タグ:クマヤナギ ( 5 ) タグの人気記事

■ クマヤナギの赤い実   12.6.22

今日から4日間、新潟の娘宅に遊びに行ってます。3人娘の末っ子が幼稚園年長組、最後の運動会と鼓隊の様子を見てきます。

いつか見てみたいと思っていた、クマヤナギの赤い実を見つけました。


クマヤナギの赤い実   12.6.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO800 1/200,F8
e0070891_82999.jpg
        ほんとに小さな実です。これが黒くなっていくのかな?

クマヤナギの花   〃   〃   1/250,F8
e0070891_8302497.jpg



        過去の記事をそのまま引用します。

   10.7.23   〃   1/400,F8
e0070891_17494110.jpg
e0070891_17495267.jpg
        クロウメモドキ科クマヤナギ属   
        枝先や葉腋から円錐花序を出し、緑白色の小さな花を多数開く。
        花弁は小さく、花弁のように見えるのは5個の萼片で卵状披針形。雄しべは5個。
        果実は楕円形の核果で、緑色から赤色になり、のち黒く熟す。花期は7~8月。
[PR]
by higirinikki | 2012-06-22 17:31 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ お盆に咲く花   11.8.12   (ミソハギ、キンミズヒキ、クマヤナギ)

そろそろ帰省ラッシュが始まる日になりました。今日も猛暑日となりそうです。渋滞する車の中では水分補給が欠かせないでしょう。

私はといえば、孫娘たちと離れて毎年恒例の「南房総でお遊び」に出かけてきます。
早目のアップを済ませ、明日は「現地から」と考えていますがどうなることやら。


2日の画像から「お盆に咲く花」です。



ミソハギ   11.8.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/500,F8
e0070891_11282271.jpg
        古民家前の小さな花壇で咲き始めています。


キンミズヒキ   〃   〃   1/60,F16
e0070891_11302071.jpg
        長久保のカラタチの垣の前で咲き始めていました。


クマヤナギ   〃   〃   1/100,F8
e0070891_1132331.jpg
        目立たない花です。うっかり忘れていました。
        花弁があるのかないのか、遠慮するかのように少し開いています。
[PR]
by higirinikki | 2011-08-12 11:35 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ ミチヤナギとクマヤナギ   10.8.20

午前中は曇り空でそれほど暑く感じなかったが、午後は青空に30℃を超えて暑くなった。
高校野球準決勝は打撃戦に、明日は神奈川対沖縄の対決だ。神奈川・東海大相模がんばれ!

きのうの散策で「ミチヤナギ」を2年ぶりに撮影しました。「・・ヤナギ」つながりで、「クマヤナギ」とのセットにしました。


ミチヤナギ   10.8.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/250,F8
e0070891_17464281.jpg
e0070891_17465516.jpg
        タデ科ミチヤナギ属   道ばたや荒れ地などに生える。
        花は葉の脇に1~5個つく。花弁はなく、萼片は5個で長さ約2mm。緑色でふちが白~淡紅色となる。花期は5~10月。


クマヤナギ   7.23   〃   1/400,F8
e0070891_17494110.jpg
e0070891_17495267.jpg
        クロウメモドキ科クマヤナギ属   
        枝先や葉腋から円錐花序を出し、緑白色の小さな花を多数開く。
        花弁は小さく、花弁のように見えるのは5個の萼片で卵状披針形。雄しべは5個。
        果実は楕円形の核果で、緑色から赤色になり、のち黒く熟す。花期は7~8月。


今日の話題の組み合わせになった理由を説明しないとおわかりいただけないでしょう。
Blogお仲間の「はもよう」さんに、「在庫写真にクマヤナギがあるが、どうも絵になりにくい」とコメントを差し上げたところ、『楽しみにして居るんですけれど、クマヤナギの花って、そんなに…ですか?』とお返しいただきました。
ご覧のように、見た目に華(はな)が感じられないので私は掲載に躊躇していたのです。
よく見れば、それなりにおもしろい花なのに、写真が悪い、のです。ごめんなさいね。
[PR]
by higirinikki | 2010-08-20 17:57 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ ツルに咲く花 (2)   08.7.31   (クマヤナギ、シオデ、カラスウリ)

