タグ:ケヤキ ( 12 ) タグの人気記事

■ ケヤキの戦略   14.11.13

木枯らしのような強いかぜが吹いているが、陽だまりは暖かい日。5日ぶりの散策。被写体が少ない。

小谷戸の里のケヤキが黄葉しながら小さな葉を落している。目の前をくるくる回りながらゆっくりと落ちてくる小枝があったので、手にしてみた。葉のつけ根に果実がついている。


ケヤキの小枝   14.11.13   FUJIFILM X-S1 240624mm() ISO800 1/52,F8
e0070891_1726154.jpg
        細い枝に葉が4枚、互い違いについている。
        葉の根元に小さな果実がついている。
        ネット検索して知ったことは、小枝と葉っぱと実がセットになって、種子をより遠くへ散布する戦略をとっていることがわかった。

        岡山理科大学 波田研究室「植物雑学事典」より
        ケヤキの果実は、葉腋に付き、長さは5mmほど。形は不定形で、秋に黒く熟す。
        果実の付く枝は細く、葉も3~5cmほどの大きさしかない。
        枝全体が果実が付くタイプのものに変化しているわけである。
        このような枝は、果実を稔らせた後は脱落してしまい、成長することはない。
        果実をつけたまま脱落した枝は、果実だけよりも遠方に散布され、種子散布に貢献しているとのこと。
[PR]
by higirinikki | 2014-11-13 17:31 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 黄葉する樹   12.11.12   (ケヤキ、オオシマサクラ、エノキ)

秋も深まり園内の木々が色づき葉を落し始めている。
「おおなばの岡」周辺で色づいた木々です。

今日から、また3日間の旅に出ます。今日の記事は予約投稿したものです。


ケヤキ   12.11.9   FUJIFILM X-S1 24-624mm ISO800 1/250,F8
e0070891_2291614.jpg


オオシマサクラ
e0070891_22104425.jpg


エノキ
e0070891_22112365.jpg

[PR]
by higirinikki | 2012-11-12 18:04 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 空を見上げて   11.12.7   (コナラ、クヌギ、ケヤキ)

今日も、4日の日と同じく「小春日和」。いよいよ、遅ればせながら私にとっても「鳥の季節」が到来。
望遠レンズで撮影挑戦をしてきました。

収穫(?) は明日から紹介するとして、今日は4日の青空の下の木々、黄色くなった葉をつけています。
どれも、小谷戸の里の門のまわりで見上げたものです。


コナラ   11.12.4   PENTAX K20D 28-200mm ISO400 1/400,F8
e0070891_18565382.jpg


クヌギ   〃   〃   1/640,F8
e0070891_18575885.jpg


ケヤキ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18585784.jpg

[PR]
by higirinikki | 2011-12-07 19:01 | 舞岡公園の草木 | Comments(0)

■ 黄葉   10.12.2   (ケヤキ、コナラ、クヌギ)

30日の散策では紅葉しているカエデだけではなく、黄・紅葉している木々を探しまくりました。
最初はよく見られる木です。


ケヤキ   10.12.2   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/1000,F8
e0070891_1861352.jpg
        木によって赤くなったり、茶色だったりするケヤキ。 この木は薄目の黄色でした。


コナラ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_188369.jpg
        ちょっと傷んでいる葉です。綺麗に黄葉している木が見つかりませんでした。

        この葉とは関係ありませんが、「カシノナガキクイムシ」(カシナガ)が媒介するナラ菌により、
        ミズナラやコナラ等が集団的に枯損する「ナラ枯れ」が本州の日本海側を中心に発生しているそうです。


クヌギ   〃   〃   1/1000,F8
e0070891_1812346.jpg
e0070891_18123325.jpg
        クヌギの特徴は、黄葉したあと落下せずに茶色く色変わりして、いつまでも枝についていることです。
        これは、クヌギでは「離層」という葉を落とすための組織が未発達だからと考えられています。
[PR]
by higirinikki | 2010-12-02 18:15 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 紅・黄葉   09.11.22   (ケヤキ、メタセコイア、トウカエデ)

予報通り、降りみ降らずみの暗い一日でした。

おとといの取材です。多くの落葉樹の紅・黄葉がすすんでいます。


ケヤキ   09.11.20   PENTAX K20D 100mm/macro ISO400 1/800,F8
e0070891_18153685.jpg
        その名も「けやき広場」のケヤキが紅葉し葉を落とし始めています。


メタセコイア   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18172734.jpg
        「けやき広場」の奥、臨時駐車場になる広場の周囲に植栽されている数本のメタセコイアがあります。
        スックと立った樹形が綺麗です。その糸のような葉を陽に透かして見ました。


トウカエデ   〃   〃   1/1600,F8
e0070891_18205233.jpg
        切れ込みの浅いカエデ、といった葉ですね。赤~オレンジ~黄へのグラデーションが綺麗です。
[PR]
by higirinikki | 2009-11-22 18:24 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 裸木のある風景   08.12.11   (ムクノキ、ケヤキ)

今日も暖かかったが、強い風が吹き募っていました。
きのうの散策で見た 「ばらのまるの丘」 の風景です。葉がすっかり落ちた裸木の枝ぶりが綺麗でした。


ムクノキ   08.12.10   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/15,F16
e0070891_1802322.jpg


