タグ:キュウリグサ ( 7 ) タグの人気記事

■ キュウリグサとハナイバナ   12.4.21

すんなりと「春爛漫」とはいかないようです。冷たい風が吹き、陽射しがかげると寒い。

花の盛りを撮り損なわないように、コンデジ片手に急ぎ歩きで目についた花たちを撮ってきました。
いつか撮り比べようと思っていた被写体です。


キュウリグサ   12.4.20   FinePix F200EXR 6.4-32mm ISO400 1/400,F3.3
e0070891_18402115.jpg
        いつも花期の初めに撮っていて、これほど「伸び放題」状態は初めてかな?
        根元近くにある葉は、揉むとキュウリの匂いがするというのですが、鼻が利かない私にはわからない。


ハナイバナ   〃   〃   1/280,F3.3
e0070891_18425651.jpg
        どちらも「ワスレナグサ」の仲間ですが。
        このふたつを見分けるには、花の中心が黄色いのがキュウリグサ、黄色くないのがハナイバナです。
        「葉内花」というくらいに、ひょろっと伸びたキュウリグサと違って、葉の近くに花がありますね。
[PR]
by higirinikki | 2012-04-21 18:50 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の花 (3)   11.4.5   (フデリンドウ、ヒメスミレ、キュウリグサ)

今日も風は冷たいが、陽射しは強く日向だと暖かな一日でした。

今日の三種は、地面からすれすれに屈みこまないと撮影できない花たち。
バリアブルファインダーが欲しいところだが、正確なピントを得るにはこのカメラの光学ファインダーでないと、と思い込んでいる私です。


フデリンドウ   11.4.5   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/640,F8
e0070891_1754762.jpg


ヒメスミレ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_17554174.jpg


キュウリグサ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_1757863.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-04-05 17:58 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春の花   10.3.6   (キュウリグサ、タチツボスミレ、キランソウ)

また天気が崩れて、今日は一日中の小雨で気温が上がらない。
暦の上では「啓蟄」だが、一日早くきのう地上に出てしまった虫は慌ててまた戻ったことだろう。

きのうの散策のもう一つの目的は、暖かさで慌てて花を咲かせた植物もあるだろうということ。
狙い通りに見つけた花たちです。


キュウリグサ   10.3.5   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F8
e0070891_18444036.jpg
        「ワスレナグサ」とそっくりの花ですね。「ハナイバナ」ともよく似ています。
        今頃は、地面すれすれで花が咲いています。時期がたつとひょろひょろと背が高くなります。
        この咲き始めの頃のキュウリグサが好きです。


タチツボスミレ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_18475949.jpg
        春本番の頃と同じように、陽光をいっぱいに浴びて花が咲いていました。


キランソウ   〃   〃   1/800,F8
e0070891_18495444.jpg
        この日の散策最後の写真です。
        タチツボスミレの群れと同じ斜面で、無理矢理に見つけることができました。
        地面にへばりつくように、泥を浴びた葉の間から花が顔を出しています。
[PR]
by higirinikki | 2010-03-06 18:54 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 春の訪れ(7)   09.3.12   (キュウリグサ、オニタビラコ、カキドオシ)

きのうは冬に戻りましたが、草花の世界はどんどん春が進んでいます。


キュウリグサ   09.3.11   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/60,F11
e0070891_1841523.jpg


オニタビラコ   〃   〃   1/20,F11
e0070891_18422861.jpg


カキドオシ   〃   〃   1/30,F8
e0070891_18454429.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-03-12 18:46 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 春爛漫 (6)   08.4.6   (ムラサキケマン、キュウリグサ、カラスノエンドウ)

今日もきのうに続いて春らしい好天気。公園は、花見客と谷戸を散策する家族連れで大賑わいでした。


ムラサキケマン   08.4.6   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F11
e0070891_18331537.jpg
        瓜久保の園路脇、日差しが当たって綺麗でした。


キュウリグサ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_18345094.jpg
        「もみじ広場」への園路脇にて。ちょっとの間に、ひょろひょろになっています。


カラスノエンドウ   〃   〃   1/90,F16
e0070891_18364329.jpg
        クリ林の中、カラスノエンドウの赤紫の花がいっぱいついていました。


谷戸学校   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1838789.jpg
        ボランティアスタッフを養成する「谷戸学校」は、稲作りや野菜つくり、雑木林手入れ、
        自然観察などの教程を、一年間で体験・座学で学ぶコースです。私は3年前に入学しています。
        今日はその初日、午後は苗代田んぼに入って種籾を播いていました。
[PR]
by higirinikki | 2008-04-06 18:43 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)

■ 春の花 (5)   08.3.17   (キュウリグサ、トキワハゼ、ケキツネノボタン)

薄曇りながら寒くはない谷戸田の畦周辺で小さな春の花を探しました。


キュウリグサ   08.3.17   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/125,F8
e0070891_1933131.jpg
   〃   〃(trimming) 1/90,F8
e0070891_1934629.jpg
        今週の散策でずっと探していてみつかりませんでした。去年は3月3日に紹介しています。
        今日やっと、畦の縁で泥をかぶりながら花をつけ始めているところを見つけました。


トキワハゼ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_19465965.jpg
        その名の「常磐」が示すように暖かい季節にずっと花をつけるのですが、今年も咲き始めました。


ケキツネノボタン   〃   〃   1/125,F8
e0070891_194407.jpg
        畦の縁でよく見かけることになるケキツネノボタンの初見の花です。
        そのうちに、田起しされる前の田んぼの中でも黄色い花がいっぱいになることでしょう。
[PR]
by higirinikki | 2008-03-17 19:47 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

最初の花 4  07.3.3

べつに小出しにしているわけではないのですが、散策に出るたびに今年最初の花を見つけます。

キュウリグサ  07.2.28 PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/250,F8
e0070891_21411958.jpg
「みずき広場」の草原でミツバチを撮影した時です。オオイヌノフグリの青い花にしては、「ずいぶん小さい花だな」と見つけたのがこの花です。
葉の間に隠れるように咲いている姿は、いつも見るキュウリグサとは思えぬ小ささでした。が、まぎれもないキュウリグサの花で、ワスレナグサとそっくりなのも同じです。

図鑑によれば「草丈は 10 ~ 30 センチにもなるのですが,春になったばかりのころには地面にはいつくばったような小さい頃からもう花がついています」、とあったので納得しました。それにしても、普通の花期よりずいぶん早い開花です。

葉を揉むと胡瓜の匂いがするのでこの名前がついたそうです。

e0070891_2392054.jpg
        05.4.18 春が進むと花茎が伸びて多くの花がつきます。
[PR]
by higirinikki | 2007-03-03 21:49 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)