タグ:キタテハ ( 37 ) タグの人気記事

■ 春の蝶 (2)   15.3.24   (テングチョウ、ルリタテハ、キタテハ)

夕方、神田で集まりがあるので、同じ交通費をつかうのならと、まだ行ったことのなかった「水元公園」に行ってみた。期待通りの公園を歩き、余勢をかって柴又帝釈天から江戸川土手も歩いてきた。気温が下がって北風も吹く1日だったが、気持ち良く歩き、夜の会合も楽しく過ごしたいい日だった。

きのうの「春の蝶」のつづきです。


テングチョウ   15.3.23   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/80,F8
e0070891_2254384.jpg


ルリタテハ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_22562510.jpg


キタテハ   〃   〃   1/850,F5.6
e0070891_22573190.jpg

[PR]
by higirinikki | 2015-03-24 22:57 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 初春のチョウ 2種   15.3.8   (モンキチョウ、キタテハ)

寒い冬の日が続く。霧雨が降り続き、午後やっとすこし陽射しがあったが、また曇り空に。きのうの疲れもあって休養日に。

最近の暖かな日には、春先のチョウに出会っている。


モンキチョウ   15.3.6   FUJIFILMX-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/1400,F7.1
e0070891_212956100.jpg
        狐久保奥の草原で、白いチョウが目の前をひらひら飛んだ。
        一瞬、モンシロチョウかと目を疑ったが、すぐにモンキチョウの雌・白型と気づいた。
        なかなか近接撮影を許してくれなかったが、しつこく追いかけて撮らせてもらった。

        年数回発生する最初の羽化個体です。


キタテハ   2.23   〃   1/1300,F8
e0070891_21341988.jpg
        一時的に気温が急上昇して、一気に春の陽気になったこの日。
        狐久保の入り口付近で飛びまわるオレンジ色のチョウがいた。
        成蝶で越冬するキタテハが暖かさに誘われて飛び出てきたので。
        この後、もう1頭のキタテハと縺れるように上空高く舞い上がっていった。
[PR]
by higirinikki | 2015-03-08 21:37 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋の蝶 3種   14.11.14   (ルリタテハ、キタテハ、ベニシジミ)

朝はきつい冷え込みだった。すっかり晴れあがった10時過ぎから散策に出た。

最近、目にしなくなったチョウに出会った。


ルリタテハ   14.11.13   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/850,F8
e0070891_16252087.jpg
        「もみじ広場」でNaさんと話をしている目の前で日向ぼっこを始めた。
        冬になったら 「成虫越冬」 をするのでしょう。ご苦労様、元気で。


キタテハ   11.14   〃   1/600,F8
e0070891_162857100.jpg
        「きざはし谷戸」の垣に飛んできて翅をひろげた。こちらも日向ぼっこ?


ベニシジミ   〃   〃   1/600,F8
e0070891_16303737.jpg
        「小谷戸池」前の園路を飛んできて日向ぼっこを始めた。
[PR]
by higirinikki | 2014-11-14 17:16 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋の蝶 3種   14.10.18   (キタテハ、ヒメアカタテハ、ムラサキシジミ)

今日も秋らしい青空の好天。高校仲間で東大に行ったMa君の毎年恒例の「落研落語会」を聞きにいきました。
演題は、気の長い男と短い男のやりとりがおかしい「長短」、なかなかの好演でした。

おとといの散策で出会った「秋の蝶 3種」です。


キタテハ   14.10.18   FUJIFILM X-S1 240624mm(相当) ISO800 1/340,F8
e0070891_23114986.jpg
        黒とオレンジの色彩コントラストが強烈な「秋型」の♀が、瓜久保の家の前の花にご執心でした。


ヒメアカタテハ   〃   〃   1/900,F8
e0070891_23144965.jpg
        「綺麗なコスモスだな」と見とれている目の前の花で吸蜜していたので、ビックリした。
        でも、即座にシャッターを切った自分を褒めてやりました。