ケヤキ   〃   〃   1/15,F16
e0070891_1814488.jpg


雑木林   〃   〃   1/6,F16
e0070891_1823618.jpg

[PR]
by higirinikki | 2008-12-11 18:03 | 舞岡公園の草木 | Comments(6)

■ 黄・紅葉 (4)   08.11.21   (ケヤキ、ムクノキ、エノキ)

今日は一日中、強い風が吹き募って落葉しきりでした。      今日の散策記録は こちら
「ばらのまるの丘」という名前の由来のわからない丘、東門の周辺で撮影した黄・紅葉です。きのうの散策からです。

ケヤキ   08.11.20   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/500,F8
e0070891_20505621.jpg


ムクノキ   〃   〃   1/350,F8
e0070891_18254146.jpg


エノキ   〃   〃   1/350,F8
e0070891_1827153.jpg


コブシ   〃   〃   1/500,F8
e0070891_18275164.jpg


リョウブ   〃   〃   1/250,F8
e0070891_18204851.jpg
       
[PR]
by higirinikki | 2008-11-21 18:29 | 舞岡公園の草木 | Comments(10)

■ 草木の実   08.5.24   (スズメノエンドウ、ノビル、ケヤキ)

今日は午後から天気が崩れるとの予報だったが、「法事」で出かけた日中は暑い日差しで黒服が重かった。
21、22日の散策で見つけた新顔の「草木の実」です。


スズメノエンドウ   08.5.22   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/45,F11
e0070891_1853825.jpg
        花の時期に見つけることができなかったスズメノエンドウ。
        散策仲間のKoさんに「古民家裏庭で実をつけている」と教えられました。
        1つの果実には2つの種子ができ、表面には微毛が目立ちます。
        よく似た種であるカスマグサの実は無毛ですので、ここで区別をしやすいそうです。


ノビル   5.21   〃   1/10,F9.5
e0070891_18575958.jpg
        ノビルの花を見た憶えがないのです。
        調べてみると、「花序には2つの形態があり、花を形成せずに無性芽である「むかご」のみを形成するものと、
        花を付け、その後にむかごを作るものがある。
        花を形成せず、むかごだけをつくるものがほとんどで、花を付けるものは少ない。」とのことです。
        ノビルは農耕地などの周辺に多く、自然性の高い場所には生育しないことから、
        農耕の伝来とともに渡来した史前帰化植物であると考えられている、ようです。


ケヤキ   5.21   〃   1/1000,F8
e0070891_1941866.jpg
        「瓜久保の家」門の脇のケヤキの葉が重く垂れ下がっていました。
        花の時期を見逃していましたが、実がついていることに気づきました。
        ケヤキの果実は、葉腋に付き、長さは5mmほどで、その枝の葉は小型化しています。
        秋、熟した果実をつけた枝の葉は落葉せず、枝ごと脱落します。
        この枝は、葉がプロペラの役をして果実だけよりも遠方に散布され、種子散布に貢献している、そうです。
e0070891_19204920.jpg
                3年前の8月「自然観察会」で撮影した果実と葉をつけた枝です。
[PR]
by higirinikki | 2008-05-24 19:14 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)

■ 古民家裏庭の黄・紅葉   07.11.25

今日も小春日和、午前中は今年最後の田んぼ作業「田起し」に参加、疲れで帰宅しました。
21日の黄・紅葉の姿です。

カエデ   07.11.21   PENTAXistDs 28-200mm ISO200 1/125,F5.6
e0070891_17482267.jpg
        古民家裏庭の池の上にかぶさるように伸びているカエデの葉が、前方斜め上からの陽光に透けて見えました。


マンサク   〃   〃   1/250,F5.6
e0070891_1754133.jpg
        古民家の真裏にあるマンサクです。萱葺き屋根が見えますか?


ケヤキ   〃   〃   1/350,F5.6
e0070891_1757953.jpg
        裏山から枝先を伸ばしているケヤキの葉が赤く黄葉しています。


黄・紅葉   〃   〃   1/250,F5.6
e0070891_17591571.jpg

[PR]
by higirinikki | 2007-11-25 18:00 | 舞岡公園の草木 | Comments(2)

■ 黄・紅葉 (2)   07.11.20

13日の黄・紅葉の続きです。
一週間が経っているので、黄・紅葉はもっと進んでいるのでしょうが。


メタセコイア   07.11.13   PENTAXistDs 100mm/macro ISO200 1/180,F8
e0070891_1834190.jpg


モクレン   〃   〃   1/250,F8
e0070891_1845642.jpg


ケヤキ   〃   〃   1/350,F8
e0070891_1861721.jpg


マンサク   〃   〃   1/125,F8
e0070891_188571.jpg


ナツツバキ   〃   〃   1/125,F8
e0070891_189362.jpg



お知らせ

1.「作品展」開催期間  11月19日~11月29日
   土・日・祝日は市庁舎が閉館されているためご覧いただけません。

2.舞岡公園「収穫祭」
  11月23日(金) 10:00~  用意した分量が無くなり次第、おわります。
                     お椀・お箸を持参しておいでください。
[PR]
by higirinikki | 2007-11-20 18:18 | 舞岡公園の草木 | Comments(4)