きのうの散策で見つけた 「ツルに咲く花」 です。
今夜は都心にお出かけ。雷雨に遭いませんように。


クマヤナギ   08.7.30   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_16154666.jpg
        狐久保の畠の園路南寄りの斜面で毎年花をつけるのですが、草刈りに遭うので実を見たことがありません。

       クロウメモドキ科:クマヤナギ属 
       日本全土の山地、山すそなどに自生する落葉つる性の低木
       葉は、柄があり互生、卵形から楕円の卵形、葉縁は無い、質は革質
       花は、7~8月に葉脈から花穂を伸ばして緑白色の5弁花が多数つく
       果実は、冬を越して翌春成長して、緑、黄、赤、黒に熟す


シオデ  雌株   〃   〃   1/180,F8
e0070891_16205010.jpg
e0070891_16211362.jpg
        クマヤナギの隣りに、見慣れぬ葉と花をつけたツルを見つけました。
        図鑑で照合してシオデとわかりました。いつも見ていたのはあおい実と黒い実で、葉と花は初めてでした。

        多年草。北海道~九州の山野に生える。茎はつる状に長く伸びる。
        葉は互生し、長さ5~15cmの卵状長楕円形で5~7脈があり、やや厚くて光沢がある。
        葉柄は長さ1~2.5cmで、基部に托葉の変形した、巻ひげがあり、これで絡みつく。
        葉腋から散形花序をだし、淡黄緑色の小さな花をつける。
        雌雄異株。雄花の花被片は長さ4~5mmの披針形。雌花の花被片は長楕円形でやや小さい。
        液果は直径約1cmの球形で黒く熟す。花期は7~8月。


カラスウリ   7.28   〃   1/180,F8
e0070891_1625569.jpg
        「水車小屋」の向かいの園路垣にからんだカラスウリのつるの先に白い蕾が綻びかかっていました。
        この晩に、咲くのでしょうか。

        縁などに生育する蔓植物。おなじみの花ですが、こんな説明をするサイトを見つけました。
        『市街地のちょっとした空き地など、人の生活圏内で比較的多く見られることから、
        かつて人間の手によって植えられたのではないか、と考える人もいます。
        飢饉の時に、根からでんぷんを採取するために植えておいたのでしょうか。』
[PR]
by higirinikki | 2008-07-31 16:32 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 夏の花 (3)   07.7.21

陽射しが戻ったきのうは、「虫が動き出すかな」と期待して散策に出ましたが、「今年はチョウをはじめ虫の姿がみえないな」という散策仲間のボヤキの通り、目ぼしい収穫はありませんでした。
今日もきのうに続いての「夏の花」です。


ヒマワリ   07.7.20   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/1000,F8
e0070891_2135381.jpg
        狐久保の畑の端、道路側にヒマワリが栽培されています。
        今年は、いつもの年より密植されているようで、株や花の大きさは小~中型です。
        青空に抜けた花を撮りたかったのですが、つい虫入りの画面になってしまいます。


コスモス   〃   〃  1/750,F4.5
e0070891_2184489.jpg
        ヒマワリの間に色々のコスモスが咲いていました。この色は何色というのでしょう。



クマヤナギ   〃   〃  1/500,F4.5
e0070891_21105094.jpg
        畑の南側の園路際の斜面で、毎年ツルを伸ばしているクマヤナギに花が咲いていました。
        いつも草刈りに遭うので、赤から黒く熟すという実にお目にかかったことがありません。
        命名の由来は何でしょうね。
[PR]
by higirinikki | 2007-07-21 21:16 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)