タグ:クスノキ ( 7 ) タグの人気記事

■ こんな木の花 (2)   11.6.2   (ゴンズイ、リョウブ、クスノキ)

梅雨らしく雨が降り続いているのはいいとして、寒いのが異常(?)です。
昼から「民主党代議士会」「国会・内閣不信任案審議」のTV中継に見入っていました。この国の行方はどうなるのでしょうか。

園内には、白い花の蕾が膨らんだ木々があります。
ところが、「安全のため」どれも低い位置の枝が切り払われているため、花を接写することがかないません。


ゴンズイ   11.5.27   PENTAX K20D 100mm/macro 1/100,F8
e0070891_19201578.jpg
   

リョウブ   5.31   〃   1/250,F8
e0070891_19221460.jpg


クスノキ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_19231757.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-06-02 19:27 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 黒い実のなる木 (4)   09.11.20   (クスノキ、ムクノキ、イボタノキ)

今日は天気が回復して秋晴れの青空、紅葉が綺麗でした。

「黒い実のなる木」シリーズの最後です。


クスノキ   09.11.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_19142693.jpg
        気づくのが遅かった。黒い実を見つけるのに苦労しました。


ムクノキ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1917073.jpg
        こちらは、緑色の実は残っていましたが、黒い実を見つけるのに苦労しました。
        そういえば、先日、ドバトが黒い実を夢中になって啄んでいました。
        食べ頃を待っているのでしょう。


イボタノキ   〃   〃   1/400,F8
e0070891_19203715.jpg
        葉がすっかり落ちていました。この丸っこい黒い実を食べる鳥もいるのでしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2009-11-20 19:23 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 目立たない木の花   09.5.20   (クスノキ、ゴンズイ、ヤマウコギ)

里山は、新緑が深まる中、ミズキ、ウツギ、ガマズミなど白い花が盛りです。
そんな中、注意して見ないと見逃すような目立たない花もヒッソリ(?)と咲いています。クローズアップして見ましょう。


クスノキ   09.5.19   PENTAX K20D 100mm/macro ISO200 1/100,F8
e0070891_1816847.jpg
        新葉が出ると昨年の葉が全部落ちて、新緑が目に鮮やかに見えてきます。
        高い木なので枝先に、なにやら花が咲いているように見えますが、手元に引き寄せないと花の構造が見えません。
e0070891_18162753.jpg
        特異な花の性質を持っているようです。
        東芝on line magazine 「えれきてる」シリーズ 自然を読む「樹木の個性を知る」 から抜粋してみました。

        「クスノキ科は、被子植物の中でも原始的な1群で、しかも、その花は他にみられない特異な構造をもっています。 (中略)
        花は単花被花といって、萼(がく)と花冠(花弁)の別がない。 (中略)
        雄しべは3本が3環につき、さらにその内側には退化して葯(やく)を欠いた仮雄しべが3つある。 (中略)
        花粉を納めた葯(やく)は上方に2~6の小さな弁があり、これが開いて花粉を放出する。これを弁開というが、
        これはたいへん特殊な裂開のしかたでクスノキ科以外の植物には見られない。 (後略)」


ゴンズイ   〃   〃   1/50,F8
e0070891_18304180.jpg
        あの赤い衣に囲まれた黒い実がつく木です。
        高い枝先に蕾や花がついているのですが、肉眼では構造が見えません。
e0070891_1831149.jpg
        「高さ5mの落葉小高木。花は萼片5、花弁5、雄しべ5、花柱3で枝先に円錐花序を着ける」 と図鑑にありました。
        花が咲いた、とはとても言えないような花ですね。


ヤマウコギ   〃   〃 ISO400 1/50,F8
e0070891_183513100.jpg
        小谷戸の里の前の園路にかぶさるように枝を伸ばしています。
        気づいたこの日には、花の盛りが少し過ぎてしまったようです。
e0070891_18353191.jpg
        ヤマウコギは雌雄異株、この木は雄株です。
        「花柄は5cm~7cm程度、斜めから下向きになり、散形花序を形成、多数の花をつける。
        鐘形の萼筒で、先端は浅く5裂して三角状になる。
        雄花では、オシベが3mm~4mm程度ある。葯も目立つ。花柱は2本ある。」 と図鑑にありました。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-20 18:42 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 初夏の木の蕾   09.5.6   (クスノキ、ナツツバキ、リョウブ)