ムラサキシジミ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_23172259.jpg
        セイタカアワダチソウにとまっているところを見つけたのですが、もたもたしてるうちに
        ヤブガラシの葉陰に移られてしまった。陽に当たっているので、色が飛んだりしています。
[PR]
by higirinikki | 2014-10-18 20:05 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ キタテハ 前蛹から蛹へ   14.9.20

初秋を飛び越して「晩秋」かと思う気候に。あわてて長袖シャツに着替える。

最近の散策で出会った、私にとっての貴重なシーンです。


キタテハ 前蛹   14.9.17   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/105,F8
e0070891_18415325.jpg
        園路の際の藪からはみでたカナムグラの蔓に何かがぶら下がっていた。
        身体を反り返らせてもぞもぞ動いている。今年初めて見たキタテハの幼虫だと気づいた。
        ということは「前蛹」か? しばらく観察していたが、もう、目に見える変化はしなかった。


キタテハ 蛹   9.18   〃   1/105,F8
e0070891_184641.jpg
        翌日、どうなったか、いなくなってないか心配しながら行ってみた。
        無事に蛹になっていた。
        いつ羽化するのだろうか、立ち会えないが無事に成蝶になれるといいのだが。


        過去の画像からです

キタテハ幼虫   14.6.27   〃   1/52,F8
e0070891_1955444.jpg
        今年の初見の幼虫です。初めて会った時も、Koさんに名前を教えてもらったものだった。
        幼虫の食草はカナムグラだとのことだが、この葉はどうかな?


キタテハ 夏型   14.7.9〃   〃   1/28,F8
e0070891_16503469.jpg
        「小谷戸屋」 の商品、布草履にじっととまっていました。
        黒っぽい姿、「夏型」 です。♂ かな?


キタテハ 秋型   14.3.23   〃   1/450,F8
e0070891_1731968.jpg
        縄張り争いをしているのか、2頭のキタテハが縺れるように天高く飛び上がっていく姿をよく見かけます。
        空中で別れて、また元の場所に戻ってきて見張っているような、その姿を隙をみて撮影します。
[PR]
by higirinikki | 2014-09-20 20:30 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ チョウ 3種   14.7.9   (ヤマトシジミ、コミスジ、キタテハ)

ワールドカップサッカー準決勝、主力を欠いたブラジルがドイツに1:7と惨敗した。国情に影響がなければよいが。

きのう、チョウがやけに親密的だった?


ヤマトシジミ ♀ 高温型   14.7.8   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/350,F8
e0070891_1643719.jpg
        表翅が真っ黒なチョウが飛んでいた。
        葉にとまってすぐに開翅した。「高温型」 と呼ばれる色合いの ♀ です。

(追加)

〃 ♂ 高温型   7.1   〃   〃   ISO800 1/500,F8
e0070891_19592649.jpg
        これも「高温型」でした。


コミスジ   〃   〃   1/28,F8
e0070891_16474835.jpg
        食事中、目の前をひらひら飛んで、椅子にとまった。
        こぼれた汁から、何かを吸っているのだろうか?


キタテハ   〃   〃   1/28,F8
e0070891_16503469.jpg
        「小谷戸屋」 の商品、布草履にじっととまっていました。
        黒っぽい姿、「夏型」 です。♂ かな?
[PR]
by higirinikki | 2014-07-09 20:33 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 棘のある幼虫 3種   14.7.1   (キタテハ、イチモンジチョウ、シャチホコガ)

早くも今年も後半に。梅雨らしい、じっとりした晴れ間に散策に。
キノコの季節に入ったはずと、尾根道中心に下草を覗き込みながら歩いた。(その報告は後で)

歩き始めてすぐ出会ったのが、奇っ怪な鎧をまとった怪獣まがいの幼虫。27日に出会っていた痛そうな棘を持った幼虫2種と一緒に紹介します。


シャチホコガ幼虫   14.7.1   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当)(trimming) ISO3200 1/45,F8
e0070891_1950071.jpg
        見たこともない姿。散策お仲間のKoさんに会ったので訊いた。
        「シャチホコガでしょう」 とのこと。その 「終齢幼虫」 に会ったことはあるが、これは中齢幼虫らしい。
        まさにエイリアンです。


キタテハ幼虫   6.27   〃   1/52,F8
e0070891_1955444.jpg
        今年の初見の幼虫です。初めて会った時も、Koさんに名前を教えてもらったものだった。
        幼虫の食草はカナムグラだとのことだが、この葉はどうかな?


