白く、花も大きくなり始めていました。


ハギ   〃   〃    1/50,F8
e0070891_18412896.jpg
        古民家前庭のハギの薄紫色の花が咲き始めていました。
[PR]
by higirinikki | 2009-06-16 18:43 | 舞岡公園の草木 | Comments(9)

■ 花の中をのぞく   08.6.19   (ホタルブクロ、キキョウ、ヒルガオ)

ラッパ状の花を見ると中を覗いてみたくなりませんか?
そう考えてみると、花の中をのぞいた写真が何点かありました。


ホタルブクロ   08.6.19   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/30,F8
e0070891_18174485.jpg
        小谷戸の里、流れの縁の花壇でホタルブクロが満開を迎えていました。
        普通は下向きの花が一輪だけ横を向いていました。「待ってました」とばかり、中を覗いてみました。
        自然のまま手を加えないで撮影する原則だと、下から覗くことになり撮影は困難を極めます。


キキョウ   6.18   〃   1/90,F8
e0070891_18241813.jpg
        この流れ上手、アジサイの向うにキキョウが咲いていました。


ヒルガオ   6.16   〃   1/90,F8
e0070891_18263653.jpg
        堆肥場にて。ヒルガオの花の中に黒いものが。
        覗きこんで見ると、コアオハナムグリが蜜を吸っているのか、花粉を食べているのか。
        これぞ 「頭隠して尻隠さず」 です。
[PR]
by higirinikki | 2008-06-19 18:30 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

 05.10.16  キキョウ

e0070891_17461547.jpg
 撮影データ 05.10.14 PENTAXistDs 100mm/macro 1/125,F8

舞岡公園内では長久保の野草園で植栽されていて、7月からずーっと咲き続けている。この青紫の色合いが何とも言えず奥ゆかしい感じを与えてくれる。
キキョウは秋の七草の一つにかぞえられているが、万葉の昔は朝顔と呼ばれていたことが次の歌で判る。
「萩の花 尾花葛花 なでしこが花 をみなへし また藤袴 朝顔が花」 山上憶良(万葉集 巻八)
[PR]
by higirinikki | 2005-10-16 17:51 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)