タグ:キツネノマゴ ( 6 ) タグの人気記事

■ キツネノマゴと虫たち   14.8.28   (キタキチョウ、ルリモンハナバチ)

今日も10月上旬なみの気温、20℃を越える程度。家にばかりいて足がなまるのを防ぐため、夕時に速足歩きに出て一汗かいてきた。

草原にはキツネノマゴの赤紫色の小さな花が咲き始めている。こんなに小さいのに蜜や花粉を求めて虫たちが集まって来る。


キツネノマゴ   14.8.21   FUJIFILM X-S1 24-624mm(相当) ISO800 1/28,F8
e0070891_185739.jpg
        花が下から咲きあがっていき、花穂がどのどん上に伸びていく。
        これは、まだ咲き始めの段階で短い。


キタキチョウ   8.24   〃   1/350,F5.6
e0070891_1881735.jpg
        おとといの芋虫「トビイロスズメ」の幼虫がいた、ハギの花の下で一心に吸蜜をしていた。


ルリモンハナバチ   〃   〃  ISO1600 1/1400,F5.6
e0070891_1811462.jpg

e0070891_18122526.jpg
        ご覧のように、頭・胸・腹の紋様が綺麗なハナバチです。
        一瞬で次の花に飛んでいくので、動きをとめるのが難しい被写体です。
[PR]
by higirinikki | 2014-08-28 18:13 | 舞岡公園の虫 | Comments(0)

■ 小谷戸の里で (3)   13.9.3   (フジカンゾウ、タマアジサイ、キツネノマゴ)

今日も暑い日。きのう発生した竜巻のもととなった積乱雲が、きょうの横浜でも見られる。

「小谷戸の里」で見た草花です。


フジカンゾウ   13.8.31   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/700,F9
e0070891_1844759.jpg


タマアジサイ   〃   〃   ISO400 1/350,F3.3
e0070891_18454918.jpg


キツネノマゴ   〃   〃   ISO100 1/105,F9
e0070891_1847890.jpg

[PR]
by higirinikki | 2013-09-03 18:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 小さな花   11.8.31   (キンミズヒキ、キツネノマゴ、ミチヤナギ)

台風12号がゆっくりと北上してきています。「関東地方直撃」予想から西に頭を変えているようで、今日の天気予報も外れ気味。夕方のにわか雨もあがっています。

29日の散策で見つけた小さな花です。


ヒメキンミズヒキ  キンミズヒキ   11.8.29   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/50,F8
e0070891_1755178.jpg
        キンミズヒキにくらべると可愛いい花です。「姫」とつく由縁です。

        と、紹介しましたが。よく観察してみると、オシベが10本ちかくありました。
        ヒメキンミズヒキならば、オシベは5本程度です。


キツネノマゴ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_1759096.jpg
        花の咲き始めです。日にちがすすむと花が咲きあがっていきます。


ミチヤナギ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_1811311.jpg
        人に踏みつけられ、虫に食われ、綺麗な姿を保っている株はあまりみつかりません。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-31 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 夏の花 (5)   08.8.19   (ベニバナボロギク、キツネノマゴ、オオニシキソウ)

これまで触れてこなかった北京オリンピックが、中間日程を越えています。
散策に出るには「暑すぎるな~」と思いながら、朝から夜遅くまでTV観戦をしています。
昨日は、「30℃以下?」という予報を信じて真昼の炎天下を3時間散策、暑かったですよ。

営農田んぼの山側、1ヶ月ほど前に草刈りにあった斜面にまた草が伸びていました。


ベニバナボロギク   08.8.18   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_1838623.jpg
        戦後ひろまったアフリカ原産の1年草。高さ30~70cm。
        花期は8~10月、頭花は下向きに咲き、レンガ色のごく細い筒状花だけでできている。
        ご覧のように、実には白い綿毛があり、風で遠くまで運ばれます。


キツネノマゴ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_18422033.jpg
        花期は8~10月でこの写真はまさに咲き初め。
        淡紅紫色~白色の小さな唇形花が長さ2~5cmの穂になってつく。
        上唇は下唇より小さい。果実は6mmほどで、熟すと2つに割れて4個の種子をはじき飛ばすのだそうだ。


オオニシキソウ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_1846481.jpg
        北アメリカ原産の1年草。茎は淡紅色を帯び、高さ20~40cmになる。
        花期は6~10月。枝先や枝の分かれ目に小さな花がつく。
        白い花びらのように見えるのはよく発達した腺体の付属体。  もう、丸い小さな実がついているようです。
[PR]
by higirinikki | 2008-08-19 18:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

花と虫  06.9.13

今日は粉糠雨ふる10月下旬の気温で寒い一日。ずっと散策・取材していないので、在庫写真が少なくなってきました。
窮余の一策の組み合わせ写真です。


キツネノマゴ にとまる ヒメウラナミジャノメ
e0070891_20315270.jpg
撮影データ 06.9.8 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8


ノハラアザミ と コアオハナムグリ   同上 1/60,F5.6
e0070891_2032917.jpg


スズメウリ と ハナグモ   同上 1/180,F5.6
e0070891_2032255.jpg


おまけ

キツネノマゴ(?) の上の アマガエル   同上 1/500,F8
e0070891_20325164.jpg

[PR]
by higirinikki | 2006-09-13 20:56 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

キツネノ・・・ 花 4種  06.7.29 

キツネノカミソリが咲き始めました。
そういえば「キツネノ・・・」と名のつく花がいくつかあるな、と思い出しました。


キツネノカミソリ
e0070891_2050158.jpg
撮影データ 06.7.29 PENTAXistDs 100mm/macro ISO400 1/30,F5.6

春先にのびだす白みがかかった葉をキツネの剃刀にたとえた名前だそうだ。夏になると葉が枯れて花茎が伸びて花が咲く。この説明で想像できるように、「ヒガンバナ」と同じ属に属すのだそうだ。


キツネノボタン  05.7.13
e0070891_2056206.jpg
田の畦など,湿り気のあるところを好む。有毒植物だが,花の終わった後にできる実が金平糖に似ている。果実の尖った先が鉤形になる。


キツネノマゴ  05.9.9
e0070891_20581696.jpg
淡紅紫色~白色の小さな唇形花が長さ2~5cmの穂になってつく。上唇は下唇より小さい。画面にはアズチグモが写っていた。


キツネアザミ  05.4.23
e0070891_20595390.jpg
アザミにそっくりの花をつけるが、よく見ると違い、キツネにだまされたようなのでこの名があるという。花期は5~6月。枝先に紅紫色の頭花を上向きにつける。頭花は直径2.5cmほどで、筒状花だけでできている。
[PR]
by higirinikki | 2006-07-29 21:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)