イチモンジチョウ幼虫   〃   〃   1/40,F6.4
e0070891_19591998.jpg
        スイカズラの葉の上に見つけた。まさに幼虫の食草ですね。
[PR]
by higirinikki | 2014-07-01 20:02 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春を告げるチョウ 3種   14.3.26   (キタキチョウ、モンキチョウ、キタテハ)

桜が咲き暖かな陽射しの中、ようやくチョウの舞う姿が目につくようになった。
名前に「黄」がつくのは偶然でしょうか?


キタキチョウ   14.3.25   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO400 1/220,F8
e0070891_17191324.jpg
        成虫で越冬するキチョウです。気温が上がって、どこかから姿を見せます。
        飛んでいる姿を、この日初めて狐久保の草原で見つけました。
        しかし、配偶者を捜しているのか、パトロールするように往ったり来たりを繰り返していて、いっこうにとまってくれません。
        南門付近で見かけたこのチョウも飛び続けていましたが、疲れた(?)のかやっととまって撮影を許してくれました。


モンキチョウ   3.21   〃   1/1600,F5.6
e0070891_17262622.jpg
        狐久保の石畳道の脇の草崖を往ったり来たりして飛びまわっていました。
        枯れ葉にとまったのかな?と思ったら、ヒメオドリコソウの小さな花から吸蜜していた。


キタテハ   3.23   〃   1/450,F8
e0070891_1731968.jpg
        縄張り争いをしているのか、2頭のキタテハが縺れるように天高く飛び上がっていく姿をよく見かけます。
        空中で別れて、また元の場所に戻ってきて見張っているような、その姿を隙をみて撮影します。
[PR]
by higirinikki | 2014-03-26 17:34 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 春?チョウ3種   14.2.3   (ウラギンシジミ、ムラサキシジミ、キタテハ)

突然、春がやってきたかのように気温が20℃近くまで上がり、4月上旬の暖かさになった。
もしやと思ったとおり、暖かさに誘われて成虫越冬中のチョウが一時的に眠りから醒めて、飛び出していた。


ウラギンシジミ   14.2.3   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO400
e0070891_12405087.jpg
        ヒイラギモクセイの葉陰で眠っていることの多いウラギンシジミ、「いるかな?」と見ている目の前を飛んだ。


ムラサキシジミ   〃   〃   
e0070891_12424876.jpg
        一斉に咲き出した梅の花に飛んでいるミツバチを撮影していた。
        視線の先に翅を立ててとまっているチョウが。裏翅の模様からムラサキシジミと推定した。


キタテハ   〃   〃   
e0070891_1245960.jpg
        春先に見かけるように、オレンジ色のチョウが忙しく飛んだりとまったりを繰り返していた。
[PR]
by higirinikki | 2014-02-03 18:35 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 秋のチョウ (2)   13.11.7   (キタテハ、テングチョウ、モンキチョウ)

今日は「立冬」。朝から冷たい雨が降っていたが、午後、雨が上がって生暖かい南風が吹き始めていた。

おとといの散策で出会ったチョウたちです。


キタテハ   13.11.5   FUJIFILM X-S1 ISO800 1/1100,F8
e0070891_19503322.jpg
e0070891_19504772.jpg
        このキタテハは「秋型」でしょうか。濃い赤橙色の表翅が鮮やかです。


テングチョウ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_19544238.jpg
        ひらひら飛んでは止まる場所をかえていた。やっととまってくれた。
        開翅はしてくれなかったが、じっととまって撮影させてくれた。


モンキチョウ   〃   〃   1/2000,F8
e0070891_19575895.jpg
        白い翅、♀です。この頃、よく見かけます。繁殖を続けて「春型」の子を残すのでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2013-11-07 20:00 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)