大型連休最終日は終日・雨になりそうです。
きのうの散策で見た「木の蕾」です。


クスノキ   09.5.5   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/100,F8
e0070891_18134317.jpg
        当公園の上の地区に植栽されています。もともと自生することはないはずです。
        じきに開花する蕾ですが、開花しても構造はよく見ないとわからない花です。


ナツツバキ   〃   〃     1/100,F8
e0070891_18182092.jpg
        「もみじ広場」の一隅に数本が植栽されています。
        ようやく蕾が伸び始めたばかりで、開花はもう少し先のようです。


リョウブ   〃   〃     1/100,F8
e0070891_18205094.jpg
        同じ「もみじ広場」の一郭に数本あるリョウブ、これも伸び始めの蕾です。
[PR]
by higirinikki | 2009-05-06 18:22 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 冬芽・葉痕 (3)   09.1.12   (クスノキ、タブノキ、シロダモ)

せっかくの祭日ですが、今日も休養。「毎日が日曜日」の身には関係ないか。

10日の散策で撮影した「常緑樹の冬芽」です。どれも紅い芽が特徴的です。
「標本写真」としては失格ですが、ま、いいでしょう。


クスノキ   09.1.10   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_1738723.jpg


タブノキ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_17401462.jpg


シロダモ   〃   〃   1/180,F8
e0070891_17405042.jpg

[PR]
by higirinikki | 2009-01-12 17:40 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 木の花   08.5.20   (スダジイ、クスノキ、オニグルミ)

昨夜から今朝の雨風はまるで台風に直撃されたかのような激しさでした。
昼前には雨も上がりましたが、今日も休養日としました。
在庫写真から「木の花」をとり上げることにしました。


スダジイ   08.5.14   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_18483468.jpg
        駐輪場に自転車を留めようとしてクリの花に似た匂い(臭い)に気づきました。
        見上げるとスダジイの黄緑色の若葉と白っぽい花房がたっぷりと垂れ下がっていました。
        ふだんはくすんだ緑の表面と金色の裏面をした葉が重くついた木で、こんな姿は初めてみました。
e0070891_1853020.jpg
        花をクローズアップしてみました。スダジイは雌雄異花、今年の枝の先端に雌花、途中に雄花がつきます。
        これは雄花。撮影がヘタで雌花が見つかりませんでした。


クスノキ   5.15   〃   1/500,F8
e0070891_18565022.jpg
        「みなみの丘」には数本のクスノキが植栽されています。
        こちらも新葉が輝く中で、花芽が大きく伸びています。
e0070891_18581017.jpg
        4年前の写真ですが、こんな可愛い花が咲きます。


オニグルミ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_1903197.jpg
        狐久保の奥のオニグルミ、気づいた時には雌花の咲く時期が過ぎていました。
        昨年の記事 オニグルミの雌花  07.5.5 では綺麗な花をご覧いただけます。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-20 19:05 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ 木の実、草の実   07.10.7

今日は秋晴れの好天、多くの田んぼで賑やかに稲刈りが行なわれていました。
瓜久保のカラタチの実が黄色く色づいていました。


カラタチの実   07.10.7   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F8
e0070891_206639.jpg
        「カラタチも秋は実るよ、まろいまろい金の珠だよ・・・」だったかな?
        すこし汚れて金にはちょっと・・・


カマツカの実   〃   〃  ISO800 1/3000,F4
e0070891_20101814.jpg
       園路から1,2番田んぼに降りる階段脇にあるカマツカの色づいた実が夕陽に照らされていました。


クスノキの実   10.4   〃   ISO200 1/125,F8
e0070891_20131352.jpg
        「谷戸見の丘」にあるクスノキは枝が低いので葉も実も目の前で見えます。
        黒くなった実を遠目で見てはいましたが、2つの実がペアで成ること、
        緑の実もよく見ると模様があることがわかりました。


ツルウメモドキの実   〃  〃   1/500,F6.7
e0070891_2017344.jpg
        秋が深まると割れて綺麗な赤い実が姿を現しますが、今は橙色になった実が見えています。
[PR]
by higirinikki | 2007-10-07 20:20 | 舞岡公園の草木 | Comments